> > > 19歳学生です。クレジットカードとキャッシングってなに?

19歳学生です。クレジットカードとキャッシングってなに?

19歳学生です。クレジットカードとキャッシングってなに?

もうすぐ20歳になります。今は19歳の学生ですが、いずれ将来は色々なことに使うようになるのでクレジットカードを作りたいと考えているのですが、そのクレジットカードとキャッシングの関係性が今一つ分かりません。お金を借りるということと借りたお金は返さなければいけないということは分かるのですが、実際に何がどのような仕組みになっているのか分からないため、クレジットカードを作ることにどうしても不安を覚えてしまい、ためらっている自分がいます

そこで自分が効きたいのはそもそもクレジットカードとはどういうものなのか?それとキャッシングとは一体何なのか?この二つの間にはどんな関連性があるのか?それとクレジットカードを持つと様々な利点というか、何らかの形でポイントが付くと聞いたのですが、それはどうやって利用していけばいいのかということを教えてほしいです。よろしくお願いします

クレジットカードとキャッシングの仕組み

貴方が不安を感じるのは当然のことです。まだ学生で使う金額はすくないかもしれませんが、そもそもキャッシングとは小口の融資のことを意味します。これは銀行などの金融機関が貴方のことを信頼してお金を貸すという行為なのです。つまりそこには返済の責任が生まれるわけですから、これに緊張しない人はいないでしょう。そういった意味から考えるとあなたの反応は至極当然のものですので、ことさら卑屈になる必要はありません

そして貴方が気にしているクレジットカードについてですが、これは対価を後から払うことを条件に先に商品だったり品物を手に入れるために使われるものでそのためにクレジットカードは持ち運びしやすいカード状になっているのです。さらにクレジットカードは似たような機能を持つキャッシュカードと混同される場合がありますが、キャッシュカードは金融機関に預けてある自分のお金を引きだすのに使うものであるのに対して、クレジットカードはお金を持っていなくても将来的にそれを払えることを条件に使用することができます

だからクレジットカードには審査が必要になるのです。その背後に信用が控えているわけですから、いい加減に使うことはできません。しかしだからこそこれをしっかりと使う人には様々なポイントが入ってくるのです。この人は借りたものをしっかりと返してくれる。そうした信頼への対価がクレジットカードなどによくあるポイントという形で使用者の手元に残ります

ただし、このポイントについてはクレジットカードを作っている会社の特色が強く出るものが多いので、それについては自分のライフスタイルに合わせたものを選ぶしかありません。そういった意味でも自分がどんなことのためにお金を使いたいか?それをよく考えてからカードを選ぶのが得策と言えます。

【参考ページ】
カードローンとキャッシングの違いについてはこちら

クレジットカードのキャッシングは19歳の学生は利用できるのか

最近では学生でもクレジットカードを所有している人が増えてきています。なんといってもカード払いですとポイントを貯めることができますし、後払いのようなものなのでその場に現金がなくてもショッピングをできるからです。しかし学生の場合、19歳までの未成年は所有する時に親の承諾書が必要になります。

クレジットカードにはキャッシング機能がついているものもあって便利なのですが、この機能は貸金業法の規制を受けるのでカード発行会社は利用者の年収を把握する義務があります。そのため、年収を証明する書類の提出が必須です。総量規制といって年収の3分の1以下までしか貸すことができないのです

50万円以下のキャッシング枠申請の場合、年収は自己申告でも大丈夫なケースも少なくありません。しかし学生の場合は収入といってもアルバイトであることが多いので、自己申告は通らないことが多いです。これは銀行以外のクレジットカードの場合です。
(⇒アルバイトをしていても融資審査にはなかなか通らない?

銀行の発行するクレジットカードの場合は総量規制の影響は受けませんから、キャッシングを利用できるかどうかは銀行側の審査と判断によります。カード会社によってはキャッシング機能の理由について親の同意があるかないかによって限度額を変えているところもあります。親の同意があれば30万円までOKとしますが、同意がない場合は10万円までというふうになっているのです。

元々キャッシング枠が0円から5万円までというタイプも存在しています。学生用クレジットカードの場合はほとんどにおいて18歳から25歳までという年齢制限があります。学生の融資限度額が低いのはやはり社会人に比べると働ける時間が断然少なく、収入面が不安定だからということがあります。どちらにしても融資してもらえるのだからと使い過ぎてしまうと、返済に苦労をすることになります。それでは便利なカードを持っている意味がありません。カードは有効的に使うようにしましょう。(参考ページはこちら→便利な融資のダメな使い方

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY