> > > キャッシングの限度額に年収と自動車ローン、どちらが影響する?

キャッシングの限度額に年収と自動車ローン、どちらが影響する?

キャッシングの限度額に年収と自動車ローン、どちらが影響する?

キャッシングの限度額に影響を与えるパラメーターというか、基準というのはいくつかあって、それぞれ影響を与えるというのを聞いたことがあります。例えば年収、これは大きく関係していて年収の3分の1までしか借りられないというのもありますから、影響は大きいようですね。もう一つが借入が多すぎる、というものでこれも同じくらい大きいと聞きました。
(⇒融資限度額で大切な事

そこで自動車ローンを借り入れしているかどうかということ、年収が高いか低いかということ、このどちらもキャッシング限度額に影響を与える二つの事項で、よりキャッシング限度額に影響を与えるのはどちらなのでしょうか?

はっきりとはいえないが他社借入のほうが影響は大きい

はっきりとこちらのほうが影響は大きいということは言えないんですけれども、自動車ローンを借りることと年収が高いか低いかということで言えば、おそらく他社借入をしているかどうかのほうが大きな影響をあたえるのではないかと考えられるので、自動車ローンを使っているかどうかということのほうが大きな影響を与えると考えられます。もちろんケースによって違いもあり一概には言えないですけれども。

例えばですが自動車ローンと消費者金融やカードローンなどのキャッシングを同時に組むということはできないか?という相談や質問というのは思っているよりも多いです。多くの人がそれはできないと思っていたり、実際にやってみてうまく行かなかったからこそ、こういう相談は多いのだと思います。もちろんうまくいく方法もあるし、コツを知れば借りることはできます。

一方の年収についても同じように年収が低いことで落ちてしまったとか、年収がなくても借り入れできるところはありませんか?という情報を求めている人は少なくありません。ただ、年収については最近年収がゼロの専業主婦でも借り入れができるようなところが銀行系カードローンでも増えつつあります。つまり年収が低い人でも借りやすい世の中になってきている、といえるのではないでしょうか。

だから自動車ローンの方がキャッシングと両立するのは難しいということになるかと思います。もちろん自動車ローンと同じ銀行でカードローンを借りるという方法をすれば借りやすくなったりしますし、年収が高い人であればこのような両立は簡単にできたりしますのであくまで一つの考え方として捉えておいてください。

年収が高い人も低い人も、自動車ローンの借りる人も借りない人も借金やローンは二つ以上組むのは難しいと思ってもらえればそれで十分ではないかと思います。

【参考ページ】
複数の融資利用に注意を

キャッシングの際の限度額や年収、自動車ローン

お金を借りたい場合に利用できる手段として、金融業者のキャッシングを利用する方法があります。このようなキャッシングを利用すれば、簡単にお金を借入することができます。このような借り入れには、金融業者の行う審査を通過する必要があります。金融業者の行うことになる審査の基準は、各業者によって内容が大きく異なっているため、注意が必要となります。このような審査基準には、信用情報なども利用されることになっています。

審査基準によって申込者の経済力などが判断されることになります。その結果、返済能力が確定します。返済能力を決定づける要素の一つに年収が存在しています。年収は、年齢や職業などによっても大きく変化するため、それらの点も考慮されます。返済能力は、借り入れを行うことができる限度額に直接影響することになります。より高い金額の借り入れを行いたい場合には、審査によって決まる限度額がより高い金融業者を選択する必要があります。

キャッシングでお金を借り入れした場合に、自動車ローンが借りにくくなるという問題が生じる場合が存在します。借り入れを行ったという情報や返済の状況などは、信用情報で簡単にわかってしまうため、自動車ローンを組む際にも非常に大きなウェイトが置かれることになります。場合によっては、複数の金融業者からの借り入れによって信用情報が悪化し、自動車ローンを組めなくなる場合も存在しています。(参考ページはこちら→融資の審査落ち理由は意外なところにあり?

そのような場合の対策としては、キャッシングを行ったお金を早目に返済してしまい、信用情報をクリーンな状態にしてしまうという方法があります。このような形でキャッシングを返済してしまえば、自動車ローンもすんなりと組める状態になります。このように、お金を借り入れる際には、様々な点で注意が必要となりますが、しっかりと認識していれば、安心してお金を借り入れて利用することができます。そのため、しっかりと問題点を認識して利用することが重要です。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY