> > > キャッシングでうまくいく審査のコツがあれば紹介して欲しい

キャッシングでうまくいく審査のコツがあれば紹介して欲しい

キャッシングでうまくいく審査のコツがあれば紹介して欲しい

今年で30歳になったが、IT企業に勤めていて収入については自信があるという状況だ。年収は600万円ほどで自動車ローンや住宅ローンはあるのだが、毎月で10万円ほど貯金をしているような状況でもある。

そこで質問があるのだが、キャッシングの審査のコツというのは存在するのだろうか?というのも、自分と同じような年収の友人がなんども審査で落ちているからだ・・・。年収についても同じなので大丈夫だろうと思っていたのだが、100万円のキャッシングですら審査で落ちてしまった。これは希望借入額が大きいのだろうか?それとも、職業や借入状況を見て審査で落とされてしまっているのだろうか?
(⇒実は難しい100万の融資

年収ばかりが審査で判断されるわけではない

結講、カードローンやキャッシングでは同じような失敗をしている高収入な人は多い。質問者様の友人についても同じような状況だろう。また、年収を前提としてキャッシングの審査のコツについて案内しているサイトもあるが、それもずいぶんと昔の話なので半信半疑で覚えておいたほうがいい。というのも、現代では「属性評価」とされている評価システムが採用されているからだ。

どのようなシステムなのかというと、借入額だけでなく実際の住所などについても審査において判断をするというもの。具体的なものをあげると、借入額については年収の3分の1までとなっている場合が多く、次に住所などは持ち家なのかどうかで判断が違ってくるという審査だったりするのだ。なので、アパートやマンションに賃貸で入っていて、且つ借金が多い場合には年収の評価は低くなってしまう場合が多い。面倒かもしれないがそのようになっているのだ。

次に、100万円という金額ではどのようなキャッシングの審査のコツも無意味。今では、「50万円以上から収入証明書が必要です」と大半の金融業者が注意していたりする。もし、用意をできないというのであれば審査で通るのは稀だろう。収入証明書というのは、直近2ヶ月分の収入証明書でよく、収入証明書は銀行口座などで給与の振込が確認できるものを提示すれば問題ない。後、年齢や年収については審査ではあまり高く評価してもらえない。なので、年齢が高くなってからであれば高い金額でキャッシングできるというわけではないのだ。できる限り、現状の借金を減らして貸してもらいやすい状況を作っておくのがキャッシングの審査のコツとなるので、堅実に評価される道をいったほうがよかったりする。

キャッシング審査で必ず合格するためのコツは

飲み会や合コン、デートなどに誘われると嬉しいので、大変行きたい気持ちになりますが、財布に余裕がなければ難しいので、断るべきかと悩んでしまう方もあるでしょうね。断った後、二度と誘われなくなったら嫌なので、そんなときにはキャッシングを利用するようにしましょう。

キャッシング審査で必ず合格するためのコツは、厳しい審査を行う会社を避けて申し込むことです。審査が厳しい会社といえば、銀行や信用金庫などの銀行系なので、確実に融資を受けたい場合はこれらの会社ではなく、消費者金融を選ぶようにしてください。

消費者金融の店舗は繁華街に行けば、驚くほどたくさんの数がありますし、親しみやすいCMで利用者を増やそうと努力している会社ばかりなので、銀行よりも融資を受けやすいのが特徴です。しかも銀行よりも結果が速くわかるので、申し込み後30分以内で借りられるかどうかの判断が付くところもあります。

申し込み後にあまり待たされるのは嫌なので、急いでお金が欲しい人には銀行よりも消費者金融の方が向いているでしょうね。消費者金融は金利が高いので、あまり利用したがらない人もいるのですが、大手企業を利用すれば、驚くほど金利が低いところもあるので、そんな会社から借りれば、最低限の利息の支払いで済むので助かります。
(⇒手っ取り早く申し込むならやっぱり消費者金融?

もし銀行や大手の消費者金融の審査に落ちた場合は、もうどこにも貸してくれるところはないかも知れないといった気持ちになるかも知れませんが、そんなときは中小ローン会社のことを思い出してください。大手の消費者金融のようにCMで見かけることはほとんどありませんが、昔から地域に根付いて営業している会社なので、地元の人の信頼が高いところが多くあります。そんな会社なら、優しい審査で貸してくれるところも多いので、まだ一度も試したことがない方は申し込むようにしましょう。
(⇒様々な会社と選択肢が融資にはあります

店頭でも受付していますが、電話やwebからも申し込みが出来るので、お金が必要になったら頼りにすることをおすすめします。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY