> > > キャッシングは他人名義でも出来るものなんでしょうか

キャッシングは他人名義でも出来るものなんでしょうか

キャッシングは他人名義でも出来るものなんでしょうか

キャッシングは他人名義でも出来るって本当ですか?自分の名前で夫がキャッシングを申し込むっていう事なんですが。

別に夫なら良い気もしますが、他人名義でキャッシングって本当にして良いのかなと思って…。

他人名義でキャッシングしてはいけません

キャッシングは身分証明書があれば可能となっている場合が多いですし、インターネットや郵送で手続きが完了してしまう事も多いですから他人名義の身分証明書、収入証明書を取得できてそれで申し込みをする、ということは実際不可能ではありません。ですが、だからと言って他人名義でキャッシングをして良いという事にはならないのです。

他人名義でキャッシングをするということは、実際に申し込んだ人と違う名前の人が利用をするという事ですよね。申し込み時に行われる審査は返済能力を計る上で重要なものなのですが、その審査でOKと出たのは申し込みをした人の情報です。申し込んだ人が利用することを前提に、それを当然として審査を行って、この人であれば返済出来るだろうという判断の上でキャッシングをすることが出来るわけです。

しかし、実際利用する人が別人ということになれば、その人は利用した金額をしっかりと返済することが出来るのかは分かりません。キャッシング会社が全く知らない人が利用している、返済をするという事になるわけです。返済が滞れば当然名義人のところに請求、督促が行きます。私は知りません、利用している人は別人です、と言っても、返済しなければいけないのは契約している人ですから自分が使ってないキャッシングの金額の返済をしなければいけなくなります。

勝手に名義を使われてしまっている分については違法行為ですから、警察も含めてたいおうしていかなければいけません。ただ、まずは自分の名義だかrという事で一度返済しなければいけない場合もあります。キャッシング会社、弁護士、警察多くの人を巻き込んで対応しなければいけなくなるので時間もかかりますし、本当に自分が利用していないことを証明するのは簡単ではないかもしれません。勝手に自分の名義でキャッシングされてしまうという事は恐ろしい事です。身分証明書の管理はしっかりしておきましょう。

キャッシングを利用する人と契約する人の名義はイコールであることが基本です。利用した、していない、返済すると約束した、していない、そういうトラブルが起きないよう、名義貸しはしないようにしたいですね。
(⇒融資ではどんな嘘も厳禁です

他人名義でキャッシングでの借り入れは出来るのか

キャッシングとは、一定条件を満たすことで比較的誰でも簡単に契約できてしまう借入れです。利便性が高いので利用者は少なくはなく、生活のために1社くらいは契約しておきたいと言われますが、その反面ではとトラブルも少なくはありません。そのため、利用する前にきちんと知識を持っておきましょう。
(⇒融資初心者はこちらもチェック

良く報告されるトラブルの一つに、他人名義のキャッシングでの借り入れがあります。例えば、息子が親の身分証明書を持ち出して勝手に契約してしまった、夫のキャッシングカードで妻が勝手にお金を借りてしまったなどです。この場合、カード名義人にはどのような責任が生じるのでしょうか。

まず、勝手に名義を使って契約出来るのかということですが、これは禁止されている行為であり、違法行為にも当たります。もちろん、名義を貸すこともいけません。ただ、実際は少なくはない問題なのです。キャッシングは原則、個人情報の確認だけで簡単に契約できるというのが利点ですので、こういった問題は意外と報告されています。この場合、名義本人が契約していなければ、その契約は無効にできるとしていますが、ただし、その場合には勝手に名義を使った犯人を特定しないとなりません。よって、真犯人が特定できないと、支払い義務を逃れるのは難しいのが現状でしょう。

次に、他人名義のカードを勝手に使ってお金を借りてしまうというケースも良くあります。この場合は、名義本人が支払い義務を課せられることになるでしょう。ここで問題となるのは、名義人のカード管理不足です。カードは自分で管理する必要があり、勝手に使われてしまうということは管理不足である面が否めません。よって、名義人に過失があるとして支払いを逃れることはできないとしています。もし紛失してしまった場合は、紛失届を出すことでトラブルを回避することができます。

上記を踏まえて身分証明書やキャッシングカードの管理はきちんと行っておくことが求められるでしょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY