> > > アルコシステムのキャッシングは在籍確認なしって本当ですか?

アルコシステムのキャッシングは在籍確認なしって本当ですか?

アルコシステムのキャッシングは在籍確認なしって本当ですか?

アルコシステムっていう消費者金融のキャッシングは在籍確認なしって本当ですか?(参考ページはこちら→在籍確認が無い金融業者も実在している?

初めまして、私は在籍確認を回避したいと思っている者です。その理由についてはちょっと伏せさせてもらいたいのですが、とにかく自宅にも会社にも電話をかけてこない事が、今回の金融業者選びでは必須となります。しかし銀行系のキャッシングは全て在籍確認が必須みたいですし、消費者金融も大手なら銀行色に染まっているせいか、どこも在籍確認を大事にしている始末…昔のサラ金とかはもっと適当にばんばん貸していたという事なので、その時代に生まれたかった…なんて思ってしまいます。
(⇒大手の消費者金融は銀行と関係しているところが多い?

そんな中、アルコシステムというあまり聞かなかった消費者金融だと、在籍確認無しにて融資をしてくれると聞きましたが、これは本当なのでしょうか?アルコシステムというところは大手に比べると小さく、なかなかその情報については量が多くありません。そこで金融業者にお詳しい皆さんに、このアルコシステムの在籍確認はあるかどうかを教えていただきたく、お願いしております。

通常はありますが相談する価値は十分あります

アルコシステムは、確かにマイナーな消費者金融ですよね。消費者金融の大手の名前を出すと大抵の人はCMや宣伝で見た事があるせいか頷くかもしれませんが、アルコシステムというと何の会社か分からない、って人も多いでしょうね。それこそネット検索でもしない限り、日常生活の範囲にて知る事は無い社名です。

とはいえ、このアルコシステムはきちんと公式サイトもあるし、ネット上の口コミによる評判も上々です。マイナーな消費者金融の中でも高い評価を得ている、知る人ぞ知る優れた消費者金融、という立ち位置がしっくり来るかもしれません。そんなアルコシステム、在籍確認を無くする事ができるのでしょうか?

アルコシステムの利用について調べてみると「電話による在籍確認が難しい場合はその他の方法にて確認する場合もある」との事です。これはつまり、在籍確認を電話以外で行ってくれる事もある、という事ですよね?そうなると大事になってくるのは、アルコシステムとの直接の相談です。消費者金融はどこも電話による相談を受け付けており、とても親身に対応してくれます。アルコシステムみたいな中小規模の消費者金融なら特に一人一人に向き合って柔軟に対応するケースが多く、期待しても良いでしょう。

これも個人の電話を取り次がない会社がある事が起因しているわけで、通常は申込者の都合にてホイホイ変えるわけでもありません。それなのに電話による在籍確認を希望しないと訳ありと思われる可能性もあり、場合によっては素直に電話で確認してもらう方が早いといえます。例え電話がかかってきたとしても、融資の電話とは分からないようにかけてくれるので安心して良いですよ?

アルコのキャッシングでは在籍確認なしと言われています

アルコのキャッシングが好評です。アルコのキャッシングといえば利用可能なATMの多さや簡単審査が特徴ですが、在籍確認なしという点も評価されているようです。キャッシングの審査では所得と借入状況がチェックされるのですが、借入希望額が多い場合や、申告する所得が多い場合で給料明細や源泉徴収のみでの申告の場合は在籍確認が行われるのが一般的と言われていますが、アルコでは基本的には在籍確認をしないと言われています。

在籍確認は会社に匿名で電話を変えて呼び出す方式が取られます。会社によっては個人の呼び出しに答えない会社もあり、また、在籍確認とはばれないように電話は行われますが、在籍確認は特徴があることもありばれて社内で悪い評判が立つと考える方も多いようです。そのため、出来る限り在籍確認はしないで欲しいと考える方も少なくありません。

在籍確認は主にサラリーマンが対象ですが、在籍確認をしないで審査をしてもらうためには市町村が発行する所得証明書の提出で免除するというローン会社も増えています。アルコでは在籍確認なしで審査をしますが、その代わりに厳しいチェックが行われるのではないかと考える方もいますが、審査では他の会社と変わらない審査となります。
(⇒中小消費者金融ほど審査も柔軟?

審査は収入と借り入れのチェックとなりますが、特に法律で定められている貸出上限を厳守するように審査が行われます。法律での制限は所得の3分の1を超える現金は貸してはならないという制限です。各社とも所得を厳格にチェックするのはこのためです。

借入状況については消費者金融や金融機関では合同で個人の借り入れ、返済の各情報を蓄積する会社を共同運営していることもあり、本人の同意を持っていつでも借入状況を確認できるので所得を厳密にチェックすれば審査は問題なく進むのです。そのため在籍確認が必要と考える会社が多いようです。しかし、各社とも所得の審査は自己申告と各種書類のみで行うように変わってきています

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY