> > > クレジットカードとキャッシングなら学生に有利なのはどっち

クレジットカードとキャッシングなら学生に有利なのはどっち

クレジットカードとキャッシングなら学生に有利なのはどっち

単純な質問かも知れませんが、学生のクレジットカードとキャッシング利用については、どちらのほうが学生にとって有利なのでしょうか?メリットになるような情報を踏まえて解説して頂けると助かります。

また、クレジットカードとキャッシングについてですが、学生のクレジットカードとキャッシングでは何が違うのでしょうか?成人になってからクレジットカードを持つのとはどう違うのかについてで、焦点を絞るように案内していただけると嬉しいです。それと、クレジットカードについてですが、未成年でも持てるようになっているというのは本当でしょうか?こちらについても興味がありますので教えて下さい。

学生はクレジットカードを持つのが理想です

あくまでも個人の使ってみた感想となりますが、メリットが多いのは学生ではクレジットカードとなります。クレジットカードで学生用のものについては、学生用のライフカードなどがありますが、特典として利用をしているとポイントが溜まりやすいというメリットがあります。それだけでなく、クレジットカードであれば小さな金額の買い物についても利用できるようになっていますので、キャッシングとは大きな違いがあったりするのは確かです。

キャッシングの場合は、決められた金額とローン回数で購入をしなければなりません。また、1回払いであってもローンの金利については同じになっているようなケースまでありますので、ローンの金利である利息分の支払が辛い人にとっては嬉しくないでしょう。しかし、クレジットカードであれば、そのような場合に金利が発生しないか低金利となるサービスが充実しています。サービスについては、登録などをしないでも標準で登録されていますので、後はクレジットカードを用いるだけでいいです。

最後に、クレジットカードとキャッシングで未成年で持てるようになっているのは、クレジットカードのほうです。正確には18歳以上で収入がある方となっていますので、学生のクレジットカード利用というのは、アルバイトなどをされている人であれば問題ないというわけです。また、小技として「家の仕事を手伝って収入を得ている」ような形式であっても契約は結べます。将来的にはアルバイトを見つけるけど、とりあえずクレジットカード契約を結びたいという場合には、そのようにして対処されるのも1つの手段でしょう。クレジットカードの審査では、基本的に本人確認のみが行われる点でもキャッシングより使いやすい所以になっています。(参考ページはこちら→融資審査で見られている部分

学生でも利用できるクレジットカードのキャッシング枠

学生でもまとまったお金が必要になることはあります。その際、考えるのは親からの援助、アルバイトだと思います。

しかし、これからはクレジットカードのキャッシング枠も考えて良くなっています。学生は無職扱いとして金融機関や消費者金融から判断されることが多く、各種ローンは利用できないと言われてきました。利用する際には親が保証人になるか、親のクレジットカードなどの家族会員として登録する必要がありました。

しかし、最近の各種ローンでは職業による選別が行われていないこともあり、学生でもアルバイトである程度の年収があるならクレジットカードを持てるようになってきています。また、年収やカードの利用年数によってはキャッシング枠も設定されることも珍しくありません。学生がクレジットカードの審査を通るようになったのは職業による選別が行われなくなったからと言われていますが、ではどの程度アルバイトで収入があれば良いかといえば各種カードの最低利用額と言われる10万円以上使えるようになっていれば良いようです。(参考ページはこちら→融資と年収の目安

10万円を利用するためには年収で20万円あれば問題なく、また、キャッシングについては3倍の収入があれば良いと言われるので30万円以上の収入があれば問題無いということになります。学生であっても月に数万円のアルバイトは可能ですから1年以上働いていれば親の保証なしにカードを持てる可能性があることになります。

ただし、未成年の場合は収入があっても親の承諾が必要になります。キャッシングについては他の借り入れがなければ収入だけで判断されますが、クレジットカード機能だけなら他の借り入れがあっても所得に応じて利用額が設定されることが多く、キャッシングよりは審査が緩いと言われています。他の借り入れについてはカードローンなどの借り入れが注視されますが、奨学金や車のローンなどについては考慮されないことが多いので奨学金を借りたからカードが作れないということはありません。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY