> > > 自営業ですがキャッシングの審査は普通と違う?

自営業ですがキャッシングの審査は普通と違う?

自営業ですがキャッシングの審査は普通と違う?

自営業者です。急に現金が必要でキャッシングしたいのですが、自営業者は審査が一般的なキャッシングと違いますか

自営業者専用キャッシングは審査に通りやすかもしれません

自営業者でも、自営業者専用キャッシングではない、サラリーマンが利用する一般的なキャッシングを利用できますが、会社員と違って自営業者は不安定だと見られがちです。自営業者でもいろいろな状況があるでしょう。ここ数年前から起業した人もいれば、何代も続けている老舗の会社もあるでしょう。正直会社の年数が2、3年など浅いとしんさに通りにくいとも聞きます。申込書にも書くように、職業や勤め先や勤続年数や年収など経済的な面で、自営業者だと低く見られる時があるのです。(参考ページはこちら→自営業向けの融資は存在しているのか

銀行の融資と違いキャッシングやカードローンはすぐに現金が手に入るので、急なビジネスチャンスにも対応できます。このことはとても助かるそうです。ただ銀行の融資と違ってキャッシングやカードローンは金利が高いです。この利息が経営を苦しめているという話を聞いたことがあります。お金の使用までに時間があり借り入れを望むのであれば、銀行の融資のほうがいいでしょう。

自営業者は取引のひいきにしている銀行が大体あるでしょう。そこで事業資金の資金繰りはやっているでしょう。それでもキャッシングするのは、例えば急に現金が必要になることがあります。その時銀行から融資をお願いして融資が通るまで待っていてはビジネスチャンスはつかめないかもしれません。クレジットカードのキャッシング枠を使えるようにするにも日数がかかります。そんな時消費者金融などのキャッシングやカードローンを自営業者も利用するのです。

自営業者専用カードローンやキャッシングがありますが、審査に通りにくいと言われる自営業者にも借りやすいところですね。銀行と違い消費者金融は総量規制で借入総額が年収の3分の1までと定められているのですが、これは自営業者は総量規制の対象外となるので、3分の1以上借りられます。なので消費者金融のなかで自営業者専用キャッシングがあるのです。使用目的も事業資金だけでなく、生活費としても利用できます。

一度カードローンやキャッシングを借りて、きれいに完済して、その後は銀行の融資を利用している時でも、消費者金融などかこに利用していえると、会社側から借りてほしいという営業の連絡があるかもしれません。今後は銀行の融資だけだと思っていても、やはりカードローンやキャッシングの利点は、スピーディにお金を貸してくれるので、助かりますね。

自営業のキャッシング審査とは何がチェックされるか

キャッシングの審査がだいぶ緩くなっています。キャッシングサービスの審査といえば収入と借入状況のチェックであり、大枠は変わっていませんが、大きく分けて2つ変わっています。

1つ目は職業による審査ががなくなったことです。現在のキャッシングの審査では職業は殆どの場合チェックされません。以前はサラリーマンなどのように月収せいでないと借りれず、自営業者は担保がないと借りられませんでした。今のキャッシングサービスは月収ではなく、年収による審査に変わってきています。そのため、自営業のキャッシング審査とは年収による審査とも言えます。年収は市町村が発行する所得証明が利用できる他、審査によっては確定申告書などを利用しても良いという場合も増えています。

2つ目の違いは年齢による審査がなくなりつつあることです。以前の審査では成人していても20代前半だと審査が厳しくなる傾向があり、65歳など、年金生活者や退職者の場合は借りられないことが多かったのです。現在は年齢による審査は行われることが少なく、特に若い世代では収入と借入状況のみの審査となり年齢による不利なことはないと言われています。自営業者の場合は退職ということがないので年金をもらっても働くという方も珍しくなくなっています。キャッシングの審査は所得と借入状況のみの審査となっているので自営業者でもかなり借りやすくなっています。
(⇒融資では本当に年齢不要?

また、自営業者のキャッシングについては、個人ではなく、自営業向けのサービスも増えています。自営業向けのキャッシングは融資とは違い、貸出可能楽を設定してその間であれば好きなだけ借りてもよいというものです。通常のキャッシングサービスと同様に使え、基本的に自動更新されるので融資のように毎回審査が行われるということもなくなっていますので、業務においても使い勝手の良いサービスとなっており、月末に慌てることもなく、大変好評なサービスとなっています。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY