> > > 誰かに代行してキャッシングしてもらった時の在籍確認は?

誰かに代行してキャッシングしてもらった時の在籍確認は?

誰かに代行してキャッシングしてもらった時の在籍確認は?

よく誰かに代行してもらって消費者金融や銀行系カードローンを借りるっていうことをすると思うのですが、そういう時ってどういうふうに在籍確認に対応したらいいんでしょうか。申し込みをする人がいて、その人が書いたところに連絡が来ると思いますが、連絡はすべて申し込みをする人に任せたらいいんでしょうか。

それとも申し込みをした人ではなく、代行させている自分自身がやっておかないといけないのでしょうか。書いた方がいいことなども変わってくると思うので、教えてください。

キャッシングの代行は名義貸しと言って禁止事項に当たる

これは勘違いされている人も多く、意外にキャッシングの業界では当たり前のように行っている人も多いようですが、良くないことであるという認識を持って置かなければなりません。実はキャッシングを代行してもらって借りると言う方法は、契約上も禁止されていることなのです。多くのキャッシングが実際に利用する人以外は契約できないような内容になっています。

これらの行為は一般的に広義の名義貸しと言われています。名義貸しはその名の通りで名前を貸すというもので、名義貸しをする相手は保証人が欲しい人だったりするんですが、こういった消費者金融や銀行系カードローンでも使われることがあります。もちろんこれは金融業者をだますことになりますから、即刻全額返済を求められる可能性もあり、やってはいけないことになっています。(参考ページはこちら→ルール違反はブラックリストに繋がる事も?

消費者金融や銀行系カードローンなど、名義貸しに当たる代行というのはキャッシングではやるべきではないでしょう。もちろんいろいろな理由があるのはわかります。自分で借りるよりも他の人に借りてもらった方が借り入れの審査に通りやすいということもあるでしょうし、金利が下がるということもあるでしょう。もしくはたくさんのお金が必要で多くの人に代行して借りてもらって大きな金額にするのかもしれません。

しかしこういった方法で返済が必ずしも行われるわけではないでしょう。契約者である代行をしてくれた人が最終的な返済義務を負うわけで、場合によってはその人に借金を押し付けて逃げるという人もいるでしょう。質問者はそういう人ではないと信じていますが、そういう可能性も無きにしもあらずですから、やるべきではありません。

キャッシングを代行してもらう時に在籍確認がどうとか、そういう問題では無いということです。もともとそれは契約上、問題のあることなのですから、最初からしてはいけないことだと認識しなければならないのです。

【参考ページ】
在籍確認がどうしても不都合な方へ

キャッシングの際に在籍確認を代行してもらう方法とは

キャッシングを行う時には、在籍確認が必須です。頼み込めば、社員証や給与明細書、在籍確認書等で対応してもらえることもありますが、大抵は電話で確認されます。貸す側は、本当に貸しても大丈夫か、きちんと回収することができるのかを知りたいと思っていますので、申告通りの会社に勤めていることを確かめるのは重要な作業です。しかし、多くの人は金融会社から電話がかかってくることを嫌います。キャッシングしていることを誰にも知られたくないからです。
(⇒融資審査で必要になる事とは?

最近では、在籍確認の受け答えを代行してくれる会社もあります。どのように答えて欲しいのかをあらかじめ伝えておけば、その通りにしてくれます。代行会社に依頼してしまえば、いつ電話がかかってくるのかと気をもむ必要がなくなりますので、精神的にはずい分楽なはずです。この方法を選択すれば、実際には仕事をしていなくても会社勤めをしていることを証明してもらえますので、審査を通過することができます。

代行を頼んで審査に通過したら、その後の返済はきちんと行わなければなりません。所属を偽っているわけですから、返済が滞ればほころびが出てしまう可能性もあるからです。完済の日まで気を抜かず、計画的に進めることがとても重要です。きちんとした会社に勤めていて、在籍確認の電話がかかってくることを避けるためだけに代行を利用する場合は、返済に問題が生じにくいので、大抵はうまくいきます。

キャッシングでは、貸し手は利用者の信頼度に応じてお金を貸してくれます。利用者は借りているという事実を忘れずに、なるべく早く完済する位の気持ちでいることが大切です。この代行はカードローンの時にも使えます。様々な事柄に対応してくれますので、必要に応じて使うのが賢い方法です。また、中には在籍確認なしで利用できるところもありますので、そのような会社を探すことも大切です。最初から確認がないと分かっていれば、色々と対策を考える必要はありません。(参考ページはこちら→自分に都合が良い金融業者を探してみよう

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY