> > > 今は審査不要のキャッシングが増えてきている?

今は審査不要のキャッシングが増えてきている?

今は審査不要のキャッシングが増えてきている?

今、ちょっとした噂を聞いたんですけれどもどんどん消費者金融や銀行系カードローンに、借入をする時審査のいらないところが増えてきているんですか?審査不要のキャッシングという言葉をちらほら見かけるようになったのは最近のことなんですが、昔も見ましたが今になって多く見るようになりました。

この審査不要のキャッシングというのはいったい何なのでしょうか?どういうものなのか、多くの人が利用しているのかよくわからないので知っている人に教えてもらいたいです。

審査不要のキャッシングは増えていないし存在しない

そういうウワサのような話はいろいろなところから入ってくるわけですが、基本的にはっきりといってしまえば審査不要のキャッシングというのは現在存在していない、と思って間違いないでしょう。なぜならそういうものを消費者金融にしても銀行系カードローンにしても怖くて作ることができないからです。あまりにもリスクが大きすぎるのでやりたくないのが本音でしょう。

審査不要のキャッシングといえば、ヤミ金についてはそういう部分もあります。ヤミ金というのはまず審査をしているところはありません。審査をして「この人は返してくれそうだ」ということを考えなくてもいいからです。返済出来るだけの金額を稼いでいないなら、危ない仕事をやらせてお金を稼がせたり、犯罪などをしてでもいいからお金を増やしてくるように脅せばいいと考えているからです。

だから審査不要のキャッシングというのは昔からヤミ金のことを言っていた時代はありました。しかし今の時代、審査不要のキャッシングというのはないのは確実です。これは審査不要にしてしまえば借り入れをするときにどういう人にでも貸出をすることになります。最悪無職の人がたくさんやってきて、借りたのに返済できないという状況になりかねません。それでは業者として儲からないのです。

だから業者として儲けられるようにしないといけないということで、審査不要のキャッシングというのを作らず、ちゃんとお金を稼いで借り入れしたぶんに金利を合わせて、決められた期日までに返済できる人に貸し出したいのです。こういう理由から考えて、まず審査不要のキャッシングについてはつくることはありません。もしそういう噂があるとしたら、気をつけねばならないでしょう。

今はヤミ金のインターネットを使って営業をしているという話もありますし、ヤミ金の営業の一環かもしれません。審査不要のキャッシングなんて素晴らしいと思う前に、そういったものはヤミ金だと思っておいたほうがいいでしょうね。

審査不要のキャッシングがあるかどうかということ

キャッシングのサービスも今は手続きが簡単になり、インターネットや携帯電話からも申し込み可能で、即日で利用の出来るものも増えてきました。融資の申し込みをする際には審査が必要になりますが、審査不要のキャッシングはあるかどうかについては、審査不要に近い金融業者はあるという結論になります。(参考ページはこちら→融資の審査はどれだけ大事?

これはキャッシングなどの審査の基準は各々の金融会社で公表はされておらず、基準とされている項目のランクを下げることにより、審査不要と謳っているところもあるということです。融資で審査が必要なのは誰にでもお金の貸付を行い、返済能力のない人がお金を返さないことで債務不履行になることを防ぐためでもあります。ここで言う債務とは支払いを行う義務のことであり、金融業者と借入申込者の間には信用があってこそ成り立ちます。それには申込者が返済能力のある人かどうかを確認する必要があるために審査が行われます。

よく審査不要のキャッシングと謳ってある広告を見かけることがありますが、実際にインターネット検索などで調べてみると検索したものの上位に大手金融業者の名前はあまり入っていません。つまり大手では審査を不要とする手続きを行っておらず、中小規模の金融会社の一部で審査がないことを謳っているところが多いようです。(参考ページはこちら→有名でない金融業者は安全?

しかしながら融資を利用するには、申し込みした人の返済能力があるかを確かめる必要があるので、必要最低限の確認は行われます。このことから審査不要のキャッシングを申し込んだにしても、必ず審査に通って利用が出来るとも限りません。審査に通りやすくするには申し込みをする際に他からの借入がないことと、返済をすべて完済しているようにすることなどがあります。

誰でも利用しやすくなったキャッシングですが、金融会社は誰にでもお金を貸すわけではなく債務状況の良くない人には厳しくなっているようです。過去に融資を受けた経歴のある人でも正しく利用して返済をきちんと行ってきた人の場合はこの限りではありません。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY