> > > 働き始めてすぐにキャッシングローンって借りられますか?

働き始めてすぐにキャッシングローンって借りられますか?

働き始めてすぐにキャッシングローンって借りられますか?

ようやく就職先が見つかり、正規社員として働き始めました。これまではフリーターだったので稼いだお金はすべて使い貯金もありません。真剣に就職活動を始めてからはバイトも減らしていたのでますますお金がありません。

今の仕事場に通い始めて、スーツやカバンなどの仕事に必要なものを新調したいと思っているのですがお金がなく、初給料までの生活費と合わせてキャッシングローンで借り入れたいと思っているのですが、働き始めてすぐでも借り入れはできますか?どなたかご存じの方がおられたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

働き始めてすぐにキャッシングローンって借りられますか?

働き始めでもキャッシングローンは利用できますよ。派遣社員でも借り入れが可能ですから問題ないでしょう。働き始めてどれくいらかわかりませんが、キャッシングローンの審査には在籍確認というものがあります。提出した書類に記入され勤務先に本当に勤めているかを電話で確認するものです。会社名ではなく担当者などの個人名で電話がかかってきます。

電話には必ずしも本人が出る必要はありませんが、会社に電話がかかってきた時に電話に出た方がどういう対応をされるかが問題になります。「あいにく席を外しております」や「外出中です」など、在席しているというのが伝わる対応であれば問題ありませんが、新入社員でまだ存在を認知されていなくて「そのような者はおりません」というような対応がされると審査に通らない可能性が出てきます。社内の人に存在をアピールしておきましょう。

借り入れの審査は提出した書類を見て収入や勤務形態、勤続年数に応じて決定されます。収入によってどれくらいの返済ができるかということを査定されますが、仕事を始められたばかりだと勤続年数が短いのであまり高額の借り入れはできないと思います。しかし、正社員で働き始めたのであれば問題なく借り入れができると思います。

キャッシグローンの審査に落ちる理由は、無職、自己破産者、金融事故者、多重債務者、希望額が返済能力を超えている人、複数の会社に同時に申し込みをした人、というのがほとんどの理由です。それ以外は基本的には貸し付けることを前提に審査が行われるので借り入れは可能と言えます。

要するに、返済できるかどうかということが審査に通るかどうかということであり、働き始めであっても返済の根拠となる収入をちゃんと得られるということが信用になるのでご心配なさらなくても借り入れることはできると思います。

働き始めの方にお勧めするキャッシング機能付きキャッシュカード

日常生活の様々な場面でカードが利用されています。多くの現金を持ち歩かなくても生活に支障なく暮らせるようになりました。例えば、電車やバスに乗る時にはICカード、ショッピングの決済にはクレジットカードなどが用いられます。また、急に現金が必要になった時には、カードローンでキャッシングすることも出来ます。

カードローンは、かつては消費者金融などが主に提供していたローン商品ですが、近年では、金融機関ではどこでも提供している人気商品です。担保・保証人を必要としない分設定金利を高めにしていますが、ATMから必要な時にお金を引き出せることが多くの方のニーズに合致したため急速に利用者が増えてきました。ただし、簡単にキャッシングが出来るため安易に利用すると返済が困難になりますので注意が必要です。

特に、働き始めたばかりの若い方は、金融についての知識も少ないと思われます。各金融機関は、好感度の高い有名人を起用してカードローンの宣伝をしていますので、キャッシングに対する抵抗を持たない方が増えていることが予想されます。カード利用には審査がありますが、概ね年齢制限と安定した収入があれば審査に通過しますので、働き始めた方で借入経験のない方はカードローンを作ろうと思えばすぐに手に入れることが出来るでしょう。
(⇒融資の年齢制限ってどんなの?

確かに、日常生活で急にお金が必要になった時の保険としてカードローンを持つことは意味があります。ただし、不用意にカードを増やすことは管理が煩雑になりますので注意が必要です。新社会人の方であれば、会社の給料振込用として銀行口座を作ることと思います。銀行のキャッシュカードにはキャッシング用の機能が付いているものがあるのをご存知でしょうか

例えば、日本の地方銀行の一つである佐賀銀行の「さぎんモテカICカード」は、キャッシュカードにクレジット機能とカードローン機能が付いています。生体認証機能付きICカードですのでセキュリティ面も安心です。このようなカードは他の金融機関でも取り扱っていますので、新しくカードを作る前に検討されてはいかがでしょうか。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY