> > > 千円単位でキャッシングというのは可能でしょうか?

千円単位でキャッシングというのは可能でしょうか?

千円単位でキャッシングというのは可能でしょうか?

あまりキャッシングには自信がないので質問しておきたいことがあったのですが、千円単位でキャッシングというのは可能でしょうか?非常に小さい金額でローンを組む形になりそうなので、最初から対応している業者を選択できればいいなと思っているのです。

また、千円単位でキャッシングした場合のメリットとデメリットはどのようになっていますか?メリットとデメリットではデメリットのほうが多いのでしょうか?インターネットで調べていると、千円単位でキャッシングをした場合には利息や手数料が無駄にかかってしまうと聞いているので、こちらについても教えていただけると助かります。それと、千円単位でキャッシングする場合にはキャッシング審査が軽かったりしないでしょうか?(参考ページはこちら→融資審査が甘くなる条件について

千円単位でキャッシングは可能です

サラリーマン金融と銀行のどちらを希望されているのかが不明なため、サラリーマン金融で借りることを前提として話を進めていこうかと思います。そして、千円単位でキャッシングが可能なキャッシング業者についてですが、「存在する」と思っていても問題ありません。また、サラリーマン金融では有名な4社が昔から存在しているのですが、それらのサラリーマン金融では千円単位でキャッシングに対応しています。
(⇒一度は比較しておきたい消費者金融と銀行の違い

そのサラリーマン金融は、「プロミス、SMBCモビット、アイフル、新生銀行レイク」となっています。新生銀行レイクは今では銀行となっていますが、未だに金利についてはサラリーマン金融のものが採用されているので、扱いをサラリーマン金融とさせていただきました。また、千円単位でキャッシングのメリットとデメリットについてですが、特にデメリットのようなものもないとなっています。メリットについては細かく借りられるようになっている点でしょう。

というのも、この千円単位でキャッシングは女性がよく利用されていることで知られています。金融業者側もそれに合わせて、このサービスを扱っておりますので、特に手数料なども発生しないようになっています。ただ、提携銀行やコンビニのATMを利用された場合は、ATM利用手数料がかかるようになっているので、借りた先のATMで入出金をするようにしておくのが理想です。そのようにして利用されていれば、特に手数料はかからないようになっています。後、審査についてですが金額についても1万円以上で希望借入額に設定できるようになっているので、10万円未満までは審査が軽い場合が多いです。

賢く利用したいなら、千円単位でキャッシング

必要な現金を、いつでも手軽に借りる事ができて便利なサービス、キャッシングを利用したいと考えた際に、金利について考える人は多いでしょう。金利は少しでも低い方が、少ない利息で済む事になり、よりお得に利用出来る事になります。

ただ、金利というのは、銀行は低めなのに対し、消費者金融であれば、17.8%から18%が一般的で、それ程、大きな差はありません。それならば、どの業者を選んでも、同じと考えてしまう人も多いでしょう。ただ、利息に影響するのは金利ばかりとは限りません。
(⇒低金利で借りるなら業者選びが欠かせません

利息は、金利と、借入金額と、借入期間によって計算をしていく事になります。金利として書かれている利率は、1年借りた場合の利率で、1年未満の場合、日割り計算となり、少ない利息で済む事になるので、お得に利用したいと考えた場合、短期間での完済を目指す事がお勧めです。(参考ページはこちら→計画的な返済に役立つ知識

更に、重要になってくるのが、借入金額です。キャッシング業者の多くは1万円単位での借入となっていますが、業者の中には千円単位でキャッシング可能な業者も存在します。これらの業者を比べた場合、お得なのは千円単位で利用できる業者です。

常に1万円単位の金額が必要という場合、1万円単位の業者で問題はありませんが、飲み会などで足りない時に利用したいと考えた場合、千円単位の方がお勧めです。千円足りない時、千円単位の借入が可能であれば、千円分の利息で済みます。それに対して1万円単位の場合、千円足りないだけでも1万円借りる必要があり、必要のない9千円分の利息も必要となります。

ですから、千円単位でキャッシングが出来る業者を利用すれば、必要な金額のみを借りる事が可能で、利息の節約にも繋がっていきます。キャッシングを利用したいと考えた場合、まずは金利について気にするという人は少なくないでしょう。ですが利息の為に金利を気にするのであれば、同時に借入の際の単位なども意識しておく事がお勧めです。それにより、利息の節約に繋がります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY