> > > キャッシング増額のための審査に備えてできることは?

キャッシング増額のための審査に備えてできることは?

キャッシング増額のための審査に備えてできることは?

キャッシング増額のために審査を受けるときに、多くの人は私も含めてキャッシング増額申請だけを行って、その後は特に何もしていないと思います。もちろんその前にも普通に借入をしている位のもので、なにか特別なことを増額申請のためにやろうとはしていません。

ただこの普通にしていて増額申請をするというのがあまり良くないというのであれば、キャッシング増額申請をする前になにかした方が審査が通りやすくなるというような事はあるんでしょうか。それとも今までどおり何も考えなくてもいいのでしょうか。(参考ページはこちら→融資審査に通りやすくするには?

キャッシング増額の審査の前にちゃんと実績を作っておく

これはまぁ意識をしておいたほうがいいけれども、できないんだったら仕方ないというレベルのものですので、そこまで厳密に考えなくてもいいかもしれません。ただし知っているとうまくいく可能性が増えるかもしれないので、キャッシング増額の審査の前に考えておいたほうがいいかもしれません。何をと言うと審査の前にちゃんと実績を作っておくということを意識することです。

実績と言っても何かわからないかもしれませんが、借入をたくさんしたという実績、そしてそれを問題なく返済してきたという実績、この2つを作っておくということです。極端な話を言えば、これがたくさんある人のほうが年収が倍ある人よりも借り入れできる増額申請の審査が通りやすくなる可能性がある、ということです。これは大きな違いですから気づいたらやっておくべきでしょう。

増額申請をする前に、よくあるのが2,3回だけ借入をして返済をしたら可増額できるものだと思って審査をお願いするというものです。たしかに最初の枠というのは小さいのでもっとほしいと思うでしょうけれども、たったそれだけでは枠を大きくしてもらうことは難しいでしょう。10万円程度なら大きくなるかもしれませんが一気に増やすことにはつながりません。

だから少し借りては返済し、大きく借りては少しずつ返済していくというような実績を作ることによって、大きく変わるようになるということです。かなり通り安さは変わってきますので、審査を受ける前にしておくことといえば、この実績作りということになるでしょうね。

何も考えずに申し込みをして、増額申請が通ったというのであれば、それは意識せずしてたくさんの実績を作れているということになるかと思います。ちゃんと返済をする人だというように考えてもらえる様になれば、それだけで総量規制の上限枠まで借りられるようになるというところも多いので、実績作りは意識して行っておきましょう。
(⇒総量規制の制限について

キャッシング増額の審査で重視されるポイントとは

銀行などの大手の金融機関では、キャッシングなどで借入をする際には、厳格な審査が行われます。また、消費者金融系の業者の場合は、審査基準も緩く設定されている事が多くなり、お金を借りることが容易になるケースが多いのです。

このような融資条件の違いから、消費者金融系の業者などでは、融資限度枠を大きくしてもらいやすいという傾向もあります。このキャッシング増額を希望する方の場合は、業者からのメールでの申し出や、電話連絡によって増額の希望を聞かれる事が多くなります。業者側からの申し出があれば、このタイミングで増額の申請を行えばキャッシング増額をする事が出来るのです。この業者からの通達は、幾つかの条件を満たす優良な顧客に申請を促すもので、返済状況やサービスの利用履歴などを検証して行われます。

このキャッシング増額の際に行われる審査の内容は、幾つかのポイントが重視される事になります。このキャッシングの増額審査では、基本的な項目としてキャッシングの契約から、現在までのサービス利用において信用情報で借入総額が年収の三分の一を上回って射ない事が条件となります。また、現在までの返済状況も検証され、問題が無ければ増額の申請が行えるようになっているのです。さらに、重要なポイントとしては、サービス契約から経過した期間が重要な要素となり、一定の期間が経過している事が条件となるのです。

このキャッシング枠の増額では、幾つかの審査項目が重要な要素となりますが、これら年収に関連する項目や、サービス利用に関するポイントは、業者がキャッシング増額の際に最も重視する条件である為に、予め把握しておく事が重要になるのです。そして、この借入総額が年収の三分の一以上となっている場合でも、銀行からの融資は規制の対象外となり、キャッシングの限度額の増額には影響を与えない為に、このようなポイントも理解して増額の申請を行う事が重要になります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY