> > > 一気にキャッシングを申し込んだら注意の連絡くるの?

一気にキャッシングを申し込んだら注意の連絡くるの?

一気にキャッシングを申し込んだら注意の連絡くるの?

消費者金融や銀行系カードローンを一気に申し込むというのは良くないっていうのは言いますよね。私も申込ブラックというのは聞いたことがあるんですけれども、こういうたくさん申し込みをするということになると、業者側から注意の連絡くるものなんでしょうか。一気にキャッシングを申し込まないでください、みたいなものです。

もしかして信用調査会社から来たりするとかあるんですか?怖くて申込ブラックになりたくないから、一気にキャッシングを申し込むなんていうことはしたこと無いので、教えてもらえないでしょうか。

一気にキャッシング申し込みをしても連絡くることはない

キャッシングを申し込みするときに気をつけたいことの一つが、この申込ブラックかと思います。申込ブラックになってしまえば借入をすることが難しくなりますし、申し込みをしても審査で必ず落ちてしまうというのはよく知られていることだと思います。この申込ブラックになるからといって連絡くるのかというとそうではありません。連絡は別に来ないのです。

連絡くることなくキャッシング業者によって「この人はブラックだな」というように申込ブラックにされるのです。事前に連絡があればこれ以上は申し込みをしないようにした方がいいな、ときにすることができるのですが、そういう連絡はありません。もちろん信用調査会社からやってくるということもありません。信用情報を取り扱う機関は信用情報に何かを言うということはないのです。

なので申込ブラックになる前に何かを言われたりすることはないので自分で気をつけるしか無いというわけです。ちなみにキャッシング業者から連絡くるようなことというのは一気にキャッシングを全額やってしまうようなときにはくると言われています。特に何百万円というような枠を持っている人はいると思いますが、その金額を全額振り込んでくれという指示については連絡くるようです。

連絡がきて「それはどういうことに使うのですか?」という連絡がくると言われています。これは銀行で一気にお金を引き出すときにも必ず理由を聞かれると言われていますから、それと同じです。消費者金融や銀行系カードローンなども一気にキャッシングされてしまうと、手持ちの現金が大きく減ってしまうので、理由を聞いたりするようです。

申込ブラックについては基本的に気にしなくてもいいでしょう、そんなに連絡くることはないですから。それよりも一気にキャッシングに申し込みをたくさんしないようにすることが重要なのです。

【参考ページ】
ブラックリストにならないように気をつけたい事

複数のカードで一気にキャッシングすると、連絡くる?

毎日の生活の中で、急に現金が必要になることがありますよね。例えばお給料前にデートや合コンが入ったり、急な病気で病院に行くことになったり、または同じ月に友達の結婚式が重なったりすると、結婚式に出席するためにはお祝いも入りますし、出席するための服も購入しなければならず、また美容院やネイルサロンに行ったりと、数え切れない支出が発生して大変ですよね。

そんな急な支出に備えて、キャッシングができるカードを所持しておくと、いざという時に安心です。キャッシングできるカードも、カードごとに引き出しができるATMが違うので、複数のキャッシングできるカードを所持しておくと、更に安心です。しかしながら、キャッシングをする際には気をつけて頂きたい点がございます。
(⇒金融業者によって対応しているATMも違う?

例えば、複数のカードを使用して一気にキャッシングをする事です。複数のカードを使用して、一気にキャッシングをしてしまうと、カード会社が不審に思い、例えば盗難などを疑われて、本人宛に連絡くる場合があります。もしくは、盗難などを疑われるのではなくても、複数の借り入れを一気に行うと、本人の生活状況が大幅に悪化したとみなされて連絡くることがあったり、また最悪の場合には、カードの使用を停止されるといったケースも発生します。

現在はまだキャッシングができるカードを持っていないという人には、キャッシングができるカードの発行を申し込む際に、気をつけて頂きたい点があります。それは複数、例えば3社以上のカード会社に、一定期間に一気にキャッシングできるカードを申し込まないという事です。一定の短い期間に一気に申し込みをしてしまうと、生活状況が悪い(返済能力に欠ける)とみなされ、全ての申し込みが拒否されたり、もしくは後に使用限度額が減額されたり、最悪の場合カードの使用を停止される場合もあります。
(⇒借入のトラブル後はお金を借りにくくなる?

この様な点に注意して、使い方さえ間違えなければキャッシングのカードは便利に使用できますので、効果的な使用をしましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY