> > > なぜキャッシングには審査をすることが必要なんでしょうか

なぜキャッシングには審査をすることが必要なんでしょうか

なぜキャッシングには審査をすることが必要なんでしょうか

ずっと疑問に思っていることがあるのですが、なぜキャッシングでお金を借りるには審査が必要なのでしょうか。まあ、誰でも受け入れていれば確かに経営上難しくなるということは想像出来ますが、昔はお金が必要としていた人に殆ど審査もなくお金を貸していたとも聞きます。

しかし今では審査が厳しい、どうすればキャッシングでお金を借りることが出来るのか…といった話を耳にすることもあります。お金が必要な人にお金がいかないのはなんとなく納得出来ません。お金を貸すことをビジネスにしているのに、お金を貸さないというのはビジネスとして成立しているのか?などなどいろいろ考えてしまうんです。

なぜ審査が必要なのか、もちろん消費者金融の会社の方などはいらっしゃらないと思うので真実はわかりませんが、納得出来る回答がほしいです。

キャッシング会社もそんなに体力があるわけではないんです

納得していただけるかはわかりませんが、回答させていただきますね。確かに質問者様のおっしゃっていることはごもっともだと思います。お金を貸すことで利益を得るビジネスモデルなのに、なぜその機会を損失させるようなことをしてしまうのか?といった矛盾は確かに感じられるかもしれません。しかし、昔に比べて今の消費者金融などは体力がそんなにあるわけではないんです。

それは法律の改正にあります。昔、それこそ誰にでもお金をポンポン貸していた時代というのは確かにありました。その頃は法整備がまだまだ進んでおらず、金利も今よりも非常に高く、2倍以上の年率30%などが普通といった状態でした。加えてお金の取り立てに関しても今よりも法整備がゆるかったためにいわゆる昔のドラマであるような取り立ても実際にあったようです。お金を返せないのであれば生命保険を解約してでも返済しろ、自殺して生命保険で返済しろといった脅しのような文句もあったようで…。高い金利とキツめな取り立て、この組み合わせで貸せば貸すほど儲かるといった状況が続いていました。
(⇒金融業者は今でもこんな感じなの?

しかし、法律の改正により30%の金利は違法とみなされました。貸し出す金額により上限の利率がしっかりと定められ、罰則も制定されました。そして違法で貸し出していたお金は10年前までさかのぼって返還請求が出来るという判例も出てきました。そうなると、貸せば貸すほど儲かっていた消費者金融に冬の時代がおとずれます。自業自得とも言えますが、みんな横並びに違法の金利で貸し出していたのでそれが悪いこととも思わなかったのでしょう。(実際罰則もありませんでしたし黙認されていました)払い過ぎたお金の返還請求が一気に消費者金融に対して行われ、お金を貸していた立場が、お金を支払う立場になってしまったのです。

その中で倒産してしまった消費者金融も数多く、その数をぐっと減らしました。かろうじて生き残ったところも銀行に買収されたところがほとんどです。この頃から会社側も「身の丈にあった分だけお金を貸す」という方針に変わっていきました。そのためにも審査を行い、「この人にならお金をかしてもいい」と判断した相手にだけお金を貸し、確実に返済してもらう道をとった…というわけです。(参考ページはこちら→お金を借りる上で重要な事とは

身の丈に合わない借金は借りた人の側も、貸した会社の側もどちらにとってもマイナスでしかありません。きちんとお互いにプラス(会社側は利益)になるような相手にお金を貸す、そのための審査と思えば必要なものではないでしょうか。

金融会社でキャッシングをする時に審査があるのはなぜか

お金が不足して金欠の状態になると、生活をしていくのが厳しくなります。そういったときには知り合いなどに借りるということもできるかもしれませんが、額が大きかったり、相手と揉めたりすることを避けるためには、ほかの金融会社から借入をするという方法をとる方がいいでしょう。

ほかの金融会社というと、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などがありますが、いずれにしても審査があります。これはなぜ行うのかというと、きちんと返済ができる人にしかお金を貸すことはできないということからなのです。ですからそれを本人の情報をもとに調査して、返済能力の有無を判断していきます。審査に通れば、返済できる人であると判断されたことになります。ちなみに本人の情報とは、申込時に氏名や年齢、職業、年収、家族構成、住宅の形態、ほかからのローンなどの借り入れ状況などの提供をすることになります。

しかし、金融会社のキャッシングに関しては、それぞれ審査の難易度なども違います。ですから、それを知ったうえで検討していく必要があります。銀行やクレジットカード会社では、審査が厳しく時間もかかるので、すぐにお金がいるときには不向きですが、経営が堅く、金利も低めなので、安心です。それに対して、消費者金融はわりと審査が緩いので、安定していない仕事の人でも通ることもありますし、中には無職であっても条件つきで通ることもあります。また、即日融資の可能であることが多いので、すぐにお金が要る人には最適なのです。

このように、金融会社のジャンルによっても対応は違いますし、各会社でも基準が若干異なるので、自分の置かれている条件に合ったところを探して申し込みをしていくといいでしょう。

キャッシングというのは、わりと簡単にお金を借入れ出来るものであり、本当に困っている人にとってはとても助かるものですが、使いすぎて人生をダメにしてしまうこともあります。ですから、計画的にお金を使うように心がけましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY