> > > 中小企業の経営者や個人事業主でもキャッシングで借り入れ可能?

中小企業の経営者や個人事業主でもキャッシングで借り入れ可能?

中小企業の経営者や個人事業主でもキャッシングで借り入れ可能?

自営で仕事をしています。ここ最近は売り上げが悪く、今月はついに赤字が出てしましました。もともと自己資金のみで始めたので事業資金は無借金です。しかし、貯金やプール金があまりなく赤字の穴埋めをどうしようかと悩んでいます。事業資金として融資を受けるほどではないし、今の経営状態で融資を受けられるとも思わないのですが一時的に穴埋め程度のお金を借り入れできないかと思っています。
(⇒事業者向け融資の基礎

もしくは、私が個人的にキャッシングローンを借り入れて穴埋めしようかとも考えたのですが、自営業者は審査に通らないと友人から聞いて悩んでいます。少額でいいので中小企業の経営者や個人事業主でもキャッシングローンは借り入れとかできるのでしょうか?(参考ページはこちら→どんな職業だと融資に通らないの?

中小企業の経営者や個人事業主でもキャッシングで借り入れ可能?

キャッシングローンは事業や事業性のあるものを目的とした借り入れはできません。また、キャッシングローンは安定した収入がある方が条件となっていて自営業者は会社の売り上げと収入が直結していることや法人の代表であれば会社もし倒産した場合に責任をすべて受けないといけないという点で不安な職業とみなされているので審査は通らないですね。中小企業や個人事業主は特に不安定だと判断されます。(参考ページはこちら→融資審査は常にシビアに見ています

しかし、最近では自営業者を対象にしたキャッシングローンもあります。ビジネスローンや自営者ローンというのがそれに当たります。個人のキャッシングローンと同様に店頭窓口や電話、FAX、インターネットでの申し込みが可能で、保証人や担保は必要ありません。ただ、提出書類は身分証明書の他に収入証明や事業実態を証明する書類が必要になります。

事業実態を証明する書類は、店舗であれば有効期限内の営業許可証や受注書、発注書、納品書、請求書、領収書などがあります。審査に通れば専用のカードが発行されてキャッシングでの借り入れも可能になりますよ。契約が成立すると通常のキャッシングローンと同様に専用のカードが発行され郵送されてきます。そのカードがあれば銀行やコンビニのATMでいつでも簡単に借り入れ限度額内で引き出し借り入れを行うことができます。

銀行などで融資を受けるのとは違い金利は個人で利用するキャッシグローンとほぼ同じような利率となっています。借り入れを行うということは翌月から返済も始まるということになります。返済が始まれば出費が増えるということになるので遅延や滞納がないように気をつけて下さいね。

大手が無理なら中小企業のキャッシングで借り入れ

近年、大手の消費者金融企業以外にも銀行と提携していたり、大手の銀行がカードローンを発行していたりします。申込もインターネットから簡単にできて、審査も早くて中には申し込んだその日のうちに融資を行ってくれる会社もあります。利用者にとっては大変便利になっていますが、その分審査も厳しくなっています。(参考ページはこちら→融資審査が厳しいといわれている理由

特に、大手になると審査では安定した収入があり、他社からの借入や延滞などがないかに重点を置いてます。そのため、他社から既に多くの借入がある場合や、過去に債務整理などの事故を起こしていたりすると審査に通りにくいです。大手で断れてしまったときには、中小企業のキャッシングでの借り入れも検討してみるのも良い方法です。

中小企業の最大のメリットは、審査が柔軟なところにあります。過去に延滞などの事故を起こしていても、現在はしっかりと返済をしていれば中小だとそれを踏まえて審査に応じてくれます。逆に大手だと、スピードのある審査を行っているので少しでも返済能力に不安がある場合は、通らない可能性が高いです。実際に、中小でも評判の高いところでは、過去に債務整理を起こしている人や延滞などをしていても、申込者の現状によって相談に応じてくれます。

中小では、実際に店舗にまで行かないと融資を行ってくれない場合や、即日でないなど大手と比べると不便な点もあります。しかし、その分申込者と実際に対面して、現在の状況を確認しながら相談に応じてくれるので、限度額などにも融通がきいたりします。中小だからこそ、大手にはない臨機応変な審査を行ってくれます。もし、全ての大手で断られたとしても、中小に申し込んでみてからでも遅くありません。

特に、過去に自己破産や任意整理などの債務整理などを行っている方は、大手だと審査が通らない可能性が大変高くなります。中小では、そのような事故を起こしている方に対しても、柔軟に対応しているので他の会社で無理だったとしても通る可能性は高いです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY