> > > 銀行キャッシングで審査が通らないのは独自の原因がある?

銀行キャッシングで審査が通らないのは独自の原因がある?

銀行キャッシングで審査が通らないのは独自の原因がある?

普通の消費者金融で審査に落ちることはあまりないと思いますが、銀行キャッシングで審査が通らないということは少なく無いと思います。銀行キャッシングで審査が通らないということは普通の消費者金融で審査に落ちることとはなにか関係があるんでしょうか?

それとも法律も違うので銀行キャッシングで審査が通らない独自の理由があったりするものですか?

銀行キャッシングで審査が通らない理由も大体同じだ

消費者金融と銀行キャッシングについては法律が違うというのはその通りです。銀行系カードローンと言われたりもしますし、消費者金融よりも金利が安いし安定感があるから借り入れをするときに厳しいとよく言われています。法律も違うからというのもわかりますが、実は法律が違っていたとしても基本的には審査が通らない理由は消費者金融と同じで変わらないものなのです。
(⇒融資審査の基準も変わらない?

消費者金融で落ちてしまう時というのは審査で他の会社の借り入れが多いであるとか、無職で働いていない時などでしょう。そして収入が少なすぎるときには最低限の貸出もできないので審査に通らない時があります。銀行キャッシングで審査が通らない時も同じようなもので、審査が通らないのはやはり無職で働いていないであるとか、他の業者からの借り入れをしているからというのが大きな理由になります。

ただしそのハードルの高さというのは少し違うと言われています。消費者金融の場合は例えばの話、年収が200万円であれば借り入れをすることはまず出来るでしょう。しかし銀行系カードローンだと、それくらいの年収の人は借り入れができない可能性もあります。これはハードルの高さが違って銀行キャッシングのほうが審査が厳しいので通らないというわけです。
(⇒仕事の内容もやはり関係する?

銀行キャッシングの場合は消費者金融で借り入れをするよりもできるだけ気をつけて置かなければなりません。収入もそうですし何かしらのローンがあるかないかというのもちゃんと気を配っていないと借り入れをするのが難しくなります。銀行キャッシングはそれでも人気があるのは金利が低く、借り入れをするときの金額は大きく、安心感があるというのも大きいと思います。

銀行キャッシングで審査が通らないというのは消費者金融と同じような理由の場合が多く、その場合には更に消費者金融に比べると厳しく見られている可能性が高い、というように考えてください。なのでお金を借りようと思うのであれば、やることは一緒なのです。返済できると判断してもらえらばいいのですから。

銀行キャッシングで審査が通らない理由とは

どうせお金を借りるなら出来るだけ金利の低いところで借りたほうが返済額が少なくて済みます。昔とは違って消費者金融の金利は低くなっていますが、それでも10数%とかなりの高利です。その点銀行ですと消費者金融よりも低く設定されているので利用し甲斐があります。

しかし、消費者金融とは違って銀行の審査は厳しく、銀行キャッシングで審査が通らないということがよくあります。もちろんそれには理由があります。

大事なのは、収入と属性です。消費者金融では総量規制が問題になり、年収の3分の1までしか借入を行うことができない。しかし、銀行は総量規制がないので年収の3分の1という規定はないと言われています。確かに法律上はそうなのですが、実務上は各銀行内に規定というものが存在し、年収の3割程度が上限となっています。

無職でも派遣会社に登録して置けば問題ないとか、専業主婦でも夫との収入と合算で計算して借り入れることができるといわれていますが、これらはすべて消費者金融での対応でのことであり、銀行では無収入の人にお金を貸し付けることはありません。また、パートやアルバイトという低収入の場合でもかなり審査は厳しくなります。

また、年収の3分の1規定がないので、消費者金融でお金を借りて、その次に銀行で借りればよいと言われていますが、そのような場合、実際にはお金を貸してはくれません。例えば、住宅ローンや自動車ローンのように資金使途が明らかな場合は除いて、他社で、特に消費者金融でキャッシングを利用している場合には印象が悪く、それだけで断られてしまいます。

さらに、ローンは言うまでもなく、公共料金などの引き落としで何度も遅延延滞を起こしている場合は、資金繰りが厳しく、且つ金銭にルーズとみなされて融資は拒否されてしまいます。過去に自己破産などの事故を起こしている人は論外になります。

これら以外としては年齢規定ですが、これは銀行によって異なるので、探せば合致するところも出てくるかもしれません。また、入社して日が浅い場合は最低でも6ヶ月、できれば1年経過するまで待ったほうが良いです。なお、転職を繰り返している場合は、無収入の期間が出来る恐れがあると判断されるので、審査に断られるケースがあります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY