> > > もし海外キャッシング利用予定なら学生ライフカードが賢い?

もし海外キャッシング利用予定なら学生ライフカードが賢い?

もし海外キャッシング利用予定なら学生ライフカードが賢い?

現在、大学3年生なのですが、そろそろライフカードで契約をしようかと考えています。学生については、海外キャッシング利用の場合も含めて学生ライフカードと聞いているのですが、やはり一番人気なのはライフカードなのでしょうか?
(⇒クレジットキャッシングはどれくらい便利?

ライフカードについては自分なりにネットで調べてもいるのですが、どのようなサービスで特にオススメとなっているのかがわかっていません。金利や発行日数だけを比較すると、他のJCBやVISA関連のクレジットカードと同じようなものだと感じました。

海外利用を検討するとライフカードとなります

どうして海外キャッシング利用の場合は学生ライフカードと言われているのかというと、それは海外旅行中の補償がしっかりとしているからです。ライフカードの公式ホームページにいくと、そのような情報についても掲載されています。例えば、海外旅行をされている際の補償では、「事故・死亡・後遺障害などは2000万円までを最高として補償する」となっているからです。ちなみに、このような契約についてはクレジットカードによって様変わりします。

例えば、海外旅行用の保険で最も多いのは後付けというケースです。後付けになっている場合は、申請をしないと意味がありませんし、場合によっては海外旅行用のクレジットカードでないケースまであったりします。また、そんな保険の加入においてはクレジットカードに付帯をさせるわけですが、海外キャッシング利用の場合に学生ライフカードを使っているキャッシュバックを受けれるようにもなっているのです。キャッシュバックとは、現金で一定額を受け取れるサービスのことです。キャッシュバック制度については、返済を行った翌月などに支払が行われるようになっています。

このサービスについても、他では対応していないケースがありますので、海外キャッシング利用であれば学生ライフカードとされているわけです。それと、先ほどの保険についてですが、個人で探す場合に手間がかかることも多いです。正式名称は、「海外旅行傷害保険」となっているのですが、○○補償や○○特約のようなものもありますので、混同して契約されてしまう人もいます。後、学生ライフカードについてはフリーコールで学生専用のスタッフ対応を受けることまでできます。このような相談もできるようになっているので、クレジットカード中では学生専用であるのは確かだと言える魅力のあるカードとなっています。

【参考ページ】
海外キャッシングを重視して借入を受けるなら

キャッシング付きの学生ライフカードは海外でもお得に使える

消費者金融や銀行のカードローンに代表されるキャッシングは、カード1枚で気軽にお金が借りられるため、急にお金が必要になった時などに大変重宝します。消費者金融のカードローンは、20歳以上で毎月一定の収入がある人なら学生でも申し込めるため、旅行やサークル、飲み会やデートなど、何かと出費が多い学生にはもってこいのローンです

また、カードローンとは別に、学生が持っていると便利なのがクレジットカードです。カードローンとは異なり、現金ではなくカードを使って支払いが出来るため、わざわざATMに行ってお金を借りる必要がない上、携帯料金や電気代、ガス代と言った各種支払いにも対応出来ます。調子に乗って使い過ぎないようにすれば、クレジットカードは学生にとって額生活をより豊かにしてくれる便利なツールです。

クレジットカード会社の「ライフカード」は、学生専用のクレジットカード「学生ライフカード」を発行しています。これは、高校生を除く18歳から満25歳で、大学や大学院、短期大学、専門学校に在学中の人が申し込めるクレジットカードです。年会費は永久無料で、卒業後も引き続いてカードを利用出来ます。
(⇒自分が融資に申し込めるかどうかをチェック

このカードの特徴は、海外でのショッピングの際、カード利用額の5%をキャッシュバックしてくれるサービスがあります。学生が海外旅行をする際、このカードでショッピングをすれば、利用月の翌々月にあらかじめ登録した銀行口座にキャッシュバック分が振り込まれます。

また、海外旅行中に事故や重大な障害を負ったり、死亡してしまった際に、最高で2000万円まで補償してくれる「海外旅行傷害保険」が無料で付帯しています。その他にも、学生専用の問い合わせ窓口や、カード紛失や盗難時の不正利用分を負担してくれる「カード会員保障制度」といった、学生にとって安心のサービスが充実しています。

利用可能枠は最大30万円までですが、審査によっては消費者金融のカードローンのように、現金でお金を借りることが出来る「キャッシング枠」も付与されることがあります。カード利用の際は、くれぐれも使いすぎに注意しましょう。
(⇒融資サービスの使い勝手とは?

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY