> > > 過去にブラックでも日々のキャッシングで信用はたまりますか

過去にブラックでも日々のキャッシングで信用はたまりますか

過去にブラックでも日々のキャッシングで信用はたまりますか

ずいぶんと前にブラックになってしまいました。それから数年ほど経過したのですが、今ではキャッシングもできるようになっています。ですが、20万円までしか借りられない状態のまま・・・となっているので、あんまり信用はされていないと感じていたりもします。

もし、ブラックの状態で日々のキャッシングをしていても、信用のようなものは高まっていかないようになっているのでしょうか?将来的にはせめて50万円ほどでキャッシングもできるようになりたいと思っています。それと、他にもローンをするようにしたほうが信用は高まるようになっていますか?昔と比較すると今では金銭的に余裕が出てきている状態なので、できれば少しずつでいいので信用を高められればと考えているわけです。

ブラックでも信用は高まるようになっています

ブラックになってしまうと、永久に信用が高くならないというわけではありません。また、ブラックの状態で日々のキャッシングをしているとどうなるのかについては、基本的に少しずつですが信用も高まっていくようになっています。では、どうして他の人と比較すると借入が中々アップにならないのかというと、それはブラックになってしまってから、永久に信用についても回復しない業者も存在するからです。

現在、キャッシングできている業者は別となるのですが、ブラックになる直前まで利用されていた業者では借入そのものができなくなってしまいます。これについては、業者側の信用情報に登録されている情報なので、業者がなくなってしまうまではずっと保有される情報となっています。ただ、ブラックになってしまっても以前に利用されていた業者以外であれば利用できるようになっています。

具体的には、カードローンとキャッシング、クレジットカードといった3種類は同じ借金のようには見られないようになっています。なので、カードローンでブラックになってしまった場合には、キャッシングで契約できたり、クレジットカードでも契約できたりするのです。そのようになっているので、信用を高めるのであればそのような業者を利用するようにしておきましょう。それと、50万円ほどで借金されたいそうですが、1つの業者で無理に信用を高める必要もありません。複数の業者を利用するようにしたほうが、早い段階で高い金額のローンが組めたりしますので、サラリーマン金融などを複数利用するようにしてみるといいでしょう。

【参考ページ】
ブラックリスト期間は具体的にどれくらい?

日々のキャッシングでブラックリストに載らないために大切なこと

銀行などが行っている一般的な目的別のローンでは、住宅や自動車など特定のものを購入する際に融資を受ける形になります。

銀行や消費者金融業者にはそのような目的別に借り入れできるローンとは別のサービスとして、自由な目的のために利用できるキャッシングサービスが行われています。自由な目的に利用できるので日常に必要なものに充てる費用として借り入れることが可能なので、日々のキャッシングとして使えます。日々のキャッシングとして消費者金融業者などから借り入れを行っている場合には、さらに突発的に必要になった経費に対しては、別の消費者金融業者から借り入れを行いたいと考える人もいるでしょう。

ひとつの消費者金融業者から借り入れ可能な利用限度額には制限がありますので、自分が借り入れ可能な融資の金額を超えるお金を借り入れたいと考えたときには、別の消費者金融業者のキャッシングの申し込みを行う他ありません。多くの借り入れ先から借金をするときには、それぞれの融資先についての返済期日を確認しておくことが大切です。
(⇒融資の上限額について

消費者金融業者から借り入れを行うときには、金融業者ごとに設定されている審査を受ける必要があります。審査では信用情報についても確認されますので、複数の消費者金融業者に対して同じ月に3社以上の申し込みを行っている場合や、過去の借り入れ実績において滞納経験があることや、債務整理や自己破産などの手続きを行うことで借金を解決した経験のある人の場合には、信用情報機関においてブラックリストに登録されることになります。

ブラックリストにはそれぞれの金融事故を起こしたケースによって、借り入れできない期間が変わってきます。任意整理などの借り入れた金額の減額を求める法律手続きの場合には、5年間程度の期間において審査を通過できなくなる可能性が考えられます。自己破産の場合には10年程度の間にわたって融資が受けられない可能性がありますので、日々のキャッシングを行ってブラックリストに載らないためには計画を立てて返済をしっかりと行っていくことが大切になります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY