> > > 年収640万のお金持ちはやっぱりキャッシング額残高ゼロ?

年収640万のお金持ちはやっぱりキャッシング額残高ゼロ?

年収640万のお金持ちはやっぱりキャッシング額残高ゼロ?

大体お金持ちの人って本当に羨ましいなと思います。普通キャッシング額ゼロの時もありますけれども、磁性ではどこかでお金を借りたりしないといけないときもあるじゃないですか。だからキャッシング額がゼロではなく数十万になったりすると思うんです。

でも年収640万円もある友人がいて、そういう友人はやっぱり裕福なんだろうなと見ていて思います。年収640万円もあればお金持ちですし、借りられる額も多いでしょうけれども、裕福でキャッシング額なんてゼロですよね、やっぱり。
(⇒やっぱり年収は融資で最重要?

実はお金持ちもキャッシングしているというデータはある

最近、銀行系カードローンというものが出てきて、消費者金融よりも人気になっているというのは借入をしている人なら知っていると思います。この銀行系カードローンの調査によると、最近ではお金持ちの人であってもキャッシングをしているというデータが出てきているのです。それこそ年収640万円以上の人たちでもキャッシングをしていると言うデータが有ります。

もちろんそういう人たちは消費者金融ではなく銀行系カードローンを選んでいるようなんですけれども、それでも銀行系カードローンを使う必要が一見ないような人たちでも、実はこのように利用していると言う事実があるのです。利用している人たちの利用目的というのは人によって様々ですが、投資のためという人もいれば教育のためという人もいるようです。

また見栄のために使わないといけないという時もあるといいます。キャッシング額はそこそこ借りられますから母親同士で集まった時にみすぼらしく見えたりしないようにとあえて借入を使って集まったりするというようなことも必要だったりするようです。高級なマンションに住んだり進学校に子どもがいると、どうしてもそういうお付き合いの出費がかさむとのことです。

もちろんそういう人たちの中には年収640万円くらいの人もいるでしょうが、周りはもっとたくさんのお金を稼いでいる人たちもいます。そうなるとお金持ちではなくお金を持っていない扱いになってしまい、肩を並べるためにはそれ相応のキャッシング額が必要になるわけです。だから貧乏な人たちとは違うと思っていたら、以外にキャッシングもして苦労している人は多いのです。

悩んでるレベルも違うかも知れないですけれども、借金をしてまで生活をしないといけないのはお金をいくら稼いでも同じだということなのかもしれません。年収640万円くらいで羨ましいと思うかもしれませんが、友人もかなり苦労していると推測できますので、苦労をわかち合ってあげてください。

年収640万の人のキャッシング額はどのくらい?

キャッシングを利用する際、自分がどれだけの金額を借りる事ができるのか気になる所です。キャッシング額の限度は、利用する金融機関や場合によって変動があります

まず、注意しなければならないのは、総量規制です。総量規制とは、個人の借入の限度額は年収の3分の1までである、という貸金業法内の法律です。貸金業の代表である消費者金融で融資を受ける場合、総量規制によって借入の限度額が決定されます。これは一つの会社だけに限った話ではなく、契約している全ての会社の借入総額となっています。ある会社で借入をし、他の会社でも契約をする場合は、二つの会社で合わせた借入総額の限度が年収の3分の1まで、という事になります。

ただし、この総量規制には例外があります。例えば、急に高額な医療費が必要になった場合や、配偶者の年収が多く、借入総額が2人の年収の3分の1未満になる場合等です。これらも通常であれば総量規制の対象になります。しかし、限度額いっぱいまで借入を行っている状態で、例外の事柄に当てはまる融資を行う場合は、限度額を超えてお金を借りる事が認められる時もあります。

貸金業法が適用されない、銀行等の金融機関で借入を行うならば、総量規制の対象にはなりません。貸金業以外には総量規制のような法律がないので、限度額に制限がないのです。ただ、忘れてはいけないのは、キャッシングを利用するためには、事前に審査を受けなければならない、という事です。あまりに無茶な金額を提示したとしても、審査に落ちてしまう可能性が高くなるので気を付けましょう。

これらの事を踏まえて、年収640万円の人のキャッシング額の限度について考えてみます。消費者金融から借入を行うのであれば、年収の3分の1である約213万円になります。総量規制の例外に当たる事柄の場合は、すでに213万円借り入れした場合でも融資を受ける事ができます。また、銀行等の貸金業以外でキャッシングをする場合は、審査に通る事ができれば制限は無い、という事になります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY