> > > 三年前から年金生活でキャッシングはできるんですか?

三年前から年金生活でキャッシングはできるんですか?

三年前から年金生活でキャッシングはできるんですか?

長年働いていた会社を3年前に定年退職しました。もう2年の延長契約で働く事もできたのですが、十分仕事をしましたし、2人の子供もそれぞれ結婚をして孫もいますから、あとは好きな麻雀を月に2、3度だけですけど、気の合った仲間と楽しんだり、妻と旅行に行ったりしたいと思っていました。

でも予定通りにはいかないものですね。上の息子がマンションを購入して、その後に給料の良い会社に転職したのですが、営業成績が思わしくなくて逆に収入が減ってしまったのです。今は私の年金の一部をマンションのローンに当てています。息子の妻も働いているので、これ以上私が負担する事はないのですが、旅行代などが少し足りなくなってしまいました。旅は体力のあるうちに行くべきだと思います。特に海外旅行は早いうちに行きたいですからね。そこで足りない金額をキャッシングで補おうと思うのですが、年金生活でキャッシングが可能でしょうか?

金融会社によって年齢制限がありますがキャッシングできるでしょう

老後の計画はなかなか設計図どうりにはいかなく、思い通りにはなりませんよね。でも何とか息子さんの方も生活ができているみたいですし、奥様も働いているのだから、これで良しとしましょう。さて、定年後の予定が、少しばかり窮屈になってしまいましたが方法は考えられます。年金生活でキャッシングができるのか?という質問ですが、あなたの年齢もおそらく63才前後ですね。70才以上になると無理ですが、大丈夫です年金生活でキャッシングできます!ただ、消費者金融でも銀行でも上限年齢がまちまちなので、いくつかの金融会社に年齢制限を確認してください。(参考ページはこちら→審査の基準は金融業者毎に変わる

もし、あなたの住宅ローンや他の借入金が残っているようでしたら厳しいかもしれませんが、その場合でも、どこかで働いていれば限度額は低くなりますがキャッシングができる場合もあります。キャッシングを申し込むに当たって、もっとも重要なのは定期的な収入があるという事です。年金で生活ができる方のようですから大丈夫でしょう。

健康でしたら運動がてら短時間でもいいですからアルバイトをお勧めします。そうするとアルバイトの収入だけでも申し込みが可能になる場合だってあるのです。ただ、アルバイトでも勤務年数を問われますから最低でも半年以上は働いてから申し込んでください。無理にとは言いませんけどね。いずれにせよ、息子さんの住宅ローンの支払が早く目処がつけばいいですね。

アイフルなら年金生活でキャッシングが利用できます

年金にはいくつかの種類がありますが、国民年金を受給しているお年寄りにとっては生活資金に困るケースも考えられます。資金不足に陥ったときには、知人からお金を借りることも対策方法と言えますが、いつでもお金を貸してくれる相手が見つかるとは言えないでしょう。消費者金融業者のキャッシングを利用することで、多くの人が借り入れが可能となり資金不足を解消することができます。消費者金融が行っているキャッシングは幅広い年齢層に対して融資を行なっている会社も増加していますし、職業によって貸し付け制限を行っている金融業者を選択しなければ年金生活でキャッシングすることも可能です

年金生活でキャッシングできるおすすめの消費者金融業者はアイフルです。アイフルの年齢基準は満20歳から70歳未満ですので、70歳未満の年齢のお年寄りであれば年金生活でキャッシングを利用できます。アイフルは知名度の高い消費者金融業者ですので、安心して利用しやすい点もおすすめの理由となります。金利も非常に安くて、実質年率で4.5%から18%の金利で借り入れができますので、返済しやすい点も魅力的です。

申し込み方法は店舗や自動契約機、電話による申し込み、スマートフォンやパソコンからのインターネット経由で申し込みをする方法など多彩な手段から、利用者のニーズに合わせて選択することができます。来店不要で借り入れの申し込みを済ませたい人の場合には、電話またはホームページからの申し込みがおすすめとなります。申し込みを行うとアイフルから電話かメールによって審査結果が通知されますので、審査結果を知らされたらFAX、郵送、メールのいずれかの方法によって運転免許証や健康保険証などの身分証明書の提出を行います。

借り入れ方法は指定してある銀行口座に融資のお金を振り込んでもらうか、カードを受け取ることでATMから借り入れる方法を選択できます。
アイフルの審査は素早く行われますので即日融資にも対応してくれます。すぐにお金が必要な人にとって、申し込みをした日のうちに融資をしてもらえることは嬉しいサービスと言って良いでしょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY