> > > 専業主婦でも緩いキャッシングと在籍確認のところを探しています

専業主婦でも緩いキャッシングと在籍確認のところを探しています

専業主婦でも緩いキャッシングと在籍確認のところを探しています

専業主婦をやっているのですが、最近になって収入を得るようになりました。そこでキャッシングと在籍確認が緩いところがあれば教えて欲しいなと思い、こちらから質問をさせて頂いたのですが、そのような業者は存在するのでしょうか?(参考ページはこちら→在籍確認って何?

今までにカードローンといったローン履歴は少ししかありません。金融関係でトラブルなどはまったく出していないので、これといってお金を借りる際に苦労することもないのではと思っています。ですが、逆にローン履歴が少しだけだと借りられないという話を聞いたことがあります。希望借入額は30万円ほどなので、この条件でもキャッシングと在籍確認が緩いところがあれば教えてください。
(⇒どうすれば融資審査に通るか考えてみよう

在籍確認については必須となっています

カードローンとキャッシングでよく出てくる勘違いに、「在籍確認は行っているところとそうでないところがある」というものがあります。しかし、昔はサラリーマン金融などで好きなように対応できたのですが、今ではそうでもなかったりします。なので、在籍確認は今では必須となっているというふうに判断しておいたほうがいいでしょう。昔のように条件付きで在籍確認をしないというものもなくなっています。

次に希望借入額30万円についてですが、特に問題はないかと思います。ただ、夫にあたる方が無収入であった場合には、専業主婦ではカードローンとキャッシングなどを組むのは難しいです。収入に関しては一定額以上ないといけないとなっていますので、せめて収入が得られている状態ではなく、就職に近い形で安定して稼ぎを得ているような状態にしておかないといけません。

ただ、キャッシングなどを今までされてきていないという場合であれば、キャッシングを1つの業者だけで20万円以上で組むというのは難しくもないでしょう。また、カードローンなどの履歴についてですが、まったくなかったとしても問題ありません。どうして履歴があったほうがいいと言われていたりするのかについては、履歴があったほうが将来的に増額検討されやすくなっているからです。

ただ、近年では専業主婦のようにキャッシングと縁がなかった相手に対しては緩い状態になっています。なので、今の状況を考えるとそこまで厳しい状況ではないということだけは確かです。また、希望借入額についてですが、どれほど大きく見積もっても50万円以上は難しいと覚えておいてください。近年では収入によっては50万円以上では借りられないところもあります。

キャッシング時に在籍確認の緩い会社はあるのか?

キャッシング時には、必ず勤務している会社への在籍確認が入ります。借り入れをしている人の多くは、周囲に内緒でこっそりと借りていますので、誰にも知られたくないと考えますが、在籍確認を避けることは難しいのが現状です。ただし、中には代替の方法で証明することでOKしてくれるところもあります。

在籍確認に関して緩いところかどうかは、実際に話を聞いてみないと分かりません。キャッシングでは、借り入れ可能額や利率等が重要ですので、この点だけに気を取られてはいけませんが、心配な場合には申し込み時に確認してみることが大切です。代替の方法として求められるものには、在籍証明書や社員証、給与明細書等があります。これらの中で1つではなく、大抵は複数の提出を求められます。

会社に電話がかかってくる時に席についていることが可能なら、あらかじめ時間帯を確認しておき自分で電話に出るのも一つの方法です。ただし、普段は電話に出ないような人がその日に限って急に電話に出れば、周囲の人が違和感を感じる可能性もあります。普段も電話を取ることが多い人なら、いつも通りの仕事のように電話を受けることができます。

営業等で外出することが多い人は、自分で電話に出ることが不可能です。しかし、かけてくる時には社名ではなく個人名を名乗ってくれますので、個人的な付き合いのある人からの連絡くらいにしか思われません。キャッシングをしているなどと考える人はいませんので、電話から知られる可能性は低いと考えて問題ありません。

最近では、在籍確認に関しては緩い対応を取っているという点をアピールしている会社もあります。もちろん、その場合でも他の方法でその会社に在籍していることを証明しなければなりませんが、電話がかかってくることに強いストレスを感じている人は他の方法で済ませることができるならばそちらを選びたいと思うはずです。在籍していることを証明できる書類はすぐに用意できるように、あらかじめ確認しておくことも重要です。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY