> > > 今、キャッシングの審査に必要な物は何があるの?

今、キャッシングの審査に必要な物は何があるの?

今、キャッシングの審査に必要な物は何があるの?

キャッシングの審査を受けようと思っています。初めてのことなので何分緊張をしているんですけれども、なんとかなるだろうと友人からの励ましもあって不安は少しだけしかありません。その不安の一つが必要なものについてです。

必要なものというのはいくつ会って、どういうものを持っていけばいいのでしょうか。キャッシングの審査をたくさん受けてきたという人に聞いてみたいですし、持っていくものによっても何か審査が変わったりするものですか?(参考ページはこちら→融資審査の内容が変わる事はある?

キャッシングの審査に必要な物は基本的に2つだけだ

キャッシングを今までいくつも受けてきたという人ならわかってもらえると思いますが、借金をするという時には少ない数の必要なものでなんとかなるということです。借金をするという時に必要なものは多い、というように思っている人も少なく無いと思いますが、意外に最近では必要な物が少なくなっているのです。大体きゃっしんぐであれば、必要な物は2つしか無いと言われています。

キャッシングの審査に必要なもののひとつは免許証などの身分証明証です。自分自身の身分を証明するもので、その人がちゃんと本人であるかどうかがわかれば問題ありません。だいたい免許証を使いますが、人によってはパスポートだったり保険証だったりします。どのようなものでも使えます。国や自治体が発行しているものなら問題ないでしょう。

もう一つが収入証明というものです。これは必要ないというところも増えてきていますので、よく申し込みの時に聞いてみて欲しいのですが、自分はどのくらい稼ぎがあるのかということを指し示すものです。収入証明で持っていくものとしてはたいてい給料明細、もしくは前年度にもらっている源泉徴収票なんかを持って行くことが多いでしょう。個人経営であれば確定申告書などがいいでしょう。

この2つを持っていけばいいというところがほとんどですが、収入証明書については持っていかなければいけない時もありますが、持って行かなくてもいいという業者もあります。一定金額以上にならなければ特に必要ないというところもありますので実際に必要かどうかというのを聞いたほうがいいでしょう。業者によってこのルールはだいぶ変わってきます。(参考ページはこちら→ルールの違いも含めて金融業者を選んでみる

必要な物というのは非常にキャッシングでは少なくなりました。昔は持って色々と必要なときもあったようですが、今はそういう時代ではなくて簡単に借りられる時代になったということでしょう。事業のために融資を受けるといろいろなことが必要になりますが、個人で借金をするにはいい時代になったといえるんじゃないでしょうか。(参考ページはこちら→融資審査はどこも簡単になってるの?

キャッシングに必要なものは書類だけではありません

キャッシングに必要なものは何でしょうか。それにはキャッシングできる条件と、それを証明する書類があります。

まず条件ですが、まずは年齢です。基本的に20歳以上で成人していることが必要です。これは成人していないと自分の意思だけで契約をすることが出来ないので必要な条件です。実際には特殊な例で例外もありますが、それは本当に例外です。

また利用できる年齢に上限があります。これは法的な制限ではないので、契約によりまちまちですが65歳までとか70歳までとかとなっている場合が多いようです。やはり無保証人、無担保の信用取引なので年齢に上限があることになります。

それから収入があることです。借入を自分の収入で返済できることが必要ですので、収入のない人は利用出来ません。特に消費者金融は貸金業法の総量規制により年収の1./3までしか借入できなくなっていますので、年収があることは絶対条件になっています。総量規制のない銀行でのキャッシングでも収入がない人に貸してくれるのは特殊な例外ですので、やはり収入がることは必要です。そしてその収入が安定していることも必要です。去年いくら収入があったと言う形で収入証明は出しますがそれが不安定なものだと今年はないかもしれないわけですから、貸してくれないわけです。

さてこの条件がそろっているのなら申し込みできますが、その際には最低限必要な書類として写真入の公的な身分証明書が必要になります。どうしてもなければ写真入でなくても構わない場合もありますが、基本的に写真入です。それから収入証明書ですが、これは最初は必要ない場合がほとんどです。それは50万円までの借入では必要ないからです。しかし提出の必要がある場合は源泉徴収票や確定申告の写しあるいは給与明細などです。

また勤務先の在籍確認を電話ですることを省略するために、在籍を証明する書類を出すこともあります。例えば源泉徴収票とか会社名の入った健康保険証とかそこに勤務していなければ手に入らない書類です。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY