> > > 仕事は写真関係で収入を得る自由業ですがキャッシングできますか

仕事は写真関係で収入を得る自由業ですがキャッシングできますか

仕事は写真関係で収入を得る自由業ですがキャッシングできますか

撮影の仕事をしています。以前は広告写真が主な仕事でしたが、デジタルカメラになってから随分と仕事が減ってしまって今でしたらほとんど依頼がありません。思い切って観光地に引っ越して、古くて賃料も安い建物を借りて、写真館とギャラリーを兼ねた仕事を始めました。まあ、なんでも撮影しますよって感じですね。田舎なのでそれほど仕事はありませんが、生活費も安く抑えられるのでなんとかやってきました。

でも、デジタルカメラになってからパソコンなどの経費がかかるようになって、これだったらフイルム時代の方が良かったかもな、なんて愚痴っても仕方がないですが。収入は、ある時は結構な金額になるんですが、シーズンオフになると一か月で10万円もありません。少ない月を凌がなければならないので、お金を借入しようと思ってます。写真家という自由業の身なんですがキャッシングする事ができるでしょうか。(参考ページはこちら→自由業と融資の関係

確定申告証など収入を証明できる書類があればキャッシングあり

写真で生活をしているのですか。大変ですね、以前は町の写真館というとかなりの売り上げだった時代もありましたね。広告写真も同じく技術のある写真家はフリーで働いていても十分な収入でした。実は私の友人がずっと撮影の仕事をしていたのです。でも今は写真家を辞めて働いています。それだけ厳しい時代になりましたが、続けていらっしやるのですからスゴイですね。確かに写真家と言えば自由業です。年収はそこそこでも毎月安定した金額ではありません。キャッシングを申し込む時に大丈夫かなって思ってしまいます。

最近は消費者金融でも銀行でも手軽にキャッシングができる無担保で保証人なしのカードローンが人気です。たとえ学生でもアルバイトで収入があれば上限限度額はさておき、キャッシングができるのです。ですから収入がなければ審査が通過しません。サラリーマンでしたら会社名を記載して、本人確認が取れればすぐにOKです。自由業の人の場合は確定申告をされているでしょうから、そちらを収入証明書がわりに提出すれば大丈夫でしょう。もちろん赤字では駄目ですけどね。

それと当然ですが、過去に金融トラブルが合った場合もキャッシングが受けられない事もあります。私の友人も儲けていたころは羽振りも良かったのですが、お金があるのに支払いがルーズでした。今は勤め人ですが、ある時クレジットカードを申し込んだら、審査が通りませんでした。本人もわかっているのでサバサバしてましたけどね。あなたはそんな事はないと思いますが、キャッシングをしても返済期日だけは守ってくださいね。

自由業の人がキャッシング契約する際は年収証明書の提示が不可欠

暮らしの中で生じた様々なお金の必要性を埋めるにあたって、消費者金融が提供するキャッシングローンはとても手軽に助けの手を差し伸べてくれます。世の中にはサラリーマンから自営業、専業主婦やアルバイトまで様々な人が存在しますが、とりわけ自由業という職業は月々の収入が安定せずどうしてもムラが出てしまいますので、時にはお金が不足して生活費を圧迫したり、必要な支払いが滞ってしまうケースもあるでしょう。こんな時でもキャッシングが手軽な申し込み手続きと迅速な融資システムで利用者の不便を的確に補ってくれます。
(⇒自由業が特に融資が必要な理由

このキャッシングとは、インターネットや電話、店舗窓口からの申し込みによって審査が行われ、融資の実施が決まるとすぐさま銀行の預金口座に希望融資額を振り込んでもらえる融資方法です。申し込み時には主に氏名、住所、年齢、職業、勤務先、年収、勤続年数をはじめとする必要事項から、同居家族やその職業、住居の形態、他社からの借り入れの有無など多岐にわたります。審査ではこれらを精査して融資額にふさわしい経済力や返済能力を備えているかを入念にチェック。さらに身分証明書や年収証明書を確認して記載事項に偽りがないかを確認します。

職業に関しては自由業という立場の不安定性ゆえに企業に勤めるサラリーマンや公共機関に勤める公務員などに比べると与信面においてポイントが低くなるのは避けられません。さらに貸金業法では借り入れ限度額の上限を年収の3分の1と定めていますので、源泉徴収票や確定申告書など年収を証明できる書類をきちんと提示することで融資希望額よりも年収の3分の1が上回っていることを証明する必要があります。

その上で、信用機関への照会を通じて過去の借り入れに問題がなかったかがチェックされ、さらに自宅への電話確認を行った上で最終的な融資の可否が判断されます。(参考ページはこちら→融資審査に落ちた場合はどんな問題があった?

また、仮に審査に通過できたとしても、自由業の場合にはその融資額が望んだような額に充たないこともしばしばあります。そんな時にはあえてその額の範囲内で借り入れと完済を地道に繰り返していくことが必要です。そうやってこまめに信用度を高めていくことによって、自ずと融資限度額も引き上げられていくことでしょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY