> > > アイキャッシングが貸付を停止したと言うのは本当ですか

アイキャッシングが貸付を停止したと言うのは本当ですか

アイキャッシングが貸付を停止したと言うのは本当ですか

私は大阪在住の遊び人です。以前からサラ金でお金を借りては苦労して返すと言う生活を続けています。ただここしばらくは仲間内でお金儲けに励んでいたためにサラ金の利用は止めていました。ところが最近になって政治が変化してこのお金儲けが難しくなってきていて、またお金がない生活が近づいて来てしまいました。そこで仲間内で何処なら貸してくれるかという話になって、以前借りまくったサラ金を探してみることになりました。

今私が探しているのがアイキャッシングと言われるサラ金で以前はそれなりに人気が有って、私が利用していた中でも良い対応だったところです。ところがどういう訳かどうしても見つけることが出来ません。貸付を停止してしまったと言う噂も聞きましたし、もしかしたら場所を変えて営業しているのかもしれません。そこで聞きたいのはアイキャッシングは現在どうなっているかということです。本当に貸付を停止してしまったのでしょうか。(参考ページはこちら→昔に比べて金融業者は減った?

噂の通りアイキャッシングは2011年に貸付を停止しました

あなたが聞いた噂の通りアイキャッシングは2011年に貸付を停止していますので、これから探しても時間の無駄です。またその他の消費者金融も多くは入れ替わったと思いますので、借入を考えているのであれば、新たな消費者金融を開拓した方が早いのではないでしょうか。ただしこの機会の遊び人を止めて定職に就くと言う選択肢も有ることを忘れてはいけません。何をやっていたのかは知りませんが、働いていたのであれば働き続けてはいかがでしょうか。(参考ページはこちら→仕事をしていないと融資を受けるのは難しい?

では何故かつての消費者金融が無くなってしまったのか一応お話ししておきましょう。かつて消費者金融はそのやり方から必要悪などと言われ栄枯盛衰はあったもののそれなりに利用者が付き、経営は順調なところが多かったのですが、上限金利が高かったり、暴力的な取り立てが横行したりしたため、社会問題化することも多々あって、消費者金融を管理する為の貸金業法が徐々に厳しくなて行きました。そして近年行われた改正がトドメを刺したのです。

この改正で上限金利は抑えられ違法な取り立ても厳しく取り締まられ、さらに貸し出しも収入によって上限が決められるなど、消費者金融にとってはまったくお金が稼げる状態ではなくなってしまったのです。このために消費者金融業界は大手から中小個人経営に至るまで殆どの業者の経営が傾くことになりました。当時大手の多くは既に銀行と取引が有ったため銀行の傘下に入って何とか持ちこたえましたが、中小を中心にこの時約半数の消費者金融は消えたと言われています。

現在でもこの余波は続いており、経営に行き詰っている消費者金融は沢山あるようです。あなたがたが探しているような消費者金融もこの法改正が引き金になって、消えていかざるを得なくなったのでしょう。ただしこの業界は必要とする人がいる限り消えてしまう事は有りません。新しい消費者金融が次々に現れていますので、利用を勧めるわけではありませんが、あなたの周囲にも評判の良いところは見つかるのではないでしょうか。(参考ページはこちら→様々な金融業者に目を向けよう

アイキャッシングを利用するにあたってのポイント

アイキャッシングを利用したいと思ってる方もおられるかもしれません。アイキャッシングでお金を借りる場合は、まず消費者金融の特徴について知らなければなりません。

例えば、金利が高いことはその一つです。消費者金融の金利の高さは銀行と比べても明らかですが、金利が高い分、前もってよく金利計算をしておかないと返済を苦しくしてしまう可能性があるので注意しましょう。

さらに、総量規制のことを念頭に置く必要もあります。総量規制とは、規制の対象となる会社について、融資額の上限を定めた規制のことです。消費者金融はこの総量規制の対象となりますが、その規制においては、申込車の年収の3分の1までしか融資できないことになっています。したがって利用者はこの点を知っておかなければなりません。例えば、高額融資を求めて消費者金融を利用するとしても、本人の収入によってはそれが叶わないこともあるのです。逆に高額融資を求めるなら、総量規制の対象にならない銀行のほうが有利といえます。

さて、消費者金融といえば利便性の高さが魅力の一つです。例えば、インターネットを通じて申し込みができること、24時間365日対応など、時間を選ばずに申し込みできることなどは、利用者にとっておおきなメリットとなります

その一方で、そうした利便性がお金の借り過ぎを招く危険性もあります。ネットから申し込みができることはとても便利ですが、そうした便利さは気持ちをルーズにさせ、お金を借りるという意識を希薄にさせることもあります。その結果として、ついつい余分にお金を借り過ぎてしまうことになりかねないのです。この点にはくれぐれも注意するようにしましょう。

さて、どんな業者の場合でも審査に通過しなければ融資は受けられません。アイキャッシングの場合も同様で、ちゃんと審査がありますので、その審査基準を満たせるようにしておくことも大切です。審査項目としては、収入、勤務先の規模、加入保険、年齢、家族構成、信用情報などがあります

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY