> > > 無職の人や自営業の人はキャッシングしにくい?

無職の人や自営業の人はキャッシングしにくい?

無職の人や自営業の人はキャッシングしにくい?

キャッシングしたいのですが、無職や自営業の人は審査が一般の人と違いますか?(参考ページはこちら→職業で変わる融資審査結果

自営業者専用のカードローンやキャッシングもあります

自営業者専用キャッシングはサラリーマンなど会社員がりようする一般的なものと違い、総量規制対象外なので、自営業者専用のキャッシングは年収の3分の1を超える額の借入もできます。使い道は事業資金や生活費など個人的な目的でもいいところがあります。自営業者専用カードローン、キャッシングはまだすくないかもしれません。

無職の人と、自営業者は違うので別々で考えますが、キャッシングやカードローンは申し込み資格として20歳以上で、安定して継続した収入がある人なので、無職の専業主婦や学生でも借りられますが、専業主婦は配偶者が安定した収入がある事や学生ではアルバイトをしていること(仕送りでもいいところもあります)が審査が通りやすいです。その点専業主婦ではない無職の人となると、借りられる所は少なくなるでしょう。

自営業者といっても幅広く、ここ最近起業して自営業者になった人もいれば、何代も続く商売をしている方もいるでしょう。銀行や貸し手の消費者金融からすれば、開業年数が浅い会社の場合、返済能力や企業の力がまだまだ弱いと判定されるかもしれません。自営業者でなくとも一般の人が借り入れを申し込む時も、職業や勤続年数や年収を考慮されるように、自営業者も商売の年数も考慮されるでしょう。

自営業者はお付き合いのある銀行があるのではと思いますが、事業資金の資金繰りは銀行でやっているでしょう。ではなぜ、消費者金融やカードローン、キャッシングをする必要があるのでしょう。例えば急に現金が要る時があります。ビジネスチャンスはいつどこで起こるかわかりません。急に必要なとき銀行の融資は時間ががり待っていられないこともあります。クレジットカードのキャッシング枠を申請して使えるようにするときも日数がかかります。それで、消費者金融などのキャッシングやカードローンを利用する自営業者もいるのです。

銀行の融資と違って、キャッシングはすぐに現金が手に入りますので、急なビジネスチャンスも逃がさないですね。これは、とても助かるそうです。ですが、銀行の融資と違ってキャッシングやカードローンは金利が高いです。この利息がかえって経営を圧迫しているという話も聞きますので、計画的に時間があり借り入れを望むのであれば、銀行の融資の相談がいいでしょう。

無職や自営業者でもキャッシングを利用できるようになっています

キャッシングサービスといえばサラリーマンや高額所得の会社役員でないと利用できないと言われてきましたが、現在ではこれまで借りられなかったような方でも利用できるように変わっています。

これまでキャッシングサービスを利用できないと言われていたのは自営業者やアルバイト・パートなどの無職扱いの方々です。この方々は年収では一定額を稼いでいる方も多いのですが、キャッシングサービスやローンの審査では職業がアルバイト、パートは無職扱いだったこともあり、審査は通らないことが多かったようです。また、自営業者の場合もアルバイト、パートほどではないにせよ、審査ではかなり不利な立場だったことが多いようです。

しかし、現在のキャッシングサービスやローンの審査では職業による差別はなくなっており、単純に収入と借入状況での判断をする場合が多くなっています。収入については年収による審査が行えます。サラリーマンや会社役員で給料制の場合は月収での審査もこれまでどおり行われています。年収による審査は複数の所得がある方や年金生活者、アルバイト、パートの方を中心に行われており、市町村が発行する所得証明によって判断されることが多いです。(参考ページはこちら→アルバイトやパートでの融資の受け方

借入状況については消費者金融と金融機関が共同管理している情報管理会社に個人の借り入れ、返済の各情報が集まりますのでそれを申請者の同意をもって利用されます。キャッシングサービスは利用しやすくなったのですが、法律で制限が加わっています。法律での制限は総量規制とも呼ばれており、所得の3分の1を超える現金を貸してはならないという制限です。総量規制は消費者金融向けの制限ですが、多くの金融機関では法律に準拠した審査をすることが多いようです。

そのため、審査を受ける際は借り入れのうち、現金の借り入れをすべて足して所得の3分の1を超えないように借入希望額を設定するとスムーズな審査を行えると言われていますので確認しながら申請すると良いです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY