> > > 転職直後にキャッシング増額できた人っています?

転職直後にキャッシング増額できた人っています?

転職直後にキャッシング増額できた人っています?

キャッシングをするときに気をつけておいたほうがいいものといえば転職ですよね。転職をしてしまうと、最近だとどんどん収入が少なくなってしまうから、そのような収入が少なくなったら借入も難しくなるっていうことであんまり転職直後にキャッシング増額に成功している人は少ないっていうのを聞いています。(参考ページはこちら→収入は融資審査に直結する?

やっぱり転職直後にキャッシング増額ってしないほうがいいんでしょうか。成功確率が低いんだったら、また仕事をいくらかして待っておいたほうがいいんでしょうけれども、どのくらい待っておいたほうがいいんでしょうか。
(⇒融資の増額タイミングを考える

転職直後のキャッシング増額よりも半年後のほうがいい

これは業者側の考え方にもよるんで、必ずしもそうであるとはいえないんですけれども、転職直後のキャッシング増額というのはあまりいいものではありません。成功する確率も低いのでやらないほうがいいかと思います。では成功させるためにはどうするか?ですが、転職をしてから大体半年くらい待った後に行うと成功確率が高くなると言われているので少し待ってから行いましょう。

大体なぜこのように転職直後というのはキャッシング増額が難しいかですが、キャッシング業者の立場としては「この人増額申請したけれども転職したばっかりだな。そのままやめてしまうという可能性もあるから、増額申請はしづらいな」と思うのです。つまり今まで長く働いてきたという実績がその会社においてはないので、直ぐにやめてしまって返済に困る可能性を気にするのです。

だからこれはキャッシング増額だけでなく、実はキャッシング業者を新たに使おうと思って、申し込みをするときにもかなり厳しいと言われていたりします。申し込みをするときにもできるだけ転職直後ではなく、少し待ってからのほうがいいのです。転職してからだいたい半年くらい経過すると、多くの業者では「この人はすぐに早めないだろう」と思ってもらえるといいます。

なのでキャッシング増額についても半年間は待ったほうがいいでしょう。もちろん必要ないのであれば早めではなくもっと待ってからやったほうが業者側としては安心できるので1年や1年半くらいは待ってからやるというのもひとつの手です。転職直後が厳しいというのはパート・アルバイトでも正社員でも、派遣社員などでも同じです。(参考ページはこちら→融資審査と仕事内容

キャッシング増額が成功した人が少ないというのはそのとおりですが、中には成功している人もいますので、確率はゼロではありません。少しでも確率を上げたいのであれば、出来る限りキャッシング増額については転職直後を避けるというのがいいというわけです。

転職直後にキャッシング増額する方法とは?

あると便利なカードローン。カードがあれば提携のATMや、キャッシュディスペンサーなどから簡単に借り入れできます。転職直後は色々とお金が不足するかもしれません。そんな時こそキャッシングでしのぎたいですよね。転職直後にキャッシング増額は可能なのでしょうか。

結論から言うと正直難しいようです。というのは審査の項目の中に、勤続年数があるはずです。どこの企業でもこの勤続年数を重視するようなのです。具体的には少なくとも、今勤めている会社に1年は勤めていないと難しいのです。今の会社の方が給料がいいとしても、年収は前年度で計算されるので、増額は難しいというのが答えなのです。ただし、絶対に無理というわけでもありません。これまで借りては返すという実績を作ってきたなら、もしかすると増額できるかもしれません。というのはその実績によってあなたに返済能力があるとみなされるからです。その場合は増額が認められる可能性も高いのです。

しかし、実際そこまでの実績を作っている人は、そうそう多くはないようです。どんな理由であれ、転職をした後1年くらいは増額は難しいと考えておいた方がいいでしょう。もしかすると増額どころか減額される可能性もあります。自己実現やキャリアアップのために転職をするのなら、自分の預貯金をよく考えてからにしましょう。それ位考えられないでは、先が全く読めていないので、その転職先でも成功は難しいかもしれません。増額もいいですが、その前に自分の将来をよく考えるべきです。

転職直後にキャッシング増額は難しいということはわかったでしょうが、そもそもキャッシング増額自体が難しいのです。いくら年収が高くても、借りては返す実績がないとそうそう増額の申し出を受けてはもらえません。逆に借りては返すの実績を作れば、こちらから申し出なくても企業の方から増額の案内が来ることもあるのです。それはあなたに返済能力があるとみなされた証です。そのタイミングで申し込めばうまく行く可能性は高いのです。
(⇒増額するなら慎重に

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY