> > > 音楽活動している大学生ですがキャッシングできますか?

音楽活動している大学生ですがキャッシングできますか?

音楽活動している大学生ですがキャッシングできますか?

今年で大学二年目になります。農学部で勉強してます。将来は醸造ができる仕事へ進みたいと思っています。趣味は音楽活動で、バンドを組んで学園内や市のイベントなどにも出ているんです。音楽って結構お金がかかるんですよ。練習をするのに学園内では限界がありますから場所を借りたり、消耗品もあります。ギターとアンプだけがあれば済むってわけにはいかないんです。あと楽器を演奏会場に搬送するのにレンタカーを借りたりして、忙しく頑張ってます。あっ、勉強もしてますよ。あと、食事は彼女のお弁当で!節約をしながらですが、アルバイトもしているんです。

でも、やっぱり少しお金が足りなくて…。そこで大学生ですがキャッシングできますか?返済は大丈夫です。音楽活動が盛んな時期は秋から冬にかけてと初夏の頃ですから、その他の季節は練習するだけで活動はほとんどありません。だからバイトのお金を返済に充てるつもりです。(参考ページはこちら→バイトの収入だけで融資は受けられる?

定期的に安定した収入があるのならキャッシングOK

彼女があなたのお弁当や食事の世話をして協力してくれるんですね!いいですね、学生生活を謳歌してください。確かに音楽活動はお金がかかります。まして演奏活動もするわけですからね。でも苦痛ではなく楽しくて仕方がないって感じですね。アルバイトをしているそうですが、仕事も辛くないでしょう。足りないお金をキャッシングで補いたいのですね。キャッシングをするという事は、働いている事が前提です。ですから無職ではキャッシングできません。大学生ですがキャッシングできますか?という質問ですが、十分可能性ありですよ。(参考ページはこちら→融資審査に通過出来る基準

大学生でも定期的に安定した収入があればキャッシングができるのです。それがたとえアルバイトであっても、毎月一定額のお金をもらっているのなら返済能力があると審査されるのです。ただし、銀行から消費者金融すべての金融機関が大丈夫というわけではありません。金融機関にはそれぞれの特徴やコンセプトがありますから、いくつかの会社をネットで調べてみるのもいいでしょうね。あと方法としては両親の了承が得られれば最も手続きがスムーズに行くのですが、多分あなたの場合は自分たちの好きな事を行うのに両親の世話にはなりたくないのでしょうね。

くれぐれも返済期日だけは守るようにしてください。これを疎かにすると将来あなたにとって良いことはありません。金融機関との信頼関係をきちんと守る事は、社会人になる前とはいえ大切な条件です。学生さんですから、もし怪我や病気になった時の事までは考えてはいないでしょう。返済計画はゆとりを持って立ててくださいね。老婆心ながら。

学生ローン:大学生ですがキャッシングできますか?

大学生ですがキャッシングできますか?

消費者金融やクレジットカードのキャッシング、銀行のカードローンを申し込むさいの大前提は安定した収入があることです。そのため主婦や大学生などはその対象外となっているのが一般的です。しかし、近年は審査基準の厳しいとされるクレジットカードや銀行などのカードローンでも保証人の代わりに保証会社を使うことで、パートやアルバイトなど収入が限定されていても加入がしやすくなってきています。

一方で、大学生の場合には学業がありアルバイトをしていても収入は限定的です。そのため、大学生の場合には社会人に比べて特有の審査基準が設けられているのが一般的です。ただし、20歳以上であり学生であることを隠して申し込む場合には社会人として扱われます。

一方で大学生には学生ローンと呼ばれる消費者金融があります。学生ローンでは、高校生を除く18歳以上の大学生や短期大学制、専門学校生などに限って利用できるキャッシングです。特に他の消費者金融と比べて異なるのが未成年も対象にしている点です。

通常のキャッシングサービスやカードローンでは、その年齢制限を20歳以上を対象としていますが、これは民法上で未成年が保護者の同意なく契約を行った場合には保護者が一方的に契約を破棄することができるためです。そのため、多くの場合には未成年の融資を行わないのが一般的であり、また未成年に融資を行う場合には保護者の同意を得て行うことになっています。

ただし学生ローンといっても、その種類はさまざまで、未成年への融資を行っていなかったり、アルバイトなどの収入がない場合には融資しないといったものまでさまざまです。また学生ローンは金利が低めに設定されているのが一般的ですが、社会人向けと変わらない金利を設定している業者もあるなど、その内容は様々です。ただ共通しているのは、融資限度額が50万円以下であり、また大学生でも審査対象となっているので、社会人向けの同様のサービスに比べて審査が通りやすいというメリットがあります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY