> > > 50万円をキャッシングして投資で勝つことってできる?

50万円をキャッシングして投資で勝つことってできる?

50万円をキャッシングして投資で勝つことってできる?

借入を使ってお金をビジネスに使うっていうのは普通ですよね?で、そのビジネスが投資であったとしても、そこにお金を貸してくれる人っていうのはいるわけですよね?ということは、これは言い換えればキャッシングでお金を借りて投資をしたら成功することもあるんじゃないかと思うのです。

仮にですけれども50万円ほど借入をして、そのすべてを投資に注ぎ込んだとした場合、それは成功すると考えていいでしょうか?全くゼロということはないですよね?

ハードルは高く限りなく成功の可能性は低いがゼロではない

面白いことを考える人もいるものですけれども、投資というのはそんなに簡単に成功できるものではないので、その点だけはわかっておかないとダメでしょうね。自分だけは成功できるとみんな思っていて、結果的にやってみたらダメだったという人ばかりなのです。ただ可能性自体はゼロではないでしょう。その代わり成功のためのハードルは高く、50万円では厳しいと言わざるを得ません。

なぜファンドのようにお金をたくさん借りて投資を行っているところは成功するのに個人で50万円の借り入れをした場合には厳しいのかというと、それは金利差という理由がひとつあります。金利差と言うのは投資で儲かったたお金と返済しないといけないお金というのを差し引きすると、たくさんの借入をしているファンドなどのほうが圧倒的に有利になるような仕組みになっているのです。

具体的に50万円を投資にというように考えてみましょう。50万円をキャッシングで借りた場合、だいたい15%程度の金利がかかるとします。低いところだったら12%程度のところもありますが、まぁどちらでもいいです。このお金で投資をして儲けるためには年率にして12%以上にしないといけないということです。一般的にファンドでも10%の投資効率でもかなりすごいと言われているのです。

一方のファンドなどの場合は大きなお金を借ります。億単位で借りるのでだいたい借り入れした金利は1%未満になるでしょう。1%未満であったとしても年間で1000万円以上の金利がかかるわけですが、億単位のお金で10%の年率で投資で増やすことができたとしましょう。すると単純計算で9%の儲けが出ることになります。借入金利が低いので同じ投資効率でも儲けが出るわけです。

このような仕組みがあることを知れば、50万円程度で投資のためのお金をキャッシングで借りるというのはあまり良いことではないというのがわかるでしょう。やるんだったら大きなお金を使わないと、投資というのは効率が悪いものなのですよ。

【参考ページ】
お金を借りる前に金利の計算はしっかりしよう

投資に必要なお金が50万円、そんな場合はキャッシング

銀行にお金を預けていても大した利息は付かないので、株などの投資により収入をプラスさせようと思っている方は少なくありません。ですがそれには資金が必要なので、あと50万円足りない時は、どうしたらいいかと悩んでしまう方もあるでしょう。家族や友人、同僚などに相談しても、お金を貸してくれといわれて喜ぶ人はいませんし、あとで人間関係が悪くなっても困るので、そんなときにはもっと気安く貸してくれるところを探すようにしましょう。

投資に必要なお金が50万円、そんな場合はキャッシングを利用するようにしてください。銀行や消費者金融などのローン会社は、お金を貸すことが商売なので、嫌な顔をされることがありませんし、むしろ喜んで貸してくれるので、いつでも気軽に申し込みが出来ます。とはいえもちろんキャッシングには審査があるので、まずはそれに合格しなければなりませんが、20歳以上~65歳前後の方で、安定した収入のある方なら大抵合格するので、それほど審査を恐れることはないでしょう。(参考ページはこちら→融資審査に通る為に大事な事

スピード審査が出来るローン会社に申し込んでいれば、大体30分ほどで結果がわかるので、合格していれば、指定した口座にお金が振り込まれているはずです。キャッシングの使用用途はフリーなので、投資に使うのはもちろん、生活費や旅行などにも使えるので、もし途中で足りなくなった場合はまた申し込んでください。

限度額いっぱいまでなら何度でも利用できるのがキャッシングの魅力ですから、困ったときにこれほど役立つことはありません。投資で儲けることが出来たら、まとめて返済することも出来るので、まずは気軽に申し込んでみてください。申し込みは電話やインターネットを利用すれば、お店に行かなくても、自宅からキャッシングが出来るので便利です。今は来店不要で利用できる会社が多いので、近所にお店がなくても、テレビCMなどを見ていて利用したいと思う会社があれば、試しに利用してみることが出来ます。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY