> > > もしクレカとキャッシングで選べる場合に学生だと有利なのは?

もしクレカとキャッシングで選べる場合に学生だと有利なのは?

もしクレカとキャッシングで選べる場合に学生だと有利なのは?

学生でクレカとキャッシングの契約で悩んでいます。知り合いは目的があったのでキャッシングを選択したのですが、私はステータスを気にしてクレジットカードを持ちたいのです。クレカは、クレジットカードのことですね。
(⇒学生での融資利用の是非について

また、学生でクレカとキャッシングを持つ場合のメリットについても教えて下さい。今まで借金をしたことはあるのですが、キャッシングのように何度も限度額までであれば利用できるものについては利用経験がありません。契約者についても私となりますし、さすがに100万円以上といった大きな金額でローンを検討しているわけではないので、30万前後で可能そうなものを教えていただきたいです。

クレカとキャッシングであればクレカを選択します

学生でクレカとキャッシングを持つ場合についてですが、ステータスと利便性のどちらであってもクレジットカードのほうが優れています。その理由ですが、キャッシングについては持てるかどうかが曖昧になっているからです。今回は30万前後という希望額をご連絡頂けましたが、実際に30万前後であっても絶対に持てるというものではありません。多くの人は、マイカーローンなどでキャッシングを検討されていたりします。

このように信用のおける商品を購入する場合のキャッシングであれば、審査についても通りやすいのですがキャッシングを個人都合で利用される場合、どうなるのかについては不明なところが多いのです。また、メリットについてですがキャッシングの場合は大きなローンであっても対応している、というのがメリットになります。クレジットカードについては、お得なポイントサービスがありますし、全国だけでなく国外であっても今では対応しているのが強みでしょう。
(⇒審査基準で選ぶならどこが良い?

クレジットカードには、つぎのようなメリットもあります。1つは、クレジットカードを所持していると信用を上げやすいというものです。クレジットカードは、利用そのものがずいぶんと気楽に行えるものです。レストランなどでも利用できますし、ショッピングでも利用できます。すると、小まめに使っているので信用が上がっていきやすく、大きなローンについても対応してもらいやすいのです。

また、もう1つのメリットとして補償があります。クレジットカードは標準で補償設定がされているので、わざわざそれだけのために契約などを他にしないでも良かったりするのです。なので、学生用のカードとしてはクレジットカードが良いとなるのです。(参考ページはこちら→様々なサービスを行っている金融業者の中から選ぶ

学生も使えるキャッシングができるクレカとは

クレジットカードことクレカは、主にショッピングを行なったさいに代金決済に使われるもので、対応しているお店でカードを提示することで商品代金を後払いにすることができます。これはクレジットカード会社が立て替えで支払い、利用者は定められた日にクレジットカード会社に支払うというものです。このさいに一括払いのほか分割払いが可能となっており、現段階で購入代金をすぐに用意できないような高額な商品を購入するのに使われます。また現金を持ち歩かなくても良いため、旅行先での支払いにも使われます。

一方で通常、クレカは買い物にしか使えないものですが、キャッシングサービスを申し込むことによって現金の借り入れを行うことができます。やや金利は高いものの現金を急に用意しなければならなくなった場合には便利です。また海外キャッシングに対応しているクレカであれば、現地通貨を現地のATMから借りることができるので海外旅行のさいには便利です。

クレカは消費者信用のひとつであるため、加入するためには審査を受ける必要があります。審査では加入希望者の収入や職業、勤続年数、居住地などがその対象となりますが、この基準は会社によって異なります。基本的には安定した収入があることが前提であるため、無収入である専業主婦や学生などはその対象外となっているのが一般的です。

しかし一部のクレカに関してはアルバイトやパートなど限られた収入しかなかったり、専業主婦、学生などでも作れるものがあります。特に学生専用であれば審査も通りやすい傾向になります。この学生専用は、将来もカード利用者になって貰えるという期待によるもので、多くは在学中は会費が無料となっています。ただしショッピングでの利用限度額も5万円から30万円と低めに設定されています。またカードに付与されるキャッシング機能に関しても、利用者に収入がない場合には設定できません。また設定できても学生専用カードの場合には融資枠が少額の場合が殆どです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY