> > > キャッシングしていることが職場にバレて大変になるってあり?

キャッシングしていることが職場にバレて大変になるってあり?

キャッシングしていることが職場にバレて大変になるってあり?

キャッシングってそんなにイメージがマイナスなの?よく「キャッシンングしていることが職場に知られるとマズい。」とか何とか言う人がいるけれど、マズい根拠が分からないんだよね。

キャッシングがバレてヤバくなったって話は聞かないけど

そうですよね。妙な噂ばかりで。キャッシングをしていても仕事がクビになるなんてことも有り得ませんよ。だってキャッシングカードを持っている人は結構多いんです。そしてキャッシングをしている消費者というのは個人だけでなく、起業をされてる方だって法人用のキャッシングまであるんですから、ご自分が勤務されている会社自体がキャッシングを使って資金調達をしていることだってあるんです。というか、借金事態、社会的に悪いことをしているわけではありません。

ですから。「キャッシング」と言おうと「ローン」と言おうと「資金調達」と言おうと借金をすることは別に悪いことではありません。バレて最悪なことになってしまったという話はないのですが、キャッシングの対する考え方の違いがトラブルの引き金になったり、借入れをした本人の振舞いによっても、キャッシングにネガティブなイメージを植え付けかねないことに注意しましょう。わたしが聞いた話では、キャッシングで返済が苦しくなり同僚などに現金を借入れしようとしたことで、関係がギクシャクしたみたいな話を聞いたことがあります。これってキャッシング利用に問題があっただけですよね。使いすぎには気を付けるだけの話です。

キャッシングがバレたからって先も言ったように、これ自体がマイナスに影響するわけではありせん。ただし、返済に関しては要注意です。毎月の返済を怠ると自宅にも会社にも督促の電話が来ます。延滞した場合、最初のうちは、キャッシング会社であることを告げずに、本人と連絡をとるようですが、もう4回も延滞するとキャッシング会社名を告げるらしいんです。もし、毎月の返済が難しいようなら返済計画を見直す相談をするといいですね。

とにかくキャッシングをしているとしても何も問題は無いのですが、延滞を頻繁に繰り返すことで勤務先に何度も連絡が行ってしまうのは避けたいものです。わたしが聞いた話は友達が実際に延滞をしてしまったときの話なので参考までに。一度延滞してしまうと個人の信用情報にもこのような事故が残ってしまい、最悪次回から借り入れできなくなってしまうので、キャッシングは返済まで責任を持ってくださいね。

職場への在籍確認がないキャッシングなら安心して利用出来ます

派遣社員やフリーターで働いていると、正社員と同じ仕事をしていても給料が低いので、欲しいものがあっても買えないことがあります。しかし仕事で必要なパソコンや、暑い夏や寒い冬には欠かせないエアコンなど、壊れたのでどうしても今すぐ買い替えなければならないときに、お金が貯まるまで待つなんてことは出来ないので、そんなときにはキャッシングを利用することをおすすめします。

最高限度額は300万円や500万円などとなっている会社も多いので、それだけあればどんな欲しいものでも買うことが出来るでしょう。駅前や繁華街に行けば、消費者金融や銀行の店舗がいくらでもあるので、まずはそこでキャッシングをして欲しいものを買い、あとでゆっくり返済していくようにすれば、お金が貯まるまで買うのを我慢しなくてもよくなります。キャッシングの申し込みは直接店頭で行う以外にも、電話やインターネットを使う事でも出来るので、空き時間を利用していつでも申し込むようにしましょう

キャッシングに申し込むときは運転免許証や保険証などの身分証明書を提示しなければなりません。これは住民票やパスポートでもよいのですが、住所、氏名、年齢などの確認に必要なので用意する必要があります。
(⇒融資を受けるなら条件はつきものです

それからローン会社によっては、職場への在籍確認があります。安定した収入のある人というのが借入の条件なので、実際に仕事をしているかどうか、職場に電話をして確認するというわけです。この時の電話はローン会社名ではなく、個人名で行われることが多いので、電話に出た人に借入の確認の電話だと気付かれる心配はありません。

しかしそれでも職場に連絡が入ることに抵抗を感じる方もあるでしょうね。そんな方は職場への在籍確認がないローン会社にキャッシングを申し込めば、電話がかかってくることがないので、職場の誰かに知られることもなく、安心して借りられます。そんな会社はインターネットで探せばすぐに見つかるので、お金が欲しい時はぜひ利用するようにしましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY