> > > 一万円だけキャッシングしたい!そんなことって可能なの

一万円だけキャッシングしたい!そんなことって可能なの

一万円だけキャッシングしたい!そんなことって可能なの

ちょっとしたお金が必要なときにキャッシングっていうのは考えたことがあるんです。でもチラシとかを見ていたら「最大限度額500万円」とかもっとすごいところだと1000万円というのも見たことがあるんです。正直、そんなに使う必要はないんですよね…(参考ページはこちら→融資額の上限について

どちらかと言うと今一万円だけあればいいっていう感じなんですけれども、一万円だけでもいいので借りられるキャッシングっていうのはあるんですか?たったそれだけのお金しか借りなかったら、すごい扱いが悪くなったりしないでしょうか。

キャッシングに一万円以下の借入だけをする人は少なくない

キャッシングの金額が大きすぎて、極度額が何百万円というところばかり、というように理解している人は多いと思います。質問者だけではなく、そういう金額を借りるのがキャッシングと勘違いしているのかもしれません。それよりも少ない金額は街金を使うというようなことではないのです。基本的にキャッシングは一万円以下の借入だけをする人はたくさんいます。(参考ページはこちら→安全な金融業者で大体の人は事足りる

それこそたくさんの枠を持っていたとしても、5000円くらいしか使わないという人もいるのです。色々な使い方があるので、例えかなりのお金を借りられる人であっても、その人の必要にあった使い方をすることができるのがキャッシングなのです。一万円以下でも借りられるし、一万円以上でも借りられます。

例えばこういう事例があります。飲み会のためにお金がないから借りたいと言う時、今は120万円の枠があるんだけれども、飲み会で必要なお金はおそらく1万円位だろうからちょっと多めで1万5千円だけ借入をしてから会場に向かう、というようなパターンです。サラリーマンの人に少なくありません。これだけの金額を120万円の枠があっても使うと言う人はいます。

他にもサラリーマンでよくあるのは借入を使ってお金を前払いするというパターンで、新幹線や飛行機代を消費者金融などでキャッシングして借りるということがあります。その時、キャッシングする金額は10万円も20万円もするのではなく、多くても5万円程度のものです。そんなにたくさんの金額を借りることはなく、基本的には必要な分だけを借りるのです。

今は特に少額融資用の業者や商品というのも増えてきているので、少額融資で借りる金額が少なくていいのであれば、そちらを使うというのもいいでしょう。枠としては10万円程度で、1万円や2万円程度の借金をしたいという人向けに作られているのです。少ないキャッシングでも別に気にせず借りたらいいのです。
(⇒小額融資の方が審査も簡単になる?

給料日前にあと一万円足りない時は便利なキャッシングを

派遣社員やフリーターをしながら一人暮らしをしていると、少ない給料のやり繰りしながら生活しなければなりません。しかしときには冠婚葬祭などで余計な出費が必要なこともあるので、そんな場合は給料日前に財布の中身がほとんどない状態になってしまうかも知れませんね。

給料日が来るまで、朝昼晩の食事を抜くわけにはいかないので、給料日前にあと一万円足りない時は、便利なキャッシングを利用するようにしましょう。キャッシングは派遣社員やフリーターはもちろん、パートをしている主婦や自営業の方でも利用できるので、いざというときは申し込み、必要な分のお金を手に入れるようにしてください

たった一万円足りない時にキャッシングを利用するのはもったいないと感じる方もあるでしょうが、低金利のローン会社から借りれば、ほとんど利息が付かないので、それほど損したような気持ちにはならないでしょう。もし一円の利息も払うのは惜しいと感じる方があれば、無利息期間ありのサービスを行っているローン会社に申し込むと良いでしょうね。30日間など、利息が付かない期間を設けているので、その期間内にお金を返せば、利息ゼロで利用することが出来ます。30日もあれば次の給料日が来るはずなので、初心者の方はこのサービスを利用して、賢くキャッシングを始めるようにしましょう。

キャッシングに必要なものは本人確認書類だけなので、担保や保証人は必要ありません。年齢の若い方が土地や不動産などの担保があるとは考えにくいですし、保証人を用意するのも面倒ですが、少額融資の場合はこの両方が必要ありませんし、収入証明書も不要なので安心して申し込めます。本人確認書類というのは、運転免許証や健康保険証のことですが、住民票やパスポートでも受け付けてくれるので、借入するときは用意しておくようにしましょう。審査が速いローン会社に申し込めば、それほど待たされることなく結果が出るので、一万円足りない時はいつでも気軽に借りることをおすすめします。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY