> > > 大学生でもキャッシングカード作れるの

大学生でもキャッシングカード作れるの

大学生でもキャッシングカード作れるの

現在二十歳の大学生です。某消費者金融でキャッシングしたいのですが大学生はキャッシングカードでキャッシングできますか?

アルバイトなど収入があればキャッシング審査に通るかもしれません

まず学生でも、20歳以上で、アルバイトの収入がないと審査に通らないでしょう。アルバイトで新社会人並みの収入のある人もいるかもしれませんが、返済能力が低く収入も不安定なので貸し出し限度額は低いでしょう。10万円前後でしょうか。貸し手企業の中には、収入証明書の提出を求めるところもあるので、アルバイトでも源泉徴収や給与明細を見せないと通らないところもあります。20歳以上でも学生の場合親権者の同意が必要なところもあります。(参考ページはこちら→未成年ではどうあっても融資は無理?

大学生でもキャッシングは可能です。学生の中にはつい自分の所得以上の金額を借りて、無計画に借りると返済ができなくなってしまった人の話を聞きます。アルバイトでの収入は正社員のように安定継続して収入が入ってきていなく、帰省でバイトの出勤日数が減り収入も減ったり夏休みの合宿で休んだり、バイト代は金額も不安定です。

アルバイトをしている学生やパートや無職の主婦でも借りられるカードローンはあります。カードローンの審査基準は、業者によって違い、審査の厳しいところも甘いところもありますが、お金を借りる時使い道が決まっていれば目的別のカードローンはキャッシングより金利は低いです。なのでカードローンやキャッシングは、利息分を考えて、返済できる計画して借りましょう。

学生のクレジットカードは社会人のカードと比べ使用限度額が低く、学生専用クレジットカードもありますが専用でなくてもいいので、キャッシング機能がついているカードもあり、クレジットカードはポイントもついてくるし各種優待やいろいろ特典があり魅力です。キャッシング機能がクレジットカードにはついていますがキャッシング機能を使えるようにするには当然、審査があります。学生でアルバイトなどして収入があるとしても、審査に通らないと使えませんが。

アルバイトでの収入は安定してなく正社員のように決まった額を毎月もらえるわけではないので、支払いを定額で継続して支払う場合、収入が少ない月もある事を考慮に入れ、返済額を決めましょう。借りる前に返済シュミレーションをしてみるといいかもしれません。学生が借りられる額は低いので金利は高くなります。返済能力以上の借入れをしないように計画的に借りましょう。遅延しないように返して、留学や学園祭や旅などいろいろな経験をして学生生活を楽しんでください。

大学生へのキャッシングカードの発行が増えています

大学生へのキャッシングカードの発行が進んでいます。大学生がキャッシングサービスを利用するためには以前は親の保障が必要と言われてきました。現在でも未成年の場合は親の承認が必要となりますが、現在の多くのキャッシングサービスでは学生でも年収で一定額あればキャシングサービスを親の補償なしで利用できるようになってきています。

これは収入のチェックが職業別でなくなったことが理由と言われています。これまでは収入の審査の際、職業による審査が行われてきたと言われています。そのため、学生はおろか、主婦、アルバイト、パート、年金生活者の多くはキャシングサービスを利用できないと考えられてきました。また、自営業者の場合もキャッシングサービスの審査はとても厳しい結果となることが多かったようです
(⇒年金は融資審査で収入と見なされない?

現在の審査では年収による審査のみが行われるのでアルバイト、パートのような不定期の収入であっても問題無いと言われています。ただし、借りられる額面については厳密に所得と借入状況の審査が行われます。審査では所得の3分の1を超える現金が貸し出されていないかがチェックされます。これは法律で所得の3分の1を超える現金は貸し出してはならないという制限があるからです。この制限は総量規制とも呼ばれ消費者金融向けに発行されていますが、金融機関の多くが総量規制に準拠した審査を行っているので、どのような職業でも収入の3分の1を超える現金は借りられないと考えておくと良いです。

ただし、学生の場合は奨学金を借りている場合があると思いますが、奨学金はほとんどの審査では不利になることはないと言われています。これは、奨学金が保証人をつけて借りていることで、総量規制の対象とならないと考えられるからです。また、パソコンや車など、購入したものを担保にしたローンを組んでいる場合にも対象外となり、規制はあくまでも現金を借りるサービスを利用した場合のみ適用となります

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY