> > > 信販会社のキャッシング専用カードってありませんか?

信販会社のキャッシング専用カードってありませんか?

信販会社のキャッシング専用カードってありませんか?

信販会社って、クレジットカードとか車のローンを提供している会社なんですよね?だったら、銀行とか消費者金融が発行しているキャッシング専用のカードまでは取り扱っていないのでしょうか?

信販会社は先ほどお話したように、私の中ではクレジットカードなど以外は扱っていない会社という感じになっています。でもクレジットカードや分割ローンを良く使う事がある私の身としましては、銀行とかよりも信販会社の方が安心できる感じがあるのです。メールや電話にて質問した事もあるのですが、とても丁寧な対応をしてもらったので、それが今でも印象に強く残っているからかもしれません。

だから、出来れば信販会社のキャッシングカードを持ちたいのですが、そんな物は無いのでしょうか?クレジットカードにキャッシング機能をセットできるのは分かっているので、案外用意していそうな印象があるのですが…どうなのか是非とも教えて下さい。

キャッシング専用カードを扱っているところもあります

クレジットカードのショッピング機能は要らないから、キャッシング部分だけ欲しい…あなたがお望みなのは、大体こういうことなのよね?クレジットカードの融資機能も信販会社が担当しているという事なら、その融資部分だけを切り取ってサービス提供をして欲しい…そう望む人が居ても不思議では無いくらい、融資というサービスは多くの人が必要としているのもの。

信販会社のホームページとかに行くと、どうしても目立つのはクレジットカードになっているからキャッシング専用のカードが目に入らない事だってあるわよね。だけども、融資だけのカードに需要があるし提供できる地盤があるのに、何もしないというのは勿体ない話よね?

信販会社にも、きちんとキャッシング専用のカードを発行しているところはあるのよ。キャッシングカードというくくりでいえば、銀行や消費者金融の同じ物と思って良いくらい操作性は変わらないわね。金利という融資に重要な点で言えば、消費者金融と銀行の中間くらいの数値になっているから、それが良いか悪いかは意見が分かれるかもしれないけど、普通に使う分には不便に感じる事も無いでしょう。

ただ、メインがクレジットカードであるように、普段あまり融資を受けず、尚且つカードでの買い物をする事が良くあるというのなら、キャッシング付きクレジットカードを作る方が何かと便利よ。融資もよく使うなら買い物専用のカードと融資専用のカードの二枚持ちの方が良いし、買い物をしないなら融資専用カードだけ作る…みたいに、選択肢が多いのも信販会社の特徴と言えそうね。

信販会社のキャッシングは総量規制に該当するのか

信販会社は主にショッピングクレジットを取り扱っているところであり、クレジットカードのラインナップの多さが特徴となります。クレジットカードで支払いを行えば、ポイントが付与されるなど、魅力的なサービスや特典を受けることができます。信販会社ではキャッシングも行っている場合が大半で、クレジットカードに機能が付いていたり、キャッシング機能だけのカードを発行している会社も存在します。

ここで考えたいのが、信販会社のキャッシングは貸金業法が適用されるのかについてです。貸金業法には総量規制というものがあり、利用者の年収3分の1を超える融資は行えないとする規制があります。これが適用されるのは貸金業である消費者金融で、貸金業ではない銀行は総量規制の対象外であるというのはよく知られていることです。

では信販会社だと、どちらの立場になるのでしょうか。厳密にいえば信販会社は貸金業ではありませんので、貸金業法は適用されないと思われがちです。しかし実際のところ、信販会社はキャッシングサービスに関して貸金業の権利を与えられて取り扱っているために、貸金業法の総量規制が適用されることになります。
(⇒金融業者の区分について

但し、総量規制の対象となるのはあくまでもキャッシング利用の範囲内に関してです。ショッピングクレジットは総量規制の対象外であり、年収の3分の1を超えても可能ですから、その点を十分理解しておくとよいでしょう。そのことを考えると、ショッピングはクレジット機能を、その他の入院費用や学費などにはクレジット機能をと使い分けて利用するのが賢い方法となります。クレジットカードには、このような便利な使い方が備わっているという特徴があります。

これら特徴を知れば、信販会社が銀行と消費者金融の中間くらいの立場であると、よくいわれている理由が理解できることでしょう。ご自分の利用目的を把握した上で、どの会社のカードを作るべきか考えてみるのも面白いものです

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY