> > > どれくらい短期間でキャッシング申込みをするといけませんか

どれくらい短期間でキャッシング申込みをするといけませんか

どれくらい短期間でキャッシング申込みをするといけませんか

お金を借りようとキャッシングを申し込んだのですが、審査に落ちてしまいました。ちょうど転職してすぐだったのが審査に通らなかった理由かな?と自分なりに分析しています。ちょっとお金が必要なのでできるだけ早くキャッシングを利用できるようにしたいのですが、あまりにも短期間の間に申し込みを複数の会社に対して行うと逆に借りづらくなると聞きました

この前審査に落ちたキャッシング会社には2週間ほど前に審査の申し込みをしました。同じ会社でも別の会社でもどこでも借りられればいいやと自分では思っているのでこだわりはありませんが、どれくらいの期間をあけてキャッシングの審査を申しこめばいいでしょうか?

可能であれば3ヶ月くらいはあけるほうがいいですね

もし可能であれば、3ヶ月くらい間をあけておけば安心だと思います。より慎重に考えるのであれば半年くらいあけてもいいかもしれません。ただ、質問者様の場合は転職してすぐということですから、多分年収が記載した通りに安定しているのかわからない点がマイナス要素になったのかもしれません。それ以外は問題がないようでしたら、1ヶ月後くらいでも審査に通るかもしれませんね。

質問者様が考えていらっしゃる通り、あまりにも短期間につめて複数の会社に申し込みを行うのは審査の中でマイナスになる可能性があると言われています。お金を借りたいから申し込むのに変な話だと感じられるかもしれませんが、あまりにも必死にお金が必要に見える人にはお金を貸してくれない傾向にあるみたいなんですよね。まあ、実際自分たちの周りで短期間の間にいろんな人にお金を貸してくれないか?って聞いて回るような人がいたら「あの人よっぽどお金ないのかしら、必死だな…」という感想を持つことが多いかと思いますから、自然な感じ方ではあるのかもしれません。

もし次に審査の申し込みをする場合、1社では心配…と思うかもしれません。その時は複数の会社に「同時に」申し込むという手もあります。1社目に落ちて、その後に2社目に申し込みとなると2社目が情報を閲覧したときに1社目に申し込んだことがはっきりとわかります。しかし、同時であれば1社目、もしくは2社目の情報が登録される前に情報を閲覧することになりますのでマイナスになりにくい…というわけです。

転職から時間がたち、ある程度年収のめどがついているような時期であれば問題なく借りることが出来ると思いますので、そこまで慎重になる必要はないかもしれませんが、念のための豆知識として覚えておいても損はないと思います。

短期間で、複数のキャッシング申込み、有効か

現金が必要になった時、コンビニATM等から、すぐに必要な現金を借りる事ができて便利なのが、キャッシングです。利用をする為には、業者の審査を受ける必要があります。この審査の際に、その人の年収や雇用形態、その他、様々な条件、そして希望額を元に、限度額を設定する事になります

現在、消費者金融は、年収の1/3を超えて、借入をする事ができないという総量規制の対象となっています。ですから、限度額は、最大で年収の1/3までとなるのですが、最初の審査で、いきなり年収の1/3が限度額に設定される事はありません。最初の審査の時点では、50万円以下の少額が限度額として設定されます。

ただ、業者が設定する限度額では足りないという場合、増額の審査を受ける事になるのですが、同じ業者で受ける場合、半年から1年程度の利用実績と、返済実績を作ってから審査を受ける事が重要になってきます。

ですが、それだけの期間を待たずに、限度額を増やしたいと考えた場合、他の業者のキャッシング申込みをすれば良いと考える人もいるでしょう。ですが、短期間での審査は、あまりお勧めできません。担保や保証人を必要とせず利用出来るキャッシングというのは、信用によりお金を貸してくれるサービスです。

消費者金融等で契約をし、借入を始めれば、その事はリアルタイムで信用情報に書き込まれます。その信用情報は、次に審査を受ける業者も確認する事になります。キャッシング申し込みをする少し前に契約をし、借入を始めたばかりの人が、更に借入をしたいという状況は、業者から見て、信用できる人の行動には見えない可能性が高くなります。

限度額を増やす為に、他の業者の審査を受ける人は珍しくありません。ですが、短期間で複数の業者の審査を受けるというのは、あまりお勧めできません。借入をし、問題なく返済を行い、その状態で、他の業者の審査を受けるようにする方が、審査落ちの可能性を減らす事が出来ます。(参考ページはこちら→融資審査落ちの可能性をもっと減らす

【参考ページ】
たくさんお金を借りたいなら増額を優先しよう

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY