> > > みずほキャッシングカードが作りにくいのは何故?

みずほキャッシングカードが作りにくいのは何故?

みずほキャッシングカードが作りにくいのは何故?

みずほ銀行にもキャッシングカードという、いつでも融資を受けられる便利アイテムがあると聞きますが、気になる話として『みずほのキャッシングカードは作りにくい』という内容の事をしばしば聞いています。

みずほ銀行のキャッシングカードが作りにくいという事が事実だとしたら、それは何故なのでしょうか?みずほ銀行と言えば昔から存在している大きな銀行という事で、格式高いという事で難しい…なんて安直な理由でよろしいのでしょうか?でも融資はたくさんの人に使えるようにした方が銀行側の利益になると思うし、厳しくしている理由というのがイマイチ私には分からないのです。みずほ銀行のキャッシングカードに今興味津々な私としては、これについて是非とも知りたいと思っています。

みずほのキャッシングカードが作りにくいかどうか、そして何故なのか詳しい方の解説を願います。

大手銀行の中では難しい部類というのは事実ですね

質問者さんの言うとおり、大手銀行でも今では多くの人に融資が出来るような体制を整えています。理由に関してはより多くの利益の為、そして何よりは余裕がある人にだけ融資をするというスタンスでは、不景気の今では多くの人が利用出来なくなると言っても過言ではありません。消費者金融だけじゃなくて多くの銀行がカードキャッシングに進出しており、働いているほとんどの人は多くの選択肢があるのです。

みずほ銀行のキャッシングカードも、実際に厳しすぎるというわけではありません。例えば派遣社員というような正社員に比べて安定しているとは言いがたい立場の人であったにしても、みずほ銀行のキャッシングカードを持てる事はあります。だからお金持ち以外は持てないカードというわけではないというのは、最初に理解しておいて下さい。(参考ページはこちら→結局融資審査の基準ってどうなってるの?

ただ、みずほ銀行のカードキャッシングが他の銀行キャッシングに比べると、審査が難しめであるというのは事実です。理由に関しては諸説ありますが、審査を行う会社が消費者金融では無く信販会社である事、そしてその信販会社にも厳しい基準を求めているという背景が濃厚です。

銀行のキャッシング審査を行うのは、大抵が保証会社として設定されている会社です。その会社には消費者金融が設定される事もあれば、信販会社というクレジットカードなどを担当している会社になっている事もあります。みずほ銀行は信販会社という事で消費者金融よりも厳しく、尚且つみずほ銀行も厳しく審査するように指示をしておりますので、それで結果として他の銀行よりは難しい、というような状態になっているのでしょう。
(⇒金融業者によっても難易度が違う?

とはいえ、今までの経歴に問題が無いという人なら、たくさんの限度額を希望しないなら期待はしても良いでしょう。自分の状態に合わせた融資を受けるようにしましょう。

みずほキャッシングカードのメリットと特徴

みずほキャッシングカードは、その名の通りみずほ銀行が運営しているキャッシングサービスです。低金利・高限度額の銀行らしいローンです。

みずほキャッシングカードには、多くのメリットがあります。限度額が1000万円に達するのは、今のところみずほ銀行かジャパンネット銀行しかありません。銀行なので、総量規制対象外なので年収による制限もありません。

金利に関しても、大手銀行と比較しても少し低めの金利となっています。またみずほ銀行のATMはもちろんの事、イオン銀行のATMも時間外手数料は無料です。コンビニのATMも月4回までなら手数料が掛かりません。ATMの手数料が掛かる、金融機関も多いので手数料が掛からないのは大きなメリットです。

申し込みの際に、当たり前ですが本人確認のためにいろいろな書類が必要になります。これは、意外に面倒だったりしますが、みずほ銀行では、手元にみずほ銀行の通帳がある人とみずほダイレクトを使っている人は100万円以下なら書類不要です。みずほ銀行に口座がある人なら、審査は最短で即日可能という事になります。

また、キャッシングのカードは多くの人が日常的に使っていますが、人に見られるのに抵抗がある人もいます。みずほ銀行のキャッシングカードは、銀行のキャッシュカードと見た目がほぼ一緒ですので、他人に見られてもキャッシングのカードとは気付かれにくいので安心です。これは、借りる側にとっては嬉しい気遣いです。

申し込みの際に本人に安定した収入が無くても、配偶者に収入があれば借入が可能なのも魅力です。申し込み方法も、選択肢があり自分の好きな方法で申し込む事が出来ます。みずほ銀行の口座があれば、webからの申し込みで審査が完了します。この場合には、勤務先の在籍確認の代わりに給与明細と健康保険などの書類が必要になります。

しかし、在籍確認がないのは、借りる側としたらうれしい限りです。webで申し込むには、口座が必要なので事前に口座を作っておけば後がスムーズに済ます事が出来ます。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY