> > > キャッシング利用額を増額したい場合の取って置きの方法は?

キャッシング利用額を増額したい場合の取って置きの方法は?

キャッシング利用額を増額したい場合の取って置きの方法は?

キャッシング利用額を増額したい。正直、普通にしてもいいんだけれども、必ずしも増額されないというのは聞いているからその点は不安なんだよね。で、キャッシング利用額を増額したい人にとって「こういう取って置きの方法があって、これなら増額の確率がぐんと上がりますよ!」みたいな方法ってない?できるだけ確率あげたいんだよね。

キャッシング利用額を増額したいなら信用実績をつくろう

とっておきの方法があれば、ということですけれども残念ながらそういう方法は今のところはないんです。そういうとっておきの方法があって、それでキャッシング利用額を増額したい人は、増額の可能性が格段に上がる!というのであれば、みんながそれをやっているはずですから。やっていないということは無いということで、後は信用実績を作るしか無いかなと思います。(参考ページはこちら→融資の審査を突破する為に必要な事

信用実績というのは簡単にいえば「この人はちゃんと化したお金を返済してくれるのか?」という実績です。借りたお金を返しました、という実績を作っておくと信用というのが溜まっていくのですが、この信用が溜まっていくと、多くの業者は「この人なら貸しても大丈夫だな」と思い、更に多くのお金を貸してもらえるようになるのです。これが増額申請に成功する否決といえるでしょう。

成功する否決というよりも、この信用実績をためていくという方法以外にはほとんどないと思ったほうがいいと思います。今のところは信用実績をためていくと言う方法以外にはほとんど、キャッシング利用額を増額したいときに有効な手段はないと思っていいでしょう。もちろん転職や引き抜きにあって、収入が格段にアップするというようなことがあれば、増額できますが可能性としては低いでしょう。(参考ページはこちら→仕事が変われば融資審査結果も変わる

とっておきの方法としては他にもいろいろあればいいんですが、この方法しかないと言うのが実際のところです。ただし、これは借金以外にも利用できる、ということもご存知でしょうか。住宅ローンや自動車ローン、その他にもクレジットカードを利用してちゃんと返済をする、引き落としミスなく払うというようなことをしていれば、信用実績が貯まると言われています。

つまりいろいろな場面で信用実績を溜めていけるということでもありますから、溜められる場所ではどんどんためていくことによって、今後は消費者金融や銀行系カードローンでキャッシング利用額を増額したいと言う時、すぐに枠を大きくしてもらいやすくなるということでもあります。今すぐできることではなくコツコツした努力が必要ですが、やってみる価値はあると思いますよ。

キャッシング利用額を増額したい時に応じてもらうには

キャッシングは安定した収入がある人なら誰でも利用できます。しかし誰でもといっても審査に通る必要があります。銀行は貸金業ではないので銀行のカードローンの場合は異なるのですが、消費者金融の場合には貸金業法がありその中で総量規制という決まりがあります。それは貸す側にとっても借りる側にとっても困らないために作られた法律で、誰にでも希望通りの額を貸すのではなくて、個々に合った限度額を設定しなければならないということです。その額とは年収の3分の1までの額ということになります。そのくらいの額までなら返済に追われて生活にまで支障を及ぼすことがなく、貸す側にとってもスムーズな返済が望めるという額なのです。

借り入れを申し込んだ時点で、その人の年収や勤務状況などの審査があります。自己申告された職場に実際に在籍しているかどうかの在籍確認もあります。それらの審査に通ればその人の限度額が設定されるのですが最初から年収の3分の1までの額を上限とするのではありません。初めはもっと低い額を限度として設定され、毎月滞りなく返済されているかどうかの確認を数か月間したうえで、徐々に額を上げていって最終的には年収の3分の1の額ということになるのです。
(⇒明確に融資額が決められている理由

だからキャッシング利用額を増額したい時には、毎月きちんと決められた返済日までに返済し続けていることが大切です。すると金融業者の方から利用限度額を上げてもらうことができるのです。きちんと返済し続けているうちにいつの間にか利用限度額が上がっていたということもあるのです。そのようにして借り入れる人が信用度を上げていけば、金融業者が設定している額よりもさらにキャッシング利用額を増額したい時には申し出やすくなり、その要望に応えてもらいやすくなることでしょう。

しかしだからといって年収の3分の1までの額ぎりぎりまで借り入れをすると、どこかで返済に困ることも出てくるのできちんと自分の収入や生活の状態と照らせあわせ借りすぎないようにしましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY