> > > キャッシングの金額は年収以上に借りる事はできますか?

キャッシングの金額は年収以上に借りる事はできますか?

キャッシングの金額は年収以上に借りる事はできますか?

キャッシングの金額で、年収以上希望して借りる事は出来るのでしょうか?

私の年収は細かい数値を省くと400万くらいです。同年代から見ればそこそこ安定しているという感じですね。まあ結婚願望が強すぎる女性からすると低いみたいですが、一人で生きていくのならそこまで困る事はまずありません。欲しい物は大体買えていますし、良い生活をしていると思います。

良い生活とは書いていますが、やっぱり時々の急な出費というのには、頭を悩ます事があります。葬式とかが重なったり結婚式だったり、さらには怪我とかもいつするか分かりませんし…そういう事にも万全の備えを持つのなら、カードキャッシングとかどうかな?と銀行のパンフレットを見ながら思いました。いつも言っている銀行にて貰ったのですが、今まで作った事が無かったので、待ち時間の間にそのパンフレットを興味深く眺めていました。

するとそのカードの限度額なのですが、最大で何と500万まで借りられるみたいです。500万と言えば単純に考えて、私が一年に稼げるお金よりも多く、一年では返しきれないくらいのお金まで用意してもらえるって事なんですよね?そこまで借りる予定は無いわけですし、そもそも『年収以上にお金を借りる事って出来るのかな?』と気になったのです。

そこまでの限度額が欲しいかどうかはさておき、こうした融資では年収以上に希望するとどうなるのかを教えて下さい。

総量規制外で目的ローンなら大丈夫な事があります

最近のカードキャッシングだと、大手の水準で言えば1000万から300万の間で最大限度額が設定されているっすね。どういう法則があってそこまで貸し出せるかっていうのは分からないっすけど、借りようと思えば多くの人の年収に並ぶ、もしくはそれよりも多い金額も希望できるって事になるっすよね。でも、単純に考えた場合、年収と同額の限度額を設定しておくっていうのは、疑問が残るところっす。

まず最初に言うのなら、消費者金融ではまず不可能となっているっす。消費者金融には総量規制という法律が適用されていて、その人の年収の三分の一までしかお金を貸せないとなっているっすよ。つまり消費者金融で500万まで貸してくれるところは、年収が1500万無いと最大限度額までは希望できないってわけっす。年収1500…これは一握りって言っても良いくらい少ないっすね。

対して銀行の場合はこの総量規制が適用されないから、銀行側がその気になれば年収の三分の一どころか、それ以上貸し付ける事も不可能ではないっす。だから年収以上の限度額でも希望を出す事は建前上可能となっているっすけど、それでも年収と同額を設定してもらうっていうのは、無理があるっすよ。総量規制は銀行には適用されないって言っても、年収の三分の一の限度額をもらえるのは結構少ないんすよね。これも返済能力を詳しく審査した結果なんすよ。

でも、住宅ローンとか車ローンの場合、総量規制の対象外になって尚且つ年収以上でも貸してくれる事があるっす。理由は、家や車っていう担保が設定されているおかげで、お金を返せなくなった場合でも利益の回収がしやすいからなんすよ。カードキャッシングとかと違って自由に使えるわけじゃないっすけど、こういう場合は例外って事っすね。

【参考ページ】
年収と融資額の関係

キャッシングの審査と最大融資金額に年収はどの程度関係するか

キャッシングの審査で最も重要視されるのは安定した収入があるか否かであり、年収の高さはあまり関係ありません。個人でキャッシングを行う際には消費者金融か銀行の利用になりますが、中でも多いのが消費者金融で審査が簡単で融資までの期間が短いのが最大の利点です。その分銀行よりは金利が高いことがデメリットです。
(⇒審査が甘い金融業者について

キャッシングと一言でいっても日本全国に様々な業者が存在しているため一口にいうことはできませんが、少なくとも消費者金融であれば安定した年収があり、且つブラックに登録されていなければほぼ問題なく審査に受かることが可能です。最近では銀行と提携している消費者金融や銀行に吸収された消費者金融の融資サービスなども増えてきていますが、いずれも銀行というよりは消費者金融のサービスに近いです。
(⇒さすがにブラックではお金を借りるのも一苦労です

銀行ではやはり審査の厳しいところが多数存在するため収入が安定しているだけではなくその他の要素も求められることが多くなります。年収の高さはあまり審査結果に影響しません。しかし最大融資金額には密接に関わることになり、年収が高ければ高いだけ一度に借り入れできる金額が増える傾向にあります。気を付けることに総量規制という法律の項目が存在します。

2010年の6月18日に施行されたばかりの比較的新しい法律であり、貸金業法の中に組み込まれています。内容は前年度の年収の3/1以上の融資を原則禁ずるというものであり、これを超えた融資額を申請した場合には問答無用で審査に落とされることもあります。貸金業法は消費者金融等の貸金業者にのみ適応される法律で銀行には適応されないものの、銀行では消費者金融よりも審査が厳しいので高額な融資額を希望することはもともと難しいです。

消費者金融にせよ銀行にせよ収入が安定しているか否かは審査結果に最も関係してくるものであり、収入の高さはさほど関係しません。収入の高さは主に最大融資金額に密接に関係してきます。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY