> > > 利用枠の内10万キャッシングって結局何にいくら使っていいの?

利用枠の内10万キャッシングって結局何にいくら使っていいの?

利用枠の内10万キャッシングって結局何にいくら使っていいの?

クレジットカードの利用枠に、内10万キャッシングって書いてあるんですけどこれってキャッシングで10万使えるっていうことですよね?

普通のショッピングで使える金額と別に10万ってことで考えてていいんですか?

内キャッシング枠はショッピング枠の中で使える金額です

クレジットカードを利用している人の多くはショッピング枠の利用をしていると思います。立て替え払いを利用して、後日1か月分をまとめてクレジットカード会社に支払うという方法ですね。現金を持ち歩かなくて良いというメリットがありますし、指定のクレジットカードを使うことでポイントが貯まったり割引が適用されたりするメリットもありますから多くの人が利用している事でしょう。クレジットカードにはショッピング利用以外にもキャッシング利用が出来るものが多くあります。ショッピング利用は立て替えてもらっているというものですが、キャッシングとなると借金になります。利息をつけて返済しなければいけないのです。

このキャッシングは申し込みをしてキャッシング枠を設定してもらわなければキャッシングを利用することは出ないことになっています。申し込みをして審査に通ればキャッシング枠が設定され、このキャッシング枠内の金額であれば自由にキャッシングをすることが出来るようになるのです。キャッシングで利用できる金額が、内10万となっているということは、キャッシングで10万まで利用できるということですが、これはショッピング枠の中で10万という事になる点に注意する必要があります。
(⇒キャッシング審査に通るには

クレジットカードはショッピング枠もいくらでも使ってよいわけではなく、人によって利用可能上限金額が決められています。もしショッピング枠が30万となっていれば、30万までしか1か月で利用することが出来ないということです。そして、この内10万をキャッシングで利用すれば残りの20万しかショッピング利用をすることが出来なくなってしまいます。逆に、すでに30万いっぱいショッピング利用をしていればキャッシング利用出来る金額はゼロということですね。キャッシング利用を考える時には、ショッピングでいくら利用するのか、すでにいくら利用しているのかを計算する必要があります。

ショッピング枠もキャッシング枠も申請をすれば増やすことは可能です。ですが、申請をした後に審査を受けなければいけませんから多少時間がかかります。大きな出費をすることが考えられるときには、前もって増額の申し込みをしておくと安心ですね。

内10万キャッシングってどういう意味なんでしょうか

クレジットカードの請求者や申込時に付いてきた説明を良くみると、内10万キャッシングと書いてある事があります。これは一体どういう意味なのでしょうか。

実はこれはキャッシングの枠を説明している物です。つまりキャッシングで利用できる枠が10万円あると言う意味です。しかしでは内というのはなんなのでしょうか。

これはクレジットカードの利用の総枠の中で、キャッシングに利用できる枠という意味です。通常クレジットカードはショッピングとキャッシングとあわせて利用できる上限額を決めています。また同じクレジットカード会社から複数のカードを発行している場合には、クレジットカード会社で発行しているカード全体をあわせた形での上限額を決めている場合が普通です。(参考ページはこちら→クレジットキャッシングの仕組みについて

この様な上限額のうちキャッシングに利用できる枠が10万円と言う意味です。もし上限枠が30万円なら、キャッシングに10万円枠を使ってしまった場合には、ショッピングの枠は残り20万円になってしまいます。逆に既にリボ払いも含めたショッピングに20万円以上使っていれば、内10万円とあっても、ショッピング枠で総枠が使われていますので10万円利用する事は出来なくなります。キャッシングを利用している場合にはおそらくリボ払いなどでショッピング枠も利用している場合が多いでしょうから、ショッピング枠に取られてキャッシング枠が減っているかもしれませんので、注意が必要です。

急に利用出来なくなると予定がくるってあわてる事があると思いますので、利用する場合は常に枠の残りをチェックして把握している必要があります。またキャッシング枠が10万円と言うのは普通の社会人としては少な目の設定です。申し込めば通常50万円までは割りと簡単に増枠できると考えていいでしょう。クレジットカードの申込時に10万円と言う枠を希望しておいた場合や、特に希望がなかった場合で少なめの枠にしているクレジット会社の場合の枠といえるでしょう。申し込めば直ぐに増やしてもらえると考えられます。
(⇒後からもっとキャッシングを受ける方法

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY