> > > 専業主婦のキャッシング審査で甘いところはありますか?

専業主婦のキャッシング審査で甘いところはありますか?

専業主婦のキャッシング審査で甘いところはありますか?

専業主婦でも急にお金がいるときがあります。普段は私が夫の通帳を管理していてそこから必要な場合に合わせて引き出す、といった形をとっているのですが、子供が成長するにしたがって広がっていく近所付き合いの中での冠婚葬祭や主婦仲間の内での小さな出費。他には実家関係の付き合いだったり、子供が急に興味を持ったことに対してできる限りかなえてあげたいと思っていると、どうしても自分で自由にできるお金が必要になります。夫から管理を任されている通帳から引き出すこともできますが、それには夫に説明をしなければならず、納得してもらえない時はもめる原因にもなって大変です

夫婦のお金に関するやり取りはなるべく子供に見せたくありません。そこで自分だけが使えるカードを作りたいのですが、専業主婦だと審査が厳しい場合があると聞きました。それほど多くの金額を借入するつもりはないですし、現在の我が家の家計から考えると返済が滞るようなことになるとも思えないのですが、いざ申し込んでみてダメだった時のことを考えますと気おくれしてしまう自分がいます。そこで出来るだけ審査が簡単なカードローンを教えてほしいです

専業主婦の方にも使えるカードローン

家計をしっかりと守ろうとすればするほど、良き妻であり母であろうとすればするほど、自立した人間としていようという意識が働いてしまいカードローンなどの融資を受けることを躊躇ってしまうことはあり得ます。そもそもキャッシングというものは先にお金を借りて、それを後で返済するという手順を踏んでいる以上、性質的には借金に近いものがあって、それが心理的な拒絶感につながるのではないでしょうか

しかしこうしたキャッシングを行っている会社の方もそれを仕事にしているプロなのですから、しっかりとした対応をすれば専業主婦の方であってもキャッシングを受けることは可能です。その際には貸したお金がちゃんと帰ってくるかどうかを知るためにあなたに収入があることを証明するものが必要になりますがこれは夫の側に収入があるのでしたらそれが証明の代わりになりますので問題ないでしょう

こうした準備を経たうえで、最近の金融機関はネットを使った申込みに対応しているところが多くあります。その中には銀行であったり消費者金融であったりと多様な会社があって、その多くが数十万程度の借り入れが可能になっています。さらに申し込みがネットを経由していることから手間が省けますので審査も早い。これは一つの会社がダメだった時でももう一つの会社の審査をすぐに受けられますから、一度確認してみてはどうでしょうか

専業主婦に審査甘いキャッシングってありますか?

総量規制が決まったころは、無職ですとキャッシングできなくなりましたので、専業主婦の場合キャッシングが難しくなり困る人が増えていました。そのため、ヤミ金融などのだれにでも貸しますというような誘い文句に魅かれて危ない金融会社で借りているような人も多かったです。(参考ページはこちら→闇金だけは絶対に使ってはいけません

ですが最近では、銀行の中に特に専業主婦に積極的に枠を作って貸してくれるところが増えてきましたので、そういった審査甘い銀行でキャッシングを申し込むのが賢い方法になります。消費者金融ではやはり総量規制で借りることができませんが、銀行でしたら比較的消費者金融よりも利息が低めですので、キャッシングできるのであれば、こちらで借りるほうがよいです。

おすすめは楽天銀行です。普段から楽天カードなどで買い物を利用していれば身近に感じる銀行でしょう。楽天銀行ではサイトから専業主婦向けの申し込みがありますので、簡単に申請することができます。専業主婦ですと借りられる借り入れ限度額は一般的には低めになります。だいたい10万円くらいのところが多く、もう少し借りることができたとしても30万円ぐらいがほとんどです。ですが楽天銀行の場合には、50万円まで借りることができますので、ちょっとした生活費の不足からまとまった資金が必要な場合にも十分な金額になります。

さらに、配偶者の同意書などもいりませんので、夫に内緒で借りることができるのです。多くの専業主婦はできれば夫の内緒で借りたいと思っている人がほとんどです。ですので、ネットから気軽に申込め内緒で借りることができる点で、非常に人気があります。もちろん銀行ですので、金利も低めに設定されており利用しやすいです。さらに楽天ならではのポイントサービスもありますので、確認してみることが大切です。このように銀行でも審査の甘い金融会社は意外とありますので、今は必要でなくてもいざという時のために申し込んで枠だけ持っておくのもよいかもしれません。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY