> > > キャッシング審査通らない人の共通項を知りたいので教えて下さい

キャッシング審査通らない人の共通項を知りたいので教えて下さい

キャッシング審査通らない人の共通項を知りたいので教えて下さい

キャッシングの審査に通らない人の共通項を知りたいので教えて下さい

対象から外れている人やブラックの人は審査が通らない人です

キャッシングの審査に通らない人はまずその商品の対象から外れてしまっている人です。商品説明の所に対象となる人が明記されている場合が殆どです。例えば、20歳以上65歳までの方、安定した収入のある方(パート・アルバイトを含む)となっている場合は、20歳未満なら審査は通らないし、66歳以上は審査に通りません。20歳以上65歳まででも専業主婦や年金収入のみの方も該当しないケースが多いです。
(⇒思いのほか借りにくい未成年という立場

これはほんの1例で、銀行カードローンならば専業主婦でも対象のところはありますし、例えば、地方の銀行のカードローンでは70歳を超える人も対象になっているケースもありますので、分からなければ問い合わせをしてみてください。次は、借り入れの希望額が、あまり良くない言葉ではありますが、収入などに見合っていない場合ですね。希望額をあなたが下げれば、審査は通過するかもしれませんよ。それは恐らく教えてくれると思います。

たいていの所は初めから大金を貸してはくれないものです。徐々に信用を勝ち得て増額融資してもらうというのが一番です。その間にあなたも、返済能力を培っていくのです。あなたの勤続年数や他社からの借入はあるのか、あればいくらなのかなども審査に関係するので、とにかく仮審査を受けてみても良いでしょう。最後にこれは誰しもご存知かもしれませんが、ブラックと判断されてしまっている人は審査に通らないことが多いです。

過去のカード利用履歴をみると何度も返済の遅れを繰り返している、とか、ひどい人は踏み倒してそのままにしてカードを取り上げられてしまっている方、債務整理をされて10年経っていない方も、覚悟しておいた方が良いでしょう。債務整理された方はそれでもお金は借りられたという口コミが結構あります。現在の返済能力が認められれば、キャッシングの審査を通ることもあるようです。

あとは自営業、個人経営のかたは銀行のカードローンの審査に通るのに時間がかかる、とかなかなか通らないという話をたびたび耳にします。確かに、一般の会社に勤める従業員に比べ、自営業や個人経営の方はその責任はすべて自分にかかっていて、信用の元となるものの提示も難しく、銀行側もかまえるところがあるのかもしれませんが、方針がしっかりと立てられており、営業が好調であったり、経営が順調であったりすれば全く問題のないことです。

そんな状況なら、お金は借りないよ、という声が聞こえてきそうですが、この先、何が起こるのか誰も分かりません。うまくいっている間に銀行のカードを1枚作っておくことをお勧めします。切羽詰まって借り入れする場合、即日入金してくれる消費者金融に頼ることになります。それが悪いとは言いませんが、金利は高いですよ。

キャッシングの審査通らない人の原因は一体なに?

冠婚葬祭など、急遽お金が必要になった場合、友人や家族からお金を貸してくれる人を見つけるのはなかなか大変です。必要なお金の金額が多ければ多いほど貸してくれる人は少ないでしょうし、金銭のやりとりは気が引けるものです。

そんな時に便利なのが、銀行や消費者金融が取り扱っている金融商品のひとつであるキャッシングです。申し込めば、いつでも好きな時に、利用限度額の範囲内であれば好きな金額を借りることが可能です。また、即日融資に対応しているところへ申し込めば、その日のうちに融資を受けることもできるため、急いでいる時にも非常に便利です

しかし、キャッシングを利用するためには審査に通らなければなりません。そのため、利用を希望して申込をしたものの、審査通らない人も珍しくないのです

審査に通らない理由として考えられるのは、短期間に複数の金融機関へキャッシングの申し込みをしていることです。1ヵ月の間に3社以上の金融機関へ申込をすると、多重申し込みと判断されてしまい、申込情報が信用機関へ登録されてしまいます。この情報が登録されている間は、新たにキャッシングの申し込みをしても審査に落ちてしまう確率が高くなります。登録された情報は、最大6カ月の間保存されるため、その期間は融資を受けることができなくなってしまうのです。

また、既に他の金融機関から高額の借り入れがある場合や、借り入れの希望額が大きすぎる場合、そして過去に返済の遅延などの金融事故を起こしている場合も、審査に落ちてしまう確率が高くなります。水道代や携帯電話の使用料金などを滞納している場合も、審査に影響することがあるので注意が必要です。

しかし、審査基準は金融機関ごとに異なります。よって、1つの金融機関の審査に落ちてしまったとしても、他の金融機関の審査に通る確率はあるのです。1ヵ月に申し込むことのできる数は限りがあるため、インターネットの口コミやWebサイトなどで情報を集めて、なるべく通る可能性が高そうなところへ申込をするのも1つのポイントです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY