> > > 70才以上でもキャッシングローン会社を使うことはできる?

70才以上でもキャッシングローン会社を使うことはできる?

70才以上でもキャッシングローン会社を使うことはできる?

キャッシングローンの会社を使う事ができる人っていうのは幅広くなってきていると思うんですが、最近だと高齢者向けの借入というのも認めるような業者が増えてきているというように思います。と言っても65歳までというところがほとんどだと思うんで、そこまで高齢者の人はまだまだ使いにくいのかなとも思いますが。(参考ページはこちら→高齢者はどうして融資を受けにくいのか

では70才以上でもキャッシングローン会社を使うことってできるんでしょうか?どこかの業者を利用する、一部の業者だけが対応しているのかもしれませんが、大手にも使えるキャッシングローン会社ってありますか?

中小の業者、もしくは地方銀行に専用の商品がある

70才と言っても最近の高齢者は元気ですから、70歳でマラソンをしていたりする人もいますよね。結構元気な人達を見ていると「これなら働けそうだ」と思ったりもするわけですが、なかなか消費者金融や銀行系カードローンのすべて対応してくれるわけではないようです。70才以上でもキャッシングローン会社を使うことができるとしたら、それは地方銀行や中小の消費者金融になります。

地方銀行などにはたまにそういった年齢の高い人たち向けの貸出というのをやっているところもあります。もちろんそこまでたくさんの借り入れができるというわけではないのですが、30万円や50万円くらいで借入をすることができるようになっているので、昔に比べると使いやすくなっていることは間違いないでしょう。ただ、65歳以上でも70歳までのところもあるので注意です。(参考ページはこちら→融資可能年齢には上限がある事に注意

更に可能性の高いものを探したいのであれば中小の消費者金融が一番いいと思います。中堅どころの幾つか事務所を持っているようなところでも、実は75歳くらいまで貸出をしているというところは少なくありません。こういう業者の場合は中小の消費者金融で金利も高いけれどもいろんな人を相手にしてくれる、という特徴があります。口コミサイトなどで話題のところもありますから見つけるのは簡単です。

では中小の消費者金融や地方銀行以外でも、大手の消費者金融やメガバンク系の銀行系カードローンは70才以上でもキャッシングローン会社として使えるところなのか?というと、今のところその予定はないようです。ほとんどが定年、もしくは定年延長した65歳までしか年齢制限をして貸さないようにしています。

今後はどうなるかはわかりませんが、大手よりも中小の業者の方が確実なのは間違いありません。確実に借入をしたいのであれば、中小の業者を使ってみるのが得策でしょうね。

70才以上でもキャッシングローン会社を利用したいときは

昔は平均寿命も短く、70歳以上もの年齢になると、元気がない方が多かったのですが、最近は80歳を過ぎても若々しく、元気な人が多いので、まだまだ現役で仕事をするなど、活躍している方も少なくありません。しかしときには出費が極端に多く、その月に必要な分のお金が足りなくなることもあるので、そんな場合はキャッシングローン会社からお金を借りることをおすすめします。

この年代の方だと、お金を借りることに抵抗がある方もありますが、今は昔に比べるとサービスも良くなっていますし、低金利で利用できる会社も多いので、それほど返済で苦労することもありません。数万円程度のお金なら、ほとんど利息が付かないので、次に収入が入ったときにすぐに返せば、それほど損した気にはならないでしょう。

ですが問題は70歳以上の年齢の方が借りられるローン会社が少ないということです。大体、この年齢の方は定年退職をしているものなので、返済能力に不安を感じる会社が多いからです。しかしすべてのローン会社で借りられないというわけでないので安心するようにしましょう。

70才以上でもキャッシングローン会社を利用したいときは、インターネットで探せば見つけることが出来ます。基本的にキャッシングローン会社を利用出来る人の条件は、毎月安定した収入のある人なので、定年退職し、仕事をしていない人の場合は融資を断られることが多くなります

しかし70歳以上であっても、会社を経営していたり、アパートやマンション、ビルなどを持っていたり、豊富な年金収入があるような方なら、キャッシングローン会社を利用出来ることもあります。ゆえにもし借りたい会社があるなら、電話やメールで問い合わせるとよいでしょう。キャッシングローン会社はどこもそれぞれのケースに合わせて柔軟に対応してくれるので、場合によっては審査に合格することもあります。審査に合格すれば、すぐに指定した口座にお金を振り込んでくれるので、必要なときはいつでも利用するようにしてください。
(⇒困ったら緩めの金融業者が良い?

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY