> > > 就職先が決まったから内定後のキャッシングはいいんでしょ?

就職先が決まったから内定後のキャッシングはいいんでしょ?

就職先が決まったから内定後のキャッシングはいいんでしょ?

やっと就職が決まりました。年収もほぼ希望通りです。これで親から借りてたお金も返せるし、彼女にも借りっちゃったからな、早く返さないと本当にやばいよ。でもその前に就職祝いもしなきゃ!ちょっと特別な日だから贅沢して高級イタリアンレストランにでも彼女を誘って行きたいしね。来月は車の車検があるし、相変わらずお金が足りないな、でも今度は無職ではないからね。まだ働いていないけど就職内定って所だよ。今度の会社の経理の関係で今月の25日から働きます。あと2週間とちょとだけ、そうなると今はもう無職じゃないから自由の身ってやつかな。さっそくキャッシングの申し込みをしないとね、仕事が内定後はキャッシングはできるんでしょう?

アルバイトをして就職内定ならキャッシングできますよ

就職おめでとうございます。ずいぶんお金を借りていたのですね。ご両親からならまだしも、彼女からまで借りていたとなると、あなたの信頼のために一刻も早く返すべきですね。そこで仕事が内定後のキャッシングですが、今あなたはアルバイトでもしているのでしょうか。もしそうならキャッシングを申し込めます。この場合、何が有利かというと、アルバイトでもいいから働いている事がキャッシングができる条件なのですが、上限限度額は低くなってしまいます。でも勤め先が決まっているというのは、今後近いうちに年収が増えるわけですから、早い段階で限度額が増額される可能性も大きいのです。

学生のキャッシング上限額はアルバイトをしていても低く設定されてしまいます。あなたは学生ではないですが、キャッシングの限度額はほぼ同じになるかもしれません。これでは今まで両親や彼女から借りたお金を返すのが精いっぱいか、あるいは足りないかもしれません。就職内定後というのは今すぐではないにせよ、数か月後には有利に働きますから、キャッシングの申し込みの段階で仕事が決まっている事を伝えておく方が良いでしょうね。

もしアルバイトもしていない状態でしたら、キャッシングは難しくなります。返す返すもキャッシングを申し込む時の条件は安定した収入がある事です。いずれにせよ、就職祝いはもう少し後にした方が良いのではないでしょうか。ご両親に返済するお金も、就職先での給料が出た後まで待ってもらって、先に彼女へ返せたらいいですね。出社するための身の周りを揃えるお金も必要になるでしょうから、その辺りまでのキャッシングができたらいいかと思いますがどうでしょうか。

内定後すぐにキャッシングを利用できるかを調べた

就職活動がうまくいき、内定をもらい始めると気になるのが入社前の準備です。入社式などに向けてスーツを新調したり、引っ越しや新しい家具、家電などなど、まとまった現金が必要なっている方も多いと思います。そのため、内定が出たらキャッシングを利用できないか検討している方も多いようです。

内定後すぐにキャッシングサービスを利用するためには条件があります。それはアルバイトなどで一定の年収があることです。現在のキャッシングサービスの審査では所得と借入条件をチェックされます。以前のように職業による選別が行われないので内定が決まったとはいえ、無職扱いの方でも審査上は不利になることはありません。所得についてはサラリーマンなどのように月収制でなくても前年度の年収が一定額あれば審査は通ることが多いです。
(⇒無職でも本当に融資が受けられるの?

借入可能額については目安として収入の3分の1と考えればよいです。これは、消費者金融向けに貸出規制がかかっているからです。総量規制とも呼ばれる制限は法律で定められており、収入の3分の1を超える現金を貸してはならないという制限です。消費者金融向けの制限ですが、金融機関の多くがこの法律に準拠した制限を独自に設けているので注意が必要です。(参考ページはこちら→金融業者と融資審査の縛り

借入希望額を申請する際は、所得と借入状況から決めることが重要です。もちろん、3分の1を超える希望を申告することは可能ですが、審査によっては総量規制によって足切りを行う場合があるので注意が必要です。内定後にどうしてもまとまったお金が必要な場合はクレジットカードのキャッシング枠を利用することも検討しておくと良いです。

クレジットカードのキャシング枠はカードローンの枠よりも柔軟性があることが多く、継続利用をしていればキャッシング枠がカードローンよりも大きく設定されることも少なくありません。ローンの審査では職業による選別が行われなくなっていますが、無職の場合は利用限度額が少ないことが多いですが、就職後、数ヶ月立ってから申請すれば増枠は可能になっている場合が多いです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY