> > > キャッシングの審査でブラックリストがバレるのはどうしてですか

キャッシングの審査でブラックリストがバレるのはどうしてですか

キャッシングの審査でブラックリストがバレるのはどうしてですか

キャッシングの審査でブラックリストがバレるのはどうしてですか?ブラックリストってそんな誰でも簡単に見れちゃうものなんですか?

ブラックリストになっちゃった以上はある程度気まずい思いもしなきゃいけないのかなとは思いますが、どこからもお金を借りれないってなると困ります。

ブラックリストは信用情報への事故情報登録のこと

自分の名前がブラックリストにあると思っているのであれば、ブラックリストとは借金で問題を起こした人の名前が記載されているものだと思っていませんか?ブラックリストという呼ばれ方をしてはいますが、実際ブラックリストというリストが存在しているわけではありません。

便宜上ブラックリストと言われてはいますが、個人信用情報という借金やクレジットカードの申し込み、利用をすれば登録されるデータがあります。個人信用情報に名前がある分には何も問題ありません。申し込みをする、利用するということは誰でもする可能性がありますし、必要であり便利であることも確かですからね。ただ、この個人信用情報に事故情報が登録されることが問題なんです。

事故情報というのは簡単に言うと借金利用、クレジットカード利用でトラブルを起こしたという情報ですね。返済に遅れた、延滞した、完済できずに自己破産などの債務整理を行ったというものです。これらの情報は借金、クレジットカードを利用する上でネガティブな情報になります。お金を貸している会社は困ってしまうでしょう。貸したお金を返してもらえない、立て替えたお金を支払ってもらえないとなれば会社にとって損害となるのです。

だからこそ、この人にお金を貸すと返済してもらえない可能性がありますよという情報を共有する必要があるんですね。個人信用情報について借金やクレジットカード会社の担当者がチェックできるようになっているのはこのためです。情報共有をすることに意味があるんですね。

個人信用情報はその登録機関がいくつかあり、それぞれのキャッシング先やクレジットカード会社も加盟しています。加盟していない個人信用情報は閲覧することができませんから、俗にいうブラックリスト状態だったとしても何も問題ないと審査に通ることができるかもしれません。ただ、ブラックリスト状態にあるということはスムーズに完済できずに迷惑をかけてしまったことがあるということに違いはありません。その情報が登録されてしまうこと、それによって新規借金、クレジットカードの作成が難しくなってしまうこともしっかりと受け止めなければいけないのです。
(⇒金融業者によってはブラックOKなケースもある?

【参考ページ】
融資を受けるならブラックにならないように意識しよう

ブラックリストに掲載されているとキャッシングの審査に通らない

ブラックリストに掲載されることでキャッシングの審査に通らなくなると言います。また、ブラックリストに掲載されると、クレジットカードを作る事も出来なくなるのです。

ブラックリストと呼ばれるリストは何処に在るのかなのですが、キャッシングの申し込みを行うと必ず審査が行われることになります。この審査は、申し込み時に提出した申し込み書と、運転免許証などの本人確認書類、そして個人信用情報を利用して行われることになるのです。

個人信用情報は、氏名や年齢、電話番号、住所、勤務先などの本人を特定できる情報が記載されており、本人確認書類と照合を行う事で情報を調べることが出来るのです。また、個人信用情報には本人の借金の状況などを把握出来る情報が記載されているのが特徴です。

申し込みをして個人信用情報を照会する事で記録が残されていきますので、短期間に複数の申し込みを行っている事で、申し込み者はお金に困っている人であるとされ、申し込みブラックの状態になるので注意が必要です。

また、個人信用情報には借金の件数や返済をきちんと行っているか、遅延をしていないかと言った情報の閲覧も出来るようになっており、お金を貸しても大丈夫な人物か否かを確認出来るのです。更に、個人信用情報には借金をしている中での延滞の情報や自己破産をした場合の破産の記録が行われることになるのですが、この延滞の情報および破産の記録と言うのがいわゆるブラックリストに該当する部部分なのです。

即ち、ブラックリストと言うのはリストとなるものが存在するのではなく、個人信用情報に延滞や自己破産をした記録が残されている事を意味しているのです。

尚、延滞は返済を数か月間滞った事で記録が行われるものですし、破産は返済の能力が無い場合に裁判所が許可を下し、免責確定を行うものであり、キャッシングの審査に通る事は難しくなります。

但し、これらの情報は数年間の中で記録は残され、やがて消滅する事になるので、その時は審査を受けることでキャッシングの利用が出来るようになるのです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY