> > > どんな方法でも65歳以上はキャッシングは不可能か?

どんな方法でも65歳以上はキャッシングは不可能か?

どんな方法でも65歳以上はキャッシングは不可能か?

使っている消費者金融があるんですが、あまりみないその業者の利用に関する注意事項などを見ていると、年齢制限が65歳というように書いてありました。こういう会社って多いのかなと思いますが、こういう風に年齢制限が書いているって言うことは、基本的に私が使っている消費者金融では、65歳以上はキャッシングは不可能かというと、難しいんでしょうか?(参考ページはこちら→高齢者と融資の現実

もしかしたら他の業者を利用すれば65歳以上はキャッシングは不可能かと思われていたけれども、借りられるということがあったりするのでしょうか。どうなっているのか、教えてください。

年齢制限を超えてキャッシング出来る方法はいくつかある

65歳までしか使えないというキャッシングは少なく無いですよね。大手なんてほとんどそんな感じで書かれているかと思うので、大手を利用するときには65歳まで、定年延長までなんだろうなと思うでしょう。しかし裏技というわけではありませんが、こういう年齢制限を超えて借り入れをするための方法というのは、いくつか存在します。それらを使えば何歳でも借りられるでしょう。

まず一つが担保付きのキャッシングをすることです。一般的な大手の消費者金融と言うのは無担保無保証人での借入というのが原則になっていますが、中には商品として担保付きローンというのを扱っている大手もあります。この場合、借りられる金額も大きくなるし金利も下がるし、加えて借りられる年齢というのも高くなることがあります。65歳以上でも可能なところもあるでしょう。

2つ目が中堅・中小の業者を利用するということです。大手の業者を中心として使っている人にしてみれば、中小や中堅の業者は危険だから使いたくないと思うかもしれないですが、実はそんなこともありません。そして年齢制限も甘くて70歳を超えても貸してくれるところがいくつかあります。もちろん担保や保証人もいらないですから元気な高齢者の人にはもってこいだと思います。

3つ目が親子ローンです。これは住宅ローンなどでよく行われている手法ではありますが、親子ローンを使うということです。親子ローンというのは親が借りて返済は親もするんですけれども、子どもにまたがって行われるというものです。この場合かなり大きな借り入れが可能になりますから、キャッシングでも保証人として子どもが名前を書いたら行うことができる場合もあります。

キャッシングでも一応は65歳以上はキャッシングは不可能か?というとそうではなくて、いくつかの方法を使えばできるのです。それらを知らないだけであったり、大手にこだわりを持ちすぎるとなかなか厳しいんですが。

65歳以上はキャッシングは不可能か調べてみよう

キャッシングを利用すると、早ければ即日にも融資を受けることができますが、まずは利用できる条件をよく確認しておきましょう。キャッシングの場合は担保の用意は必要ありませんが、やはり審査はあり、その人に返済能力があるかどうかを調べられることとなります。審査では現在の収入や借入状況、過去の金融機関の利用で問題がないかなど様々な面で審査されることとなります。

まず、安定した収入があることは条件で、この場合はパートやアルバイトの場合も安定した収入があれば利用できることが多いものです。それから、キャッシングは年齢制限もありますので、こちらもよく確認しておきましょう。

キャッシングの場合は未成年には対応しておらず、満20歳以上からの利用が一般的となっています。とはいえ、20歳以上であれば誰もが利用できるというわけではありません。年齢が高い方の場合は、すでに退職されていることも多く、それゆえに高齢者の方に対応していない業者は少なくありません。

65歳以上はキャッシングは不可能かということとなりますが、65歳以上になるとお金が借りられないというわけではありません。業者によっては65歳までとなっている場合もありますが、69歳、70歳ぐらいまで対応している業者も多く、そうした業者であれば利用できることは多いものです。

それゆえに、年齢の高い方の場合は、まずは年齢制限についてもよく確認しておきましょう。収入が安定していて、返済能力がある方の場合も年齢の条件に合わない場合はその金融機関では融資を受けることはできません。

そして、年齢制限内であっても収入に問題があれば利用できない場合もありますので、こちらも確認しておきましょう。65歳以上でもまだ仕事を持ち収入を得ている方もあれば、年金のみで生活されている方など収入についてはそれぞれ違いがあります。業者によっては年金収入のみでは利用できない場合もありますので、こちらもよく確認しておきたいところです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY