> > > 秋田銀行オンリーワンカードのキャッシング返済方法ですが…

秋田銀行オンリーワンカードのキャッシング返済方法ですが…

秋田銀行オンリーワンカードのキャッシング返済方法ですが…

クレジットカードで秋田銀行のオンリーワンカードを持っています。今までショッピング専用で使っていたのですが、初めてキャッシングをすることにしたんです。ただ、初心者なもので返済方法がよく理解できないんです。一括払いとリボ払いというのがあるらしいんですが、これはどのような違いがあるんでしょうか?
(⇒銀行の融資はどう使っていく?

一括払いは一回で清算、リボ払いは定額で複数回の返済方法です

読んで字のごとく、「一括払い」はキャッシングした分を一括で清算する方法です。オンリーワンカードでは利用上限が20万円までとなっていますが、一括返済を希望するのであればお財布とよく相談して、無理のないキャッシングを心がけなければいけません。

一方のリボ払いは元金と手数料を毎月一定額に設定して、複数回に分けて返済する方法です。オンリーワンカードでのリボ払いキャッシングの上限は70万円。審査によって人それぞれですが、多くの金額をキャッシングする必要があるときはリボ払いで確実に返済する方法を選択する方がいいでしょう。ただし、手数料として年利15.0%かかりますから、同じ額を一括払いで返済するよりは余分に手数料を支払うことになります。

一括にするかリボにするかは、家計とよく相談して、無理のない範囲での返済を行なうように計画を立てて利用してくださいね。ここがクレジットカードのキャッシング利用の難しさでもありますから、最初は特に慎重に考えて利用することをお勧めします。

オンリーワン1枚でキャッシングからクレジットまで

カード社会の現代では、誰しも財布の中には数枚のカードが入っています。カード契約も通常のキャッシュカードからデビッドカード、クレジットカードと多数の会社で締結しています。返済日が個々で異なったり、登録口座が複数にまたがったりと、毎月頭を悩ませる問題です。そんなカード達が1枚になればと考えたことはありませんか。

オンリーワンカードは、複数ある金融商品を1枚にまとめることができるまさにオンリーワンのカードです。基本機能はキャッシュカード機能、クレジット機能、カードローンなどのキャッシング機能の3つになります。

カードローン機能では、普通預金の残高に対して借入限度額までの借り越しが自動的にできるようになっています。自動引き落としの残高不足や急な出費にも、即座に対応できる24時間型のカードです。給与引き落とし口座などの設定をしていれば、給与の振込みと同時に借り越し金額の返済が自動的にできるので、面倒な返済日の資金移動も必要がなくなります。借り入れ限度を契約時に設定が可能となります。限度額の設定は10万円、30万円、50万円の3コースです。限度額をあらかじめ設定できるので、使いすぎ、無理な返済などのリスク管理も楽にできます。

カード契約申込みは最寄の窓口にてお申込できます。担保や保証人は不要となりますので、まずは窓口にて相談をしてみましょう。お申込みから審査、カード到着には3週間から4週間かかります。お手元にカードが到着してから、すぐにATMでのご利用が可能となります。お申込は必要時期に合わせて余裕を持って計画をしましょう。

他にも、キャッシュカード機能とデビットカード機能を合わせた使い道や、クレジット機能の家族カード契約など、1枚のカードにサービスが満載になっています。別々だったカードを1枚にまとめることで、それぞれのサービスが満遍なく利用できます。すでにお持ちのそれぞれのカードを見直すいい機会になります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY