> > > キャッシング地獄からリバティな生活に戻るにはどうしたらいい?

キャッシング地獄からリバティな生活に戻るにはどうしたらいい?

キャッシング地獄からリバティな生活に戻るにはどうしたらいい?

キャッシング地獄からリバティな生活に戻るにはどうしたらいい?

現在、俺は200万円ほどの借金を抱えている。そのうちの一つがリバティだが、リバティとは自由という意味だそうだ。俺もリバティな生活に戻りたい。

借金をしたきっかけは痴呆症になった親介護のために仕事を止めざるを得なくなったことだった。京都で母親の介護に疲れ、お金もなくなり無理心中しようとした人がいた。俺も一歩間違えば同じことをしたかもしれないと恐ろしく思う。同時にその方を思うと辛くもなる。

幸いにも、と言っていいのかどうかは微妙なのだが、母が亡くなり自由になった。母が亡くなった悲しさよりも解放されたという思いのほうが強かった。それが情けないと思う反面、介護の辛さを政府はあまりに軽く考えていると思ったりもする。おそらく介護をしたことのある人は分かるだろう。そうでない人はだたの甘えだというかもしれない。

仕事ではなく身内の介護というのは本当に大変だ。介護をしていた時の知り合いにまだ続けている人が何人もいる。これはただの愚痴なので気にしないでいただきたい。

本題は母が死に、今度は借金で苦しんでいるということだ。借金地獄から抜け出すにはどうしたらいいのだろうか。出来れば債務整理や破産はしたくない。というのも現在は正社員として警備業をしているため破産などをすると仕事を続けることができなくなる。それ以外で何か良い知恵があったら教えていただきたい。
(⇒自己破産をしてしまうと以降の融資利用も難しい

まずは金利の引き下げや元本の減額について相談しましょう

私も義理母の介護をしております。旦那の母親ですが本当に良い人で結婚前から色々とお世話になっていました。義理母は大腿骨を骨折してから歩けなくなり、私に謝ってばかりです。私も笑って否定をしておりますが肉体的よりも精神的に大変です。でも私はお世話になった義理の母親ですしまだ割り切れます。それでも大変ですから肉親となるともっと精神的な負担が大きいのだろうと思います。本当にお疲れ様でした。

私は子供が生まれる前は金融業者に勤めていました。その経験からアドバイスをしたいと思います。債務整理や自己破産が仕事柄できないということですが、まずは金融業者に金利や元本の引き下げについて交渉してみてください。金融業者にとって一番困るのは元本の回収をできないことです。

ですから大抵の業者は話しを聞いてくれます。中には断固として規定通りに支払えと言ってくるかもしれません。そのときは無料の法律相談所へ連絡してみると良いと思います。私は債権回収担当ではなく受付でしたので詳しいことは分かりませんが、値下げ交渉の話しが幾つもあったという話しは聞いたことがあります。諦めずに一度連絡して相談をしてみて下さい。

一刻も早く「リバティな生活」に戻れることを心よりお祈りしております。

個人用や事業者用のキャッシングを展開するリバティとは

私たちの生活はいつも数多くの出費に追われていて、息苦しさを感じることも少なくありません。特に給料日前などには生活費を圧迫するほどお金に困窮するケースもあり、自宅の家賃や各種保険料、税金、公共料金などといった最低限の支払いを始め、その他にも食費や子供の教育費、通勤通学に伴う交通費、仕事上の接待や仲間との飲み会費、そして気に入ったファッション用品の購入や趣味への投資などに至るまで、その可能性は実に様々です。

こういったお金の必要性に追われる中でもしもお金が不足することがあれば、消費者金融のキャッシングサービスを活用すると便利にピンチを乗り越えることが出来るでしょう。中でも静岡県の富士市に展開するリバティは長らく地域の多くの利用客によって支持されてきた地域密着型の貸金業者です。
(⇒困った時に融資が役立つ理由

リバティでは主に個人や事業者に対してキャッシングやローンの提供を行っており、この株価は上昇してもなかなか庶民の生活に景気が還元されないこの状況においても、お金の不足時における大きな助けとなってくれるはずです。とりわけ個人向けキャッシングに関してはこのような時代ゆえに利用者が多くなっており、リバティの重要性はますます増しているといって良いでしょう。
(⇒どんな金融業者が特に大事?

リバティでキャッシングを活用する場合、まずは店舗への来店や電話などを使って融資の申し込みを行うことができます。現在までのところホームページは運営されていないようですでの、ネット上からの申請は不可となります。申請の際には申請用紙に氏名、年齢、職業、勤務先、年収、勤続年数をはじめとする必要事項を書き入れて、身分証明書や年収証明書のコピーなどを添えて提出します。その後、審査担当者による精査を経て融資の可否が判断されることとなります。

審査では職業や年収から返済能力を算出して、なおかつ信用機関への照会によって過去の借り入れで問題がなかったかをチェック。そして勤務先や自宅への確認の電話を行った上で最終的な結論が導き出されます。また貸金業法で定められた総量規制という決まりによって、年収の3分の1を超える融資は不可となりますので、申請する際には他社からの借り入れ額をも鑑みた上で正しく申し込むことが求められます。

【参考ページ】
中小金融業者の使い方

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY