> > > 簡単審査のキャッシングを地方銀行で見つけました…

簡単審査のキャッシングを地方銀行で見つけました…

簡単審査のキャッシングを地方銀行で見つけました…

簡単審査のキャッシングについて最近地方銀行で見つけました。簡単審査ですからきっと私でも通ると思うんですが、こういうキャッシングを利用するときに気をつけたほうがいいこととかってありますか?普通の地方銀行の銀行系カードローンと違って、簡単審査のキャッシングだと何か違いなんて言うのもあったりするんでしょうか?(参考ページはこちら→融資審査の内容で違いが出る事はある?

簡単審査のキャッシングは限定されることもあるので注意!

地方銀行には確かにそういう業者が多いですね。地方の消費者金融なんかにもありますし、実は大手の消費者金融でも簡単審査のキャッシングというのはあるんですが、なかなかその辺りは理解されていないというか見つけられていないところが多いです。どの業者のものを利用してもそうなんですが、審査を簡略化しているということはキャッシングでできることも限られてくるということも考えておきましょう。

たいていの地方銀行、及び大手の消費者金融でもあるこの簡単審査のものですが、簡単審査のもの特有の制限というのがあります。例えばある大手の業者の場合は消費者金融の審査を普通に受けた場合に比べて、借り入れできる金額が一気に少なくなります。ここは多くの人が知っている老舗ですけれども、だいたい10万円くらいまでならすぐにスピード審査してくれるというものです。
(⇒審査の受け方でも結果が違う?

もっと借入をしたいんだったらちゃんとした審査を受けないといけないけれども、少ない金額だったらこれで大丈夫、というように分かれているわけです。つまりたくさん使いたいというのであれば借入審査をちゃんと受けないといけないわけで、これは地方銀行の商品であっても大手の商品でも同じでしょう。一般的な100万円程度までの借入枠は簡単審査では使えないものです。

また金利も高めである、場合によってはその金利は法律の上限ギリギリに設定されているということもあったりします。となるとかなり返済の時には金利を払わされることになりますから、その点はわかった上で利用しましょう。利用している人は一括ですぐに返済するから、金利が高くても構わないと言う人も多いですし、そのあたりはよく考えておいたほうがいいです。

もう一つ注意しておいたほうがいいのはキャッシングの時のカードをもらえない可能性もあるということです。ATMで使えるキャッシングですが、たいていカードを使って借り入れをすると思います。しかし簡単審査のものは借り入れをするときは窓口もしくは電話で連絡をして振り込んでもらうというものもあるので、ATMを使いたい人はよく調べてから利用しましょう。

色々制限はありますが、悪いものではありませんので自分にあっていると思う人は使っていいと思いますよ。

近頃よく見るキャッシングの簡単審査とは?

あると便利なカードローン。カードさえあればコンビニのATMやキャッシュディスペンサーなどから簡単にキャッシングできるので、一度くらいは使ったことがある人は意外と多いのではないでしょうか。そんなキャッシングですが、利用するには審査に通らないといけません。返済能力の有無を測るのが審査なのです。この審査ですが、大手消費者金融などでは最近、ウェブ上に名前や年齢などを入力すると可能かどうかがわかる簡単審査というシステムを導入しているところが多いですが、なぜ簡単にわかるのでしょうか。

実はこの簡単審査、人の手は全く用いません。これまでの統計からコンピューターが導き出してくれるのです。つまり、年齢、仕事などからどれくらいの年収、返済が可能かを瞬時に導き出してくれるのです。そのためすぐに審査結果がわかるのです。しかし、これはシステム上に入力するだけで導き出されるシンプルなものなので、この結果が必ずしも正しいというわけではありません。

例えば40歳の医師であるなら、コンピューター上では返済能力は高いと判断されるかもしれませんが、実は転職したばかり、しかも他社からの借り入れがあるとなると、また条件が違ってくるのがわかるでしょう。こういった細かな設定をコンピューター上にプログラミングできないので、簡単審査の後には人の手による本審査が行われるのです。ただし、簡単審査の意味がないわけではありません。一般的にいってこの属性なら借りられるかどうかというのを瞬時に知ることができるので、キャッシングを躊躇している人を後押ししてくれる、大事な判断材料とも言えるのです。

キャッシングの申し込みの際には簡単審査、そして本審査となることがほとんどです。両方とも通ればはれてキャッシング可能となりますが、借り過ぎは禁物です。ブラック入りして借り入れだけでなく、クレジットカードも使えなくならないように、利用は計画的にすることです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY