> > > キャッシング審査にとおらないその訳と理由はどんなことがあるの

キャッシング審査にとおらないその訳と理由はどんなことがあるの

キャッシング審査にとおらないその訳と理由はどんなことがあるの

経済成長した日本ではありますが、平成に入って暫くしてバブル崩壊後は長い長い不況が続きました。世の中職求めてハローワークでは連日大勢の人で賑わって正社員の仕事を探す人で溢れました。「未経験OK」と求人にあってもいざ面接に行くと、「うちでは経験者がいいんだよね~!!」と面接官に言われて不採用ばかり。なかなか定職に就けず、日雇いバイトや派遣社員などの非正規で繋いできました。

その肝心の派遣でも派遣切りがあって、一時「派遣村」なんて呼ばれることもありましたね。それでも景気が回復する傾向は今だ見られず・・・。

安倍政権になってから景気は回復してると言われてるがどこまで本当なのか実際の所分かりません。今まで沢山の企業に応募してきたのに、不採用続きで凹んでいます。今バイトさえ採用されません。年齢が55歳だからでしょうか?キャッシング利用したいのに、審査に通りません。理由は何ででしょうか?55歳・男性・無職・離婚歴有

キャッシング審査にとおらない理由は無職が原因です

なかなか定職に就けないのは本当に辛いものです。もう55歳では後5年後には定年を迎える企業が多いですから、長く働けない理由から不採用にされるのかもしれません。ハローワークでもう30代後半以上になると正社員で職を探すのは難しいと言われています。

今あなた様は無職と言うことですね。それでお金がないからキャッシングをしたいと思われるでしょうが、よく考えてみてください。無職と言うことは今は収入が0と言うことですね。ですと、キャッシングしてどうやって返済するのですか?まず大手の消費者金融では無職は審査の対象外でとおりません

では審査にどうしても通りたいと思いならバイトでも派遣でもいいので仕事を探しまくるしか方法はありません。今ではキャッシング自体も非正規であっても定期的な収入があれば審査にとおれる可能性は大きくなります

キャッシングの審査は勤務先や勤務年数も大きくかかわってきます。まず入社して半年未満は審査は対象外です。やはり勤務年数も長ければ長いほど審査にとおりやすい素材になります。55歳で無職で正社員で探すのはなかなか難しいですね。よっぽど何か人にはないようなスキルとかあれば採用される可能性もなくはないですが。

世の中段々高齢者が増え、出生率は低下していくばかりです。そんな時に自分が年老いた時に貯蓄がなかったとしたらとてもみじめになります。そういう時にこそ諦めないで職探しをしてみるべきではないでしょうか?それでも職が見つからないと、生活保護を受ける人も大勢います。生活保護者でキャッシング出来るかどうかは金融業者によって融資OKな所とNGな所と別れてますので、これも何ともキャッシング利用できるかどうかはハッキリと断言できません。

やはり一番いいのは働いて収入があることにつきます。厳しいですが、どうかまず働き口を見つけてある程度の収入を得られるようになった時、キャッシングの件を考えてもいいでしょう。

ではここでキャッシング審査にとおらない訳とその理由を簡単に挙げておきます。
①他者で借り入れをしている
②年金生活者や生活保護者は審査対象外の場合有
③ブラックリスト
④無職

などです。審査にとおらない限り、キャッシング利用は出来ません。やはり仕事を探して非正規でもいいので、収入がある状態でキャッシングすることを改めてここでお勧めします。

キャッシング審査にとおらない理由を考える

以前よりも敷居が低くなったとはいえ、申し込んだからといってすべての人がキャッシング審査に通るわけではありません。必ずキャッシング審査にとおらない人はいます。そして、必ずキャッシング審査にとおらない理由というものがあります。それを踏まえておかなければ、何度申し込んでも同じ結果になるだけです。

まず前提条件として、年齢規定に合致しない人、収入のない人は除外されます。年齢規定は各社によって異なりますが、下は20歳以上、上は65歳程度になっています。つまり、未成年や会社を定年退職して年金生活を送っている人は審査には通らないということです。もちろん法律で規制されているわけではないので、審査を受け付けているところもありますが、基本的には無理と考えるべきです。
(⇒融資の年齢制限はシビアです

さて、実際の申し込みに当たって特に重視されるのは、収入、属性、借り入れ状況です。

申し込みの際には、必ず安定した収入のある方とされています。もちろん収入が大いに越したことはないのですが、たとえアルバイトやパートであっても一定の収入があれば問題ありません。無収入の人でも借入を行える方法はあるにはあるのですが、実際にはほぼ無理です。

属性とは、本人の現況のようなものです。住所氏名はもちろんですが、家族構成、勤務先や勤続年数、持ち家かどうかなどです。独身で親と同居していれば、家賃や水道光熱費などを支払う必要はないので評価は高くなります。既婚であれば、子供がいれば養育費が掛かるので評価は少し低くなります。独身で一人暮らしですとかなり評価は下がります。勤務先は公務員や大手企業であれば評価が上がります。持ち家の場合は住宅ローンが完済されていることが望ましいです。借金が重荷で夜逃げするということもないからです。賃貸であれば評価は下がります。

借り入れ状況は当然借り入れなしが望ましいですが、他社で借入があっても、既に完済していたり、遅延延滞を起こしていなければ問題ありません。逆に数社から借り入れていたり、遅延延滞を繰り返していれば、断られる元となります。

以上のことを踏まえておけば、審査で落とされることは少なくなります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY