> > > キャッシングの申請は源泉徴収票だけ?

キャッシングの申請は源泉徴収票だけ?

キャッシングの申請は源泉徴収票だけ?

キャッシングの申請って、源泉徴収だけでいいの?…というか、収入証明の要らない融資なんてあるけど、収入証明が必要な融資とそうでない融資って?できれば源泉徴収票も使わないほうがいいんだけど。
(⇒融資の申し込みで用意する物をチェック

源泉徴収票が必要な場合って増額のときぐらいだわ

消費者金融で源泉徴収票が必要な場合のほとんどが増額の申請のときじゃないかな。消費者金融で借入れするときってほとんど収入証明が必要ないと思うんだけど。わたしの友達でも借り入れをするときは、身分証明書ぐらいでよかったわよ、専用アプリを使って。申請書はあったけど、記入する以外に何も無かったような。少額の融資だったから、面倒な書類は無かったような気がするな。

しかも、大手のインターネットバンクの融資を受けるのだって、少額なら収入証明は必要ないはずだし。このカードはわたしも持っているんだけど、収入証明の提示なんて無かったわよ。もし、借入れ希望額が大きいようであれば、少し要注意かもね。総量規制なんかにかかるような高額融資になると、きっと収入証明が必要になるようだけど、審査も目的用途によっては通らない恐れもあるし。
(⇒金融業者によって必要な物も変わってきます

そうそう源泉徴収票の話がでたから、そういう収入を証明するような書類を提出した友達に聞いてみたんだけど。彼の場合、お給料がアップしたと同時に増額したらしいのよね。給料が上がったので増額しても借入れすることができたんだけど、これって収入の3分の1を超えることが無かったからね。100万以上の借入れをすると、源泉徴収票が必要になるの。源泉徴収票以外にも収入を証明確実に証明できる、公的にも認められたものであるといいわ。

でも給料がこれだけ良いからって、借入れにばかり頼るのは問題よ。借金って結局後払いだし、利息が付くし返済のために入金の手数料なんかかかっちゃうと、すべて合わせても結構な額になるわよね。どうしても今必要なものや、どうしても現金が必要なときって、何も前ぶれなくあるわけじゃないから、何か衝動にかられて現金が必要なときは、いったん本当に必要なものかどうか考えたほうが良いかもしれません。どうしても欲しいものを安く手に入れることも、情報通にもなれるし、賢いお買物ができていいんです。

源泉徴収票を取り寄せなくても借入れる方法としては、新規で新しくカードを作るという手もあります。しかし、カードを持ちすぎて審査がきっと通らないだろうと分かっていて、源泉徴収票を出さなくならざるを得ないほど借入れを考えているのであれば、債務の整理を考えたほうが得策で負担から開放される近道だと思います。返済のための消費者金融から融資を受けようと試みても、審査の段階でバレてしまいます。返済余裕がなければまともな消費者金融は融資することがないからです。借金に困って借金をしたくなければ、無料で相談窓口を設けている自治体もあります。債務のことで相談にのってくれる弁護士がいますので、そちらに相談をするのも良いですよ。
(⇒融資審査では隠し事は無理?

源泉徴収票だけを出しておけば在確なしでキャッシングできます

キャッシングの申込、審査には身元の確認が一番重要です。無担保、無保証人で本人の信用だけで融資するのですから、本人である事の確認は何よりも重要になります。

その本人確認は運転免許証などの身分証明書が必要な以外に、勤務先の確認があります。これは自営業も含めて何らかの形で行われるもので、確実の勤務先に在籍している事を確認します。一般的には金融会社の社員が個人名で電話をして個人的な用件である事を伝えて取次ぎを頼むのですので、消費者金融などのキャッシングの申込をしている為の在籍確認とはわからないのですが、それでも勤務先に電話がかかってくるのを嫌う人がいることも確かです。

しかし最近になって今まで必須であった電話の在籍確認を省略した金融業者が増えてきています。これは業者からしても一般的な会社の営業時間をまって在籍確認する必要がなくなり、インターネットや無人契約機での24時間申し込みを上手く生かす事が出来るのでメリットのある事です。しかし単純に在籍確認を省力する事は出来ません。

そこでその勤務先に勤務していなければ入手できない書類を提出してもらって、在籍確認とするのです。例えば源泉徴収票だけあれば在籍確認と収入証明書の提出を両方すますと言うようになってきています。あるいは会社名の入った健康保険証などです。この様に書類でも今現在その勤務先に在籍していなければ入手できないような物の提出で在籍確認とするのをはじめているキャッシングが銀行系にも消費者金融にも出来始めています。

もちろん今まで通り電話での在籍確認でもいいわけですが。会社へ電話がかかってくるのに違和感があって申込を諦めていた人も多くいるようですのでそういう人にはとても便利な新しい仕組みと言えます。ただしすべての金融業者が行っているわけではないので、電話での在籍確認が省略できるかどうかあらかじめ確認してから申しこむのが良いでしょう。源泉徴収票などの書類はいずれ借り入れ金額が増えれば必要になる物ですので先に提出しておくのも良いでしょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY