> > > 50万円のキャッシング、一括払いした方がいい?

50万円のキャッシング、一括払いした方がいい?

50万円のキャッシング、一括払いした方がいい?

今、借入をしているキャッシングが50万円ほどあるんですが、ちょっとした事で臨時収入として入ってきたお金と、今持っているお金を合わせると、この50万円を支払うことができそうなのです。で、一括返済をした方がいいんじゃないかと思っています。

ただ、一括返済をしてしまうと、50万円もなくなってしまうし、最悪の場合はお金がなくなってしまって生活できなくなってまたキャッシングするなんていうことにならないかと不安です。今の手持ちでは返済できますが、した方がいいのかやめとくべきなのか、どちらなのでしょうか。

キャッシングは早めの返済が必要だが余裕を持って行おう

なかなか難しい状況になっているようですけれども、一括返済をするかどうかというのは真鍮鬼考えたほうがいいのは間違いありません。実はキャッシングを一括返済して繰り上げて返済したほうがいいのはそのとおりなのですが、その後に無理をしてしまうとまた借入をしてしまう可能性があるのです。だから余裕を持って一括返済は行う必要があるのです。
(⇒一括返済で本当に金利も変わる?

余裕が無い時に一括返済を行ってしまえば、その分だけ生活が苦しくなってしまいます。余裕があって生活も余裕ができるんであれば、返済をしてもいいですけれども50万円というとなかなかの大金ですからそれだけのお金を返済することは慎重になったほうがいいでしょう。とりあえず一括返済したらどのくらいのお金が必要で、どれだけ手元に残るのかを考えてみてください。

そして手元に残るお金だけで生活ができるかどうかというのを考えてみるのが一番いいと懐います。もしできないというのであれば、50万円の中から手元に残しておきたい金額というのを置いておいて、残りの金額だけでも繰り上げ返済してしまうのがいいかと思います。一括返済ではなくまた返済する義務は残りますが、それでも返済する期間を大きく減らす事ができて楽になります。

またお金に余裕ができた時にでも50万円のうちで残っている金額というのを一括返済していくようにするといいでしょう。そうすれば、少しだけですけれども金利を節約することにもつながります。5万円でも残ってしまって悔しい、ということもあるかもしれませんが5万円でも残っているということが重要なのです。それで余裕のある生活ができる可能性があるのですから。

一括返済をした方がいいのかどうか、微妙なところのようですけれども50万円というのはかなり大きな金額です。そんなに即決して決めるのではなく、できるだけ大丈夫かどうかというのを慎重に考えた上で返済をしてはいかがでしょうか。

【参考ページ】
返済を計画的にすべき理由

キャッシングで借り入れた50万円を一括払いする方法

消費者金融会社や銀行で小口の借金をすることをキャッシングと言います。キャッシングはこれまで金融事故を起こしていない人であれば、金額に差はありますがほぼ全ての人が借りることができます。消費者金融会社によっても、金利や借入金の上限の違いがあるので、それを比較した上で借りる金融会社は検討するべきです。
(⇒金融事故を起こしていると融資は難しいの?

まずお金を借り入れるためには消費者金融会社に申し込みをしなければなりません。その際には、店頭で申し込むか無人契約機で申し込むかインターネットのwebサイト上で申し込む必要があります。最も審査が早く終わるのは店頭か無人契約機になります。周りの目が気になる場合はwebサイト上で申し込む方法が無難です。

消費者金融会社では基本的に即日融資が当たり前なので、その日のうちにお金を借り入れることができます。お金の借り入れ方法は、金融会社専用のATMを使用するか、指定している口座へインターネットバンキングを使用して振り込んでもらう方法があります。ATMは提携先の金融機関もできる場合もありますが、手数料がかかる場合もあるので、事前に確認が必要です。
(⇒審査内容は金融業者によって違います

返済の方法については、同様にATMで返済するか毎月口座引き落としも可能です。毎月返済しなければならない最低金額が借り入れ金額によって決まっているので、期日までに必ず返済しなければなりません。もし、遅れる場合は事前に連絡するべきです。返済が滞ったり、遅れたりすると金融会社からの信頼度が下がります。今後増額申請等に影響することもあるので、なるべく期日までに支払うことが必要です。

この支払いは完済が長引けば長引くほど、利息が上乗せされるので、なるべく損をしないためには一括払いという方法もあります。この金融会社が指定している金融機関の振り込み専用口座に一括で返済することで、利息分を支払わなくて済みます。例えば50万円が借り入れ金額であれば50万円プラス手数料を数百円支払うのみで完済することができます。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY